僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/27のカープ 勝てた試合 なぜこうなった…九里続投判断の是非 中日戦

5/27のドラゴンズ戦は7-8でカープが敗れました。

序盤に4点リードして終盤戦へ。何とか粘っていた九里投手が捕まると2度逃げ切るチャンスがありましたが、中継ぎ陣もドラゴンズ打線を止められず。9回に一打逆転サヨナラの見せ場は作りますが嫌な負けを喫しました。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中日 0 0 0 0 1 0 4 3 0 8 19 1
広島 2 0 2 0 0 1 2 0 0 7 11 0

 

投手情報 

勝利投手 鈴木博 (3勝1敗0S)

敗戦投手 一岡 (1勝4敗1S)

セーブ 田島 (0勝2敗11S)

中日 大野雄、福谷、岡田、鈴木博、祖父江、田島 - 松井雅

広島 九里、今村、一岡、アドゥワ - 會澤、石原

本塁打   鈴木6号(3回裏2ラン)、平田4号(7回表2ラン)

 

 

試合感想

今日は勝てたはずの試合…悔しすぎる負けとなりました。

打線は良い攻撃を見せてくれましたが最終回またしてもあと一歩及ばず…

投手陣は火のついたドラゴンズ打線の前に力負け、火をつけさせてはいけませんでした。

 

先発はスワローズ相手に2試合続けて好投した九里投手。 

スワローズ以外の相手にはどうかという登板でしたが、序盤から課題を抱える左打者には打たれますがいずれも単打。

4回までに6本のヒットを浴びますが、無四球と余計なランナーは出さず、先頭打者はきっちり打ち取っていたことが大きく無失点でしのいでいきます。

 

5回には完全に打ち取ったアルモンテ選手の左中間への高く上がったフライを野間選手が太陽でボールを見失ったか、松山選手に譲りますが松山選手が捕れずに不運なツーベース。

ここでビシエド選手を追い込みながら、外を狙った決め球のストレートが真ん中に入ったところをライト線にはじき返され1点を失いますが、後続は切って最小失点で抑えます。

 

6回にはノーアウトから連打を許して1, 2塁のピンチを迎えますが、バント処理で勇気をもってサードをアウトにすると、昨シーズン打ち込まれていた代打の藤井選手をセカンドゴロダブルプレーに打ち取ってここも切り抜け、6回10安打1失点と粘りのピッチングを継続。

 

6回の打席でヒットを打って追加点につなげましたが全力疾走を繰り返してサードに残った直後の7回のマウンド。

1アウトから大島選手、アルモンテ選手に連打を許すとビシエド選手に真ん中に入ったストレートをセンターへ2点タイムリーとされた場面で降板。

 

なお2点リードの場面でしたが交代した今村投手が、平田選手に外角高めに浮いたストレートをライトスタンドに運ばれあっという間に同点。

 

2点を勝ち越した8回には昨日内容が悪かったジャクソン投手ではなく一岡投手が上がりますが、ドラゴンズ打線を止められず…。

ヒット3本で1アウト満塁のピンチとなると、フルカウントからボール気味の外角カットボールに上手くバットを合わせられ、右中間を破られる走者一掃逆転のタイムリーツーベースを打たれてしまいました…。

 

ジャクソン投手は昨日の内容が内容だっただけに一岡投手の起用は納得がいきます。

ただギリギリでせき止めていたドラゴンズ打線に勢いを与えた後はどうにもなりませんでした。

 

むしろ今日は九里投手の代え時を誤ったと思います。

今日の九里投手は粘り強く投げてくれていたんですが、6回までで10安打も打たれていただけに今日は6回を抑えたところが代え時だったと思います…。

首脳陣は6回の打席に送ったくらいですから最初から続投の腹積もりだったのでしょうが…過去2戦好投を続けてくれていただけに今日も、その気持ちも分からなくはないのですが、打順も4度目の1番からで九里投手が苦手とする左が続くところでしたしね。

 

中継ぎ陣も登板が空いていましたし、明日も休養日。

ブルペンを注ぎ込む環境は十分に整っていた中での続投の判断は少し疑問でした。

九里投手が今シーズン次回登板以降で首脳陣の期待を粋に感じて、今日のチームの負けを取り返すだけの働きをしてくれれればよい…敗戦の責任が九里投手にあるわけではありませんが、今日の負けはそう思うしかない感じです。

 

 

それにしても19安打とはポカスカ打たれましたね。

 

 

 

打っては初回、先頭の田中選手が今シーズンまだ2試合目の登板、前回登板でも4回6四球と制球が安定しなかった大野投手相手に粘ってフルカウントからフォアボールを選んで出塁。

