僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

4/29のカープ 大瀬良今シーズン一番! 丸登録抹消の非常事態を鎮静化 阪神戦

4/29のタイガース戦は5-2でカープが勝ちました。

丸選手登録抹消直後の試合。そんな非常事態に大瀬良投手が今シーズン一番のピッチングを披露して8回途中まで2失点の快投。タナキクコンビを始め、打線も粘り強い攻撃で欲しい時に得点を奪ってチーム一丸の勝利。5連勝です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2 6 1
広島 0 0 0 0 2 1 2 0 X 5 7 1

 

投手情報 

勝利投手 大瀬良 (3勝2敗0S)

敗戦投手 能見 (0勝1敗0S)

セーブ 中崎 (0勝0敗10S)

阪神 能見、石崎、岡本 - 梅野

広島 大瀬良、今村、中崎 - 磯村、石原

本塁打   梅野2号(3回表ソロ)、バティスタ3号(6回裏ソロ)、田中1号(7回裏2ラン)

 

 

試合感想

試合前、丸選手が出場選手登録を抹消されました。

ケガした場所が場所なので仕方なしでしょう。

最短10日での復帰も難しいかもしれないということですが、無理せず、可能であれば交流戦辺りで戻ってきてくれるとありがたいですがどうなるでしょうか…無理して悪化、シーズンを棒に振るような事態に発展してしまうのが最悪ですのでチームとしても我慢強く判断してもらいたいですね。

 

今日は代役センターは下水流選手。

野間選手と併用でいくような感じになりそうです。

3番は松山選手。

気負わずに自分の打撃をやってくれればそれでよいのですが…とにかく丸選手がスタメンで出ない事態は本当に久しぶり。

当面は探り探りチーム全体でできることを探していくしかなさそうです。

 

そんないつもと違う雰囲気の試合で大瀬良投手が今シーズン一番のピッチング。

野村投手に続いて丸選手の登録抹消と、チームを支える選手の相次ぐ離脱を乗り越えるべく、気持ちのこもった素晴らしいピッチングでした。 

 

3回に先頭梅野選手への初球、外角を狙ったストレートが真ん中高めに甘く入ったところを捕らえられて先制のホームランを許しますがストライク先行のリズム良いピッチングで5回までをその1点に抑えます。

 

逆転してもらった直後の6回に植田選手の俊足を生かした内野安打と盗塁に磯村選手の悪送球が重なって1アウト3塁。

ここでロサリオ選手に外のカットボールをセンター深くまで飛ばされる犠牲フライで同点に追いつかれました。

それでも7回を投げ終わって無四球で93球。

 

その裏1点リードで打席が巡ってきましたが首脳陣の判断は続投。

この判断だけでも今日の投球内容がどれだけ良かったか、伝わるのではないでしょうか。

 

そして田中選手のホームランで3点リードに広がった8回のマウンド。

ヒットとこの試合初めてのフォアボールで1アウト1, 2塁のピンチから糸井選手をセカンドライナーに打ち取ったところで今村投手へと交代。

ここを今村投手がストレートが甘くはなりましたが、気持ちでロサリオ選手を打ち取ってピンチを脱出。

 

大瀬良投手は7 2/3回 110球6安打1四球2失点(自責点1)。

チームとして潮目が変わってもおかしくない試合でしっかりと白星につなげてくれる、気持ちのこもった熱投。

9連戦2戦目も僅差の試合となりましたが、8回途中まで投げて勝ちパターンの中継ぎの連投を最小限に抑えてくれる、最高の仕事をしてくれました。

  

最終回は中崎投手が3人で抑えて早くも10セーブ目。

失点はしていますが、ここぞという場面ではしっかり抑えてクローザーとしての仕事を全うしてくれています。

後ろを固定できているのはチームとして大きいです、けが人が帰ってくるまでこの調子を維持してもらいましょう!

