僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/19のカープ 首脳陣も嬉しい野間野間デー 更なる飛躍のきっかけに! ヤクルト戦

5/19のスワローズ戦は5-2でカープが勝ちました。

大瀬良投手がスワローズ打線に苦戦するも粘っているうちに、何と野間選手にグランドスラムが飛び出して逆転。6回にも野間選手のスリーベースをきっかけに追加点を奪って逃げ切ったカープ。大瀬良投手がリーグトップタイの6勝目を挙げています。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤクルト 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 9 2
広島 0 0 4 0 0 1 0 0 X 5 5 0

 

投手情報 

勝利投手 大瀬良 (6勝2敗0S)

敗戦投手 ブキャナン (4勝2敗0S)

セーブ 中崎 (0勝0敗13S)

ヤクルト ブキャナン、中澤、秋吉、山本 - 中村

広島 大瀬良、今村、ジャクソン、中崎 - 會澤

本塁打   野間1号(3回裏満塁)

 

 

試合感想

 

逆転の満塁ホームランに追加点のきっかけとなる持ち味を生かしたスリーベース。 

野間選手を我慢して起用し続けた首脳陣の采配がついに実を結んだ、野間選手の素晴らしい活躍で勝ったゲームでしたね。

 

ルーキーイヤー以来となる3年ぶりプロ2本目のホームランが飛び出したのは2点ビハインドの3回。

その前の2回に1アウト満塁と不安定なブキャナン投手を攻め立てながらも、大瀬良投手のセカンドゴロダブルプレーでチャンスをつぶして、直後に2点差に広げられる嫌な展開の中で生まれた一撃でした。

 

タナキクが倒れてあっさり2アウトとなるも松山選手のヒットと、鈴木誠也選手、新井選手が連続でフルカウントからフォアボールを選んで作った満塁のチャンス。

この試合の前まで得点圏では.238と力んでしまう場面が目立った野間選手ですが、今日は追い込まれてからも緩い球に体重を残してスイングすることができました。

 

2球で追い込まれて迎えた3球目、スワローズバッテリーがカーブで3球勝負に来ましたが、内角低めに来たこのボールを呼び込んで野間選手が一閃。

低い弾道のライナーがそのままカープファンで埋まるライトスタンドへフェンスをぎりぎり超えて飛び込んでいきました。

野間選手もライトオーバーと思ったか、セカンドを回ったところで一瞬ストップ。

スタンドインしたことを確認してダイヤモンドを一周して、ベンチでの祝福を受けました。

 

ホームイン後はカープファンの大声援の中ぴょんぴょんしながら鈴木誠也選手、松山選手とハイタッチの後新井選手からは手洗い祝福を受けてベンチに戻っていく姿は本当に素晴らしい光景でした。

 

しかも今日はこの一本で終わらず6回にはカープ打線を5回、6回と簡単に三人で終わらせる見事な切り替えをブキャナン投手から今度は右中間を破って快足飛ばしてスリーベースヒット。

この一本をきっかけに代打・エルドレッド選手のサードゴロエラーでの追加点が入る貴重な一打となりました。

 

今日は野間デーと呼ぶにふさわしいそんな見事な大活躍でした。

打撃面での安定感にセンターの守備の経験値や、走塁面でも牽制球への対応などまだまだ学ぶべき点もたくさんある選手ですが、間違いなく今年は昨年から大きな飛躍を果たしてくれています。

 

守りでも今日は8回、先頭バレンティン選手に先日のドラゴンズ戦で緩めた守備でツーベースにしてしまったのと同じような当たりでセカンドを狙われますが、今度は菊池選手との好連携もあってセカンドをタッチアウト。

反省はしっかりと次のプレーに生かせています。

この勢いで丸選手が戻ってきた後も外野の一角を脅かす、そんな存在として、引き続き素晴らしい活躍を見せてくれることに期待しましょう!