菊池選手がストレートのフォアボールをもらうと、松山選手もフルカウントからフォアボールを選んでノーアウト満塁のチャンス。

 

ここで鈴木誠也選手が初球、シュートにタイミングを外されますが高いバウンドのショートゴロの間に1点を先制。

さらに新井選手がストレートのフォアボールで再び満塁のチャンスとなると、今度は野間選手のセカンドゴロの間にもう1点を追加して、ノーヒットで2点を先制します。

 

立ち直られかけた3回には1アウトから松山選手がチーム初ヒットで出塁すると、鈴木誠也選手が1ストライクからの2球目、外から真ん中に入ってくるスライダーを振り抜いてレフトスタンドに叩き込みました。

貴重なツーランホームランで4点差に突き放して試合の流れをグッと引き寄せましたね。

 

相手に流れがいきかけていた6回には2アウトからの西川選手のイレギュラーによるラッキーな内野安打と九里投手のヒットでチャンスを作ると、田中選手がフルカウントから高めのストレートをレフト前にはじき返すタイムリーで追加点。

 

続投した九里投手が打ち込まれ、継投した今村投手が一発を浴びて同点に追いつかれた直後の7回には先頭の鈴木誠也選手が鈴木投手からサード強襲のツーベースでチャンスを作ると、新井選手がきっちり右打ち。

ファーストゴロでしたが、ややバウンドが変わったかビシエド選手がはじいてファールゾーンにボールが転がる間に鈴木誠也選手はホームへ突入。

 

際どいタイミングでしたが返球がファースト側に逸れたことで鈴木誠也選手の手が一瞬早く、リクエストを受けるもセーフの判定変わらず勝ち越しのホームイン。

さらに2アウトから西川選手が甘く入ってきたストレートをライナーできれいにはじき返して右中間を破るタイムリースリーベースで追加点。

7-5と2点差に突き放したのが大きかった、今日の西川選手は守備でも良いプレーが見られましたし、素晴らしい働きでしたね。

 

逆転されて1点ビハインドの最終回。

先頭の鈴木誠也選手が猛打賞となるヒットで出塁して安部選手が送って同点のチャンス。

野間選手が痛烈な打球で一二塁間を破りますが当たりが強すぎてランナー帰れず。

 

それでもチャンスが広がって打席には代打のバティスタ選手。

追い込まれますが野間選手が盗塁を決めて一打逆転サヨナラのチャンスに。

しかし2-2から内角高め、明らかなボール球に手が出て空振りの三振。

 

エルドレッド選手よりは三振の可能性が低いとみての起用だったでしょうかね…

2アウト2, 3塁で西川選手が申告敬遠で歩かされたところで石原選手に代打のエルドレッド選手。

1-1からの3球目の甘いストレートを完璧に捉えますが、タイミングが早かったかポール際きれて大ファール。

 

結局はこれが最後の見せ場となり、三振に倒れてゲームセット。

同点に追いつけるチャンスが十分にあった、試合展開として今日は勝たなければいけない試合だっただけに、かなり不完全燃焼な終わり方でした。

とにかく悔しいー!

 

相手のミスで点をたくさんもらった試合でしたが、終わってみれば5回のこちらのミス絡みの失点が痛かったですね。

ある程度リードがあっても1点を大事にしないといけない、つくづくそう感じさせてくれる試合となってしまいました。

 

明後日の交流戦に弾みをつけたい試合で、逆に勢いを殺す負け方をしてしまいましたが、明日で切り替えられるか…。

ますます交流戦初戦の試合の重みが増してしまいました。

考えたくはないですが負ければ失速の可能性もありそうな試合…今シーズン2度目の踏ん張りどころを交流戦で迎えることになりそうです。

 

 

カープ今後の試合予定

 いよいよ明日の休養日を挟んで火曜日からは交流戦です。

カープはパリーグ首位のライオンズをホームで迎えうった後、金曜日からはロッテと敵地3連戦。

 

打線が得点を取れるようになってきたのは良いのですが、今日の嫌な負けでますます交流戦初戦の火曜の試合の重みが増してしまいました。

 

先発が6枚必要になりますが、大瀬良投手、岡田投手、中村祐太投手、九里投手に誰が加わるか。

ジョンソン投手の帰国後の登板がいつになるのか、今日2軍で投げた野村投手が一軍に上がってくるのか。

それとも昨年交流戦で大活躍を見せた薮田投手や他の投手を2軍から上げてくるのか。

 

楽しみと不安が入り混じる交流戦、まずはパリーグ首位、強力打線のライオンズ相手ですが地の利を生かして勝ち越しスタートを決めましょう!

明日で今日の敗戦のダメージを切り替えられると良いのですが…。

 

 球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村