 

 

打ってはボールが走っていた能見投手相手に4回までわずか1安打と苦戦しますが、5回の2巡目の下位打線。

安部選手、下水流選手ともに低めの変化球を上手く拾い上げて外野の前に落とす連打でチャンスを作ると、磯村選手送りバント、大瀬良投手三振、田中選手フォアボールで2アウト満塁と一打逆転のチャンスを作ります。

1ストライクからの2球目、高めに浮いてきたストレートに振りまけずに引っ張ると打球はショート右を破るレフト前への逆転2点タイムリーヒット。

好投を続けていた大瀬良投手を援護します。

 

まずい守備もあって同点に追いつかれた直後の6回裏にはバティスタ選手。

ファールフライをロサリオ選手が取れずに打ち直しのチャンスが巡ってくるとフルカウントからの8球目。

内角低めの難しいストレートでしたが上手く腕をたたんで振り抜くと持ち前のパワーで打球はレフトスタンドへ一直線。

値千金の勝ち越しソロホームランで1点を勝ち越します。

 

さらに7回。

1アウトから大瀬良投手をそのまま打席に送ると、ピッチングに備えて打つ気なし。

しかしこの回から登板した石崎投手がストライクを入れられずにフルカウントからフォアボールで出塁。

田中選手に打席が回ると1ボールからの2球目、高めのストレートを振り抜いて打球はライトスタンドポール際に飛び込む貴重な2ランホームラン。

大瀬良投手が歩いてホームに帰ってこられる最高の仕事で2点を追加。

3点差へと引き離しました。

 

松山選手が今日は結果を残せませんでしたが、2打点ずつを挙げたタナキクコンビを始め、粘り強く欲しい場面でしっかりと得点を重ねる素晴らしい攻撃を見せてくれました。

 

細かいことを言えば磯村選手が2盗塁を許してさらに送球エラー、松山選手も逆転した後のチャンスで畳みかけられそうな場面でボール球を3球振って凡退。

そんな今後相手チームがつけ入ってくる隙とも言えそうな場面もありましたが、何よりも今日はチーム一丸となって戦って白星を挙げられた、それが一番です。

 

丸選手の離脱で潮目が変わりかねない試合でしたが、白星を積み上げられたことで明日以降も変に慌てず、腰を据えて落ち着いた戦いができそうです。

もちろん不動の3番、昨季MVPである丸選手の離脱による戦力ダウンは否定できませんが、今いる選手たちができることをしっかりこなしていけば大崩れはしない。

そんな気持ちにさせてくれるカープ選手たちが投手・野手共に一丸となった戦いを見せてくれた、素晴らしい試合だったと思います。

ナイスゲームです!

  

 

カープ4/30の試合展望

予告先発はカープが薮田投手、タイガースは岩貞投手です。

  

薮田投手はここまで6試合うち2試合に先発して2勝0敗防御率は3.38。

この数字だけを見ると上々ですが、1イニングに当たり出したランナー数であるWHIPは2.08と1軍レベルの数字ではありません。

 

前回登板した4/22のドラゴンズ戦は3者連続フォアボールを与えてノーアウト満塁のピンチを残して降板。

ここまで開幕前から不安定なピッチングが続いており、状態が上向く兆しが中々見えてきません。

 

昨年、野村投手が腰の違和感で一度登録抹消された際に、素晴らしいピッチングを見せてチームを救ってくれた記憶を呼び覚ましてくれることに期待、明日はそんな起用かもしれません。

厳しい状態が続いている可能性も高いですが、それでも明日の試合は0からのスタートです。

 

フォアボールを出しても仕方ない、切り替えてホームに返さなければ良い。

そんな昨年の気持ちを思い出して思い切り腕を振ることだけを考えて投げてもらいたいですね。

けが人が相次ぐチームに、今日のゲームに続いて明るいニュースを届けてくれる、そんなピッチングに期待したいと思います。

 

 

対する打線の相手は岩貞投手。

今シーズンはここまで1試合に登板して1勝で防御率は1.50。

4/15のスワローズ戦で6回1失点の好投で勝利投手となっています。

好投した後、雨天中止などもあってタイガースの日程が比較的余裕のあるものだったこともあって久しぶりの登板となります。

  

皆さんもご存知のこととは思いますが、カープ打線は岩貞投手には相性抜群。

昨年は4試合の登板で3敗防御率は10.13。

それどころかここまで14度対戦して岩貞投手から見て0勝9敗。

ここまで一方的な成績なのも非常に珍しい例と言えるでしょう。

 

ただ薮田投手にも言えますが明日の試合は0-0、横一線からのスタートで過去の勝負は関係ありません。

相性の良さを覆らされることのないよう、気を引き締めて試合に臨みましょう!

 

野村投手、 丸選手の離脱で非常事態と言って良いカープですが、離脱者が戻ってくるまで、明日もチーム一丸となって地に足をつけた戦いを期待したいと思います。

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村