僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

丸落選のオールスター監督推薦について考える 緒方監督2度目のセリーグ指揮へ 【閑話休題】

今日の試合は大方の予想通り雨天中止。というわけで陣容が出揃いつつある今年のオールスターについて書きたいと思います。辞退者の補欠やプラスワン投票で選ばれる可能性は有りますが現時点では当然出場すると思っていた丸選手が落選。今日はこれについて書きたいと思います。

 

ファン投票と選手間投票

オールスターはファン投票、選手間投票を行い選手を選抜。

残りは合計で28人になるように各リーグを指揮する前年の優勝チームの監督が選抜します。

最後にこの28名に加えてプラスワン投票ということでファン投票で各リーグ最後の1人を選出。

ざっとオールスターの出場選手はこういう形で決まります。

 

制約としては最低でも各チームから1人は選出すること、5月末までに支配下登録されていること、外国人選手は4人まで(ファン投票で上回った場合は除く)等があります。

 

さて、カープから監督推薦前に(ファン投票、選手間投票で)選ばれたカープの選手は両方で選ばれた鈴木誠也選手、選手間で選ばれた菊池選手の2名。

鈴木誠也選手は4月には故障明けの足の影響で離脱しましたが復帰してからの活躍は言うまでもありません。

よくぞ万全じゃない足でここまで試合に出続けてくれているものだと思います。

 

菊池選手はバッティングこそいま一つ乗り切れていませんがその守備は相変わらず。

選手間投票で選ばれるということはやはりそれだけずば抜けた守備の印象が残っているということなのでしょう。

なんといってもまだエラー0。

当たり前の打球を当たり前にさばく(それに加えて当たり前でない打球もさばく)、本当に素晴らしい守備力です。

 

とはいえチーム毎で最多ファン投票、選手間投票の合計で5名選ばれたジャイアンツ、4名でそれに続いたベイスターズには少し水をあけられた格好となりました。

やはり不動のレギュラー、話題性のある選手は強い印象です。

特に松坂投手、上原投手といったメジャー帰りの大ベテランも選ばれるあたりはお祭り感がありますね。

  

 

 

監督推薦

カープからは大瀬良投手、中崎投手、 會澤選手、田中選手の4名が選ばれました。

選ばれた4名の活躍は皆さんがよくご存知だと思うので割愛しますが、監督推薦での4名というのはチーム別最多、菊池選手・鈴木誠也選手と合わせて計6名の選出はリーグで最多となっています。

 

ファン投票、選手間投票でそれぞれ5名、4名選ばれたジャイアンツ、ベイスターズからの監督推薦はそれぞれ0名、1名でどちらも合計5名。

監督推薦で3名追加で選ばれたスワローズが5、同じく3名追加されたタイガースが4、2名追加されたドラゴンズからは3名とやはりかなりチーム間のバランスを意識しての監督推薦での選出といえると思います。

 

最も負担が懸念される投手は5チームが2名、スワローズだけ1名となっていますが人数分担としては平等でしょう。

 

ここから察するに丸選手が落選したのはチーム編成のバランス上、内野のバックアップとしての田中選手の方が優先順位が高かったこと、外野手にチーム別で最小のドラゴンズから平田選手を選びたかった大人の事情もあるかもしれませんね。(もちろん平田選手は選ばれるに値する素晴らしい成績をここまで残しています)

 

丸選手が今日から始まったプラスワン投票で選ばれる可能性はもちろんありますし、糸井選手の怪我の状態次第では補欠として選ばれる可能性も残っています。

今シーズン離脱こそありましたがここまで規定打席に達して5割を超える出塁率を超えてOPSも1.165とお化けクラスの成績を残している選手が出ないのはセリーグとして大きな戦力ダウンですから選ばれると良いですね。

 

…といいつつオールスターは勝ったチームにドラフトの優先権や日本シリーズの本拠地開幕権がかかっているわけでもなし…。

活躍すればスポンサーから賞金や商品をもらえるくらいしか選手としてもメリットがない状態での試合となっています。

 

交流戦で決まるドラフトの優先権はともかくとして、日本シリーズの本拠地開幕権をオールスターの結果で決めるくらいはしても良いかもしれませんね…もっともその場合は1勝1敗になって勝負がつかない可能性が高い現行の2試合を1試合に減らす、かつ9回までで引き分けの場合にどうするか詰める必要があります。

オールスターからの収入が大きな柱であるNPBが簡単に応じるとも思えませんが…個人的には交流戦で異なるリーグの一流選手が対戦するという意義が薄れた中で、もう少しお祭りムードだけでなく真剣勝負となるような工夫・仕組みづくりが長い目で見れば必要だと思います。

 

本当に真剣勝負の場としての価値がオールスターにあるのであれば丸選手を選考から落とすという選択ができたかどうか…。

まぁ真剣勝負にはこだわらず、お祭りでいいということであればそれはそれでいいのですが現状はちょっと中途半端になっている気はします。

  

…といっておきながらあれですが、選ばれたカープの選手はせっかく他球団の選手とチームメートになって色々話を出来る機会でしょうから良いところを吸収して、少しでもプラスになる何かを掴んでチームに持ち帰ってもらいたいですね!

 

さて、明日は試合が出来るのでしょうか…9月の日程がきつくなりそうなので、できればやりたいところですが。

予告先発はさすが火曜日を任される投手同士、ジョンソン投手、ブキャナン投手ともにスライド登板です。

試合展望は昨日の記事に書きましたの興味のある方はそちらも是非覗いてください!

 

明日もファンも含めてチーム一丸、一戦一戦頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村