 

 

 

投げては大瀬良投手がスワローズ打線の粘り強い攻撃に苦戦。

初回、前回対戦でもやられた山田選手のヒットをきっかけに、これまた相性の悪い坂口選手にタイムリーを許して先制点を献上すると、3回にはまた山田選手のヒットをきっかけに青木選手のタイムリーツーベースで2点目を失います。

 

しかし、大崩れしなかったのが大瀬良投手の成長の跡でしょう。

3回までに75球を投げるなど、スワローズ打線の粘り強い攻撃に苦しみましたが、失点の後の続くピンチを切り抜けて最小失点で切り抜けたことで逆転劇を呼んだとも言えるでしょう。

 

味方が逆転してくれた後もランナーを出しながらも無失点でしのいで6回111球5安打4四球2失点でゲームを作ってメッセンジャー投手に並ぶリーグトップの6勝目。

ここまでは先発陣の柱として素晴らしい活躍を見せてくれています。

あとはこの活躍をシーズン通して続けられるか、過去2年、ローテーションを守った経験はありますので大崩れはしないでしょうが、もう一皮むける飛躍のシーズンにしてくれればチームもグッと優勝に近づくだけに、今後の更なる活躍に期待ですね!

 

7回以降は勝ちパターンの今村投手、ジャクソン投手、中崎投手が無失点でつないで逃げ切り。

少し怪しい場面もありましたが、3点にリードが広がっていた分、安心してみることができました。

 

今日も2盗塁を許すなど課題は相変わらずですが、もちろんピンチが広がるのは苦しいですが失点しなければOK。

すぐに改善できる部分でもなさそうなので開き直りながら、他のチームの強い部分でカバーしていく戦い方をしていくしかありません。

 

今シーズン勝ちパターンが非常に安定していて、特にホームで接戦をものにできているのは間違いなくチームの強い部分です。

明日も地の利を生かして、連勝といきましょう!

 

 

 

 

カープ5/20の試合展望

明日からマツダスタジアムに戻ってのスワローズ3連戦となります。

予告先発はカープが九里投手、スワローズはブキャナン投手、2週前の再戦となります。

  

九里投手はここまで7試合に登板、うち2試合に先発して0勝1敗防御率は4.67。

2軍落ちから復帰して初の登板となった5/6のスワローズ戦では7回を投げて1失点の好投。

野村投手が抹消されて不在となった先発5番目の座を自らの手で手繰り寄せて、明日の先発機会を得ています。

 

日曜日の登板機会が雨天中止、そして昨日のし試合も中止となり難しい調整を強いられての登板となりますが、ジョンソン投手が出産立会のための一時帰国でおそらく2回先発を飛ばすでしょうからチームとしても九里投手が結果を残してくれるかどうかは大きな分岐点となりそう。

 

前回一発を浴びたバレンティン選手を始め、長打には気を付けないといけませんが、前回登板のように内角を上手く使わないとスワローズ打線は抑えられないでしょう。

今回も続けて好投してくれれば先発投手陣にとって、とても明るい兆しになるだけに期待したいですね!

  

一方、カープ打線の相手は小川投手です。

 

右ひじの疲労骨折の影響で受けた手術から復帰初戦となった先週のベイスターズ戦では4回途中5失点で敗戦投手となりました。

制球が定まらず4四死球に2本の一発を浴びた苦しい復帰戦となりましたが、コールドゲームとなるほどの雨の中での登板だったのでその影響がどれだけあったか。

 

昨年はカープ相手に中継ぎも含めて8試合に登板して3勝3敗防御率は3.07。

あの七夕の大逆転劇を見舞わせた相手ではありますが、先発では6戦中5戦QSを達成されており、抑え込まれた印象が残っています。

バティスタ選手、新井選手、松山選手がそれぞれある程度結果を残しているだけに、誰を先発で起用するのか。

新井選手は15-6でホームランも2本と好相性なだけに、連戦のスタメンが耐えられるのであれば起用したいところですがどうなるでしょうか。

 

とにかく復帰して間もない小川投手が自身のボールに不安を抱えているうちに攻略したいですね!

 

昨年にも増してホームで圧倒的な成績を残しているカープですので明日も勝って、連敗スタートとなった今週の勝ち越しを決めたいところ!

マツダスタジアムの力を借りて連勝といきましょう!

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村