僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

福井・ジョンソンで流れを変えろ 先週のセリーグまとめと6/5試合展望

先週のセ・リーグの振り返りと火曜日の試合展望記事を合せた記事の第9弾です。

 

先週の振り返り

カープはライオンズとのマツダでの3連戦を1勝2敗、その後マリーンズとの千葉での3連戦も1勝2敗。

今シーズン初の3カード連続の負け越しとなり、踏ん張りどころを迎えています。

今週はマツダスタジアムでのファイターズ、イーグルスとの6連戦。

今週を勝ち越せなければ交流戦の負け越しがかなり現実味を帯びてきてしまいます。

 

大瀬良投手、岡田投手以外の先発試合が壊れ続けており、苦しい投手事情に泣かされている現状。

今週は薮田投手の代わりに福井投手を起用、高橋昂也投手のところにいよいよジョンソン投手が復帰予定のようです。

福井投手がどうハマるかは未知数ですが、ジョンソン投手が出産立ち会いのための一時期帰国から復帰することで計算できる先発が一枚増えるのはかなり大きいです。

 

火曜日からの日本ハム戦で勝ち越せればという条件付きですが、週末はジョンソン投手が復帰予定でパリーグ最下位のイーグルスとの3連戦ですので勢いに乗っていける可能性は十分です。

 

現在のリーグ順位表は以下の通り、カッコ内は直近1週間の結果です。

 

1. 広島 29勝21敗1分 - (2勝4敗)

2. DeNA 23勝24敗2分  4.5  (2勝3敗)

3. 阪神 24勝26敗 5.0 (1勝5敗)

4. 巨人 24勝27敗1分 5.5 (2勝4敗) 

5. 中日 24勝28敗1分 6.0 (2勝4敗)

6. ヤクルト 22勝27敗1分 6.5 (5勝1敗) 

 

 

カープとしては負け越しながらもセリーグの他球団も負け越しており、ゲーム差がほとんど縮まっていないのを喜ぶべきか、悲しむべきか…。

リーグ全体としてパリーグ相手にもう少し良い勝負をしないといけませんね…カープが復調してその巻き返しを牽引しましょう!

  

そのままずるずると下がっていきそうだったスワローズが交流戦で今シーズン初の5連勝を記録してセリーグで唯一気を吐いています。

リーグ内でのゲーム差も一気に縮まって完全にペナントレースに復帰を果たした、スワローズファンにとっては非常に嬉しい1週間だったでしょう。

 

例によって交流戦前5連勝を果たしてカープを追撃してきそうだった2位タイガースが1勝5敗と大きく失速。

2位以下のチームの好調が長続きせず、勢いに乗りかけては失速することを繰り返しているためにカープの独走状態に変わりありません。

カープとしてはこうした幸運がいつまで続くかは分かりませんので今のうちにチーム状態を立て直したいところです。

 

カープとしては火曜日からの日本ハム3連戦が交流戦勝ち越しに向けての最大の山となるでしょう。

ここで負け越すようなことがあると、翌週は苦手の対ホークスを含む敵地6連戦だけに交流戦負け越しがかなりの確率でやってきそうです。 

 

日本ハムはパリーグでもライオンズと1ゲーム差の2位につけており好調。

投手・野手共に圧倒的な力ではありませんが接戦を粘り強く拾っており、特に最近は打線が活発で直近の10試合71得点と平均7得点超。

苦戦が続くカープ投手陣としてはかなりの難敵相手に勝ち越さなくてはいけません。

 

3戦目の福井投手のプレッシャーを少しでも減らすためにも、まずは初戦の中村祐太投手の投球内容が非常に大事になってきます…。

2戦目の岡田投手はある程度計算できそうなだけに、初戦を何とかものにして連勝で3戦目を迎えるのが理想ですが、好調ファイターズ打線が相手なだけにそう簡単ではなさそうです。

 

全体的に打線は好調・地元マツダスタジアムですし各先発が5回まで試合を壊さずに投げてくれれば勝てるチャンスは十分でしょう。

巻き返しの期待がかかる今週、カープの戦いに注目しましょう!

 

 

 

6/4 ファイターズ戦展望

予告先発はカープが中村祐太投手、ファイターズがマルティネス投手です

 

中村祐太投手はここまで6試合に登板して3勝3敗防御率は5.24。

先週のライオンズ戦では5回5失点で敗戦投手となっており自身3連敗中。

3試合続けて序盤で試合を壊してしまう展開が続いています。

 

先週は先制を許すものの打線が逆転してくれた後、踏ん張り切れずに再度逆転を許して降板となりました。

苦しい先発事情とはいえ、さすがに一か月近い間試合を作るピッチングができない先発投手を起用し続けるのも雰囲気を悪くしてしまいます。

どうせ試合を作れないのであれば別の投手にもチャンスを…そう考えるのはごく自然です。

 

好調ファイターズ打線が相手、特に最近は近藤選手、中田選手の3, 4番がしっかりと仕事をして得点を稼いでいるだけに、当たり前ですがその前の西川選手・大田選手の出塁を最小限に留められるか。

 

中村祐太投手は先週のボール自体はその前2試合と比べれば走っているように見えただけに明日の登板への上がり目はありそうです。

ラストチャンスに近い明日の登板で自身の今後の登板機会をつかみ取る、そんな気持ちのこもったピッチングに期待したいと思います!

   

一方、カープ打線の相手はマルティネス投手です。

ファイターズの新外国人右腕はここまで9試合に登板して5勝4敗で防御率は2.77。

先週のジャイアンツ戦では9回途中3失点で勝利投手となっています。

 

ここまで3完投を記録しており、捕らえきれないと投げ切られてしまう可能性もあるメジャーで通算17勝を記録している難敵です。

 右投手ですが右打者の方に課題を抱えており、丸選手・松山選手と左打者の中軸も結果を残していますがカープとしては状態が上がってきた鈴木誠也選手に期待がかかりますね。

 

 

好調の野間選手をレフト、松山選手ファーストが本命路線ですが、松山選手のファーストは守備の不安が増すだけに野間選手を控えに回してファーストにエルドレッド選手、あるいは新井選手を起用する可能性もありそうです。

 

打線に勢いをつけるためにも元気がないタナキクコンビの復調・意地にも期待したいと思います!

苦しむ投手陣を助ける攻撃、守備双方での野手陣の奮闘に期待したいと思います! 

 

リーグ3連覇、そしてその先の日本一へ明日からの3連戦は一つの岐路になりそうなだけに真っ赤に染まるマツダスタジアムにいつも以上に後押ししてもらって久々に全員が躍動する気持ちよい試合を是非見せてください!

ファンも含めてチーム一丸、一戦一戦明日も頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村