僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

10/23のカープ 待望のチーム初ホームランも流れ変わらず まだ終わってない、開き直るぞ! DeNA戦

10/23のカープ試合速報です、ベイスターズ戦は3-4でカープが敗れました。

初回、カープは丸選手に待望のチーム初ホームランが飛び出し先制すると、新井選手にもライトへのタイムリーツーベースが出て幸先よく3点を先制します。しかし4回に筒香選手のホームランで1点を返されると5回には桑原選手の同点タイムリーツーベース、ロペス選手に逆転タイムリーを許し1点ビハインドに。6回ノーアウト満塁のチャンスを作るも連続三振と内野ゴロで無得点。2回以降わずか1安打に終わったカープが再び1点差に泣き、いよいよ後がなくなりました。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
DeNA 0 0 0 1 3 0 0 0 0 4 8 0
広島 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 5 0

 

投手情報 

勝利投手 ウィーランド (1勝0敗0S)

敗戦投手 薮田 (1勝1敗0S)

セーブ 山崎康 (0勝0敗2S)

DeNA ウィーランド、砂田、三上、エスコバー、今永、山崎康 - 嶺井

広島 薮田、九里、今村、一岡、ジャクソン、中崎 - 會澤、石原

本塁打   丸1号(1回裏2ラン)、筒香1号(4回表ソロ)

 

試合概要

 

試合は薮田投手、ウィーランド投手の先発で始まります。

薮田投手の立ち上がり、1アウトから柴田選手にフォアボールを許しますが、ロペス選手、筒香選手をともに外野フライに打ち取り無失点で立ち上がります。

 

一方のカープ打線は初回、先頭の田中選手がフォアボールを選んで出塁すると、菊池選手が2ボールから送って1アウト2塁のチャンスを作ります。

打席には丸選手。

1-1からの3球目でした。

 

外角を狙ったカープがひざ元に入ってくると一閃。

ライナー性の打球がライトポール際に飛び込み、待望のシリーズ初のホームランでカープが2点を先制します。

 

続く松山選手も3-1からの5球目、高めに入ったストレートをレフトへのツーベースとして再び1アウト2塁のチャンスを作ると、バティスタ選手三振後の新井選手。

1ストライクからの2球目、外角高めのストレートをライト線にはじき返すタイムリーツーベースでカープが1点を追加します。

 

さらに西川選手がライト前ヒットでつないで1, 3塁と攻め立てますが、曾澤選手は粘りながらも9球目、外角低めのチェンジアップで空振り三振に倒れて初回は3点で攻撃を終えます。

 

 

2回、薮田投手は1アウトからフォアボールを出しながらも嶺井選手をダブルプレーに打ち取り結果的には3人で攻撃を凌ぎますが、カープも三者凡退。

 

3回、薮田投手は先頭のウィーランド投手に三遊間を破られ出塁を許すと、1アウトから桑原選手ライト前、柴田選手にフォアボールを与えて1アウト満塁のピンチを招きます。

打席にはロペス選手。

 

2-2から外角のカットボールでピッチャーゴロに打ち取ると、打球を少し弾きながらも冷静にホームゲッツーに仕留め、このピンチを無失点で脱します。

 

しかし続く4回、先頭の筒香選手に2ボールから外角のストレートを上手く左中間スタンドに運ばれ1点を返されますが、後続を三者連続三振に打ち取り最少失点で踏ん張ります。

 

突き放したい打線ですが2回以降4回まで三者凡退で攻撃のリズムを掴めません。

 

すると5回の薮田投手。

先頭のウィーランド投手にフォアボールを与えて出塁を許すと、倉本選手にはひざ元のカットボールを右中間に運ばれ、バティスタ選手が惜しくも取れずフェンス直撃のツーベースを許し、ノーアウト2, 3塁のピンチを迎えます。

 

桑原選手は1-2と追い込みますが、低めのシュートを引っ張られると三塁線を破られる同点の2点タイムリーツーベースヒット。

同点に追いつかれなおもノーアウト2塁のピンチが続く場面で九里投手にマウンドを譲ります。

 

柴田選手の送りバントで1アウト3塁となると、ロペス選手に2-2からの内角シュートをセンターへはじき返され、逆転を許します。

さらに筒香選手にセンター前ヒットを許してピンチを背負いますが、宮崎選手を2ボールからの内角シュートでサードゴロダブルプレーに打ち取り、何とか1点差で凌ぎます。

 

するとその裏のカープは復帰した代打・安部選手がファールフライに倒れ1アウトとなりますが田中選手がフルカウントからフォアボールを選んで出塁。

菊池選手の打席で警戒されながらも盗塁を決め、1アウト2塁とチャンスを作ります。

 

しかし菊池選手は2-1から高めのボール球のストレートを打ち上げてサードフライに倒れ2アウトとなると、丸選手はストレートのフォアボールで歩いて1, 2塁。

打席には松山選手。

2-2から高めのストレートを打ち返しますがセカンドゴロに倒れて追いつくことができません。

 

6回のカープのマウンドには今村投手。

1アウトから嶺井選手にライトへのヒットを許すとウィーランド投手にはフルカウントからフォアボールを選ばれ1, 2塁のピンチを招きます。

 

しかし倉本選手を内角ストレートでショートフライ、桑原選手を外角低めのストレートで見逃し三振に打ち取り、追加点は与えません。

 

その裏のカープは先頭のバティスタ選手がストレートのフォアボールで出塁すると、新井選手が1ストライクから内角のカーブをレフト前に落とし、ノーアウト1, 2塁のチャンスを作ります。

西川選手を打席に迎えたところでベイスターズは砂田投手へスイッチ。

 

送りバントの構えを見せる西川選手に対してストライクが入らず、ストレートのフォアボールでノーアウト満塁と絶好のチャンスを作り出します。

三上投手に交代したところで曾澤選手に代わって代打の岩本選手。

 

2-2からの5球目、ひざ元に絶妙にコントロールされたスライダーに空振り三振に倒れて1アウト。

続くバッターは代打の小窪選手。

1-2から外角低め、ボール球のスライダーに手が出て空振り三振で2アウト。 

 

田中選手のところでエスコバー投手がマウンドへ。

初球、外角低めのストレートを積極的に打ちに行きますがセカンドゴロに倒れて、絶好のチャンスを生かすことができず、同点に追いつくことができません。

 

7回、一岡投手が先頭の柴田選手にフォアボールを与えながらも丸選手の好守にも助けられ、クリーンアップを打ち取り、無失点でつなぎます。

しかしその裏、カープは2番からの好打順も今永投手に連続三振を含む三者凡退に抑えられ、得点を奪えません。

 

8回のマウンドにはジャクソン投手。

お返しとばかりに連続三振を含む三者凡退に打ち取り、1点差で粘ります。

 

その裏のカープは続投する今永投手相手に野間選手が粘りながらも高めのボール球のストレートで空振り三振に倒れると、新井選手、西川選手も倒れて三者凡退。

反撃の糸口を掴めません。

 

9回のマウンドには中崎投手。

9番からの攻撃を11球で三者凡退に片づけその裏の攻撃に望みをつなげます。

 

マウンドにはベイスターズの守護神山崎投手。

先頭は代打のメヒア選手。

1-2からの内角シュートに詰まらされファールフライで1アウト。

続く代打の天谷選手は1-2から外のシュートに空振り三振。

最後は田中選手が2-2から内角ツーシームに見逃し三振に倒れてゲームセット。

 

 

初回以降わずか1安打に終わり1点差で敗れたカープが3連敗でがけっぷちに追い込まれました。

 

 

試合感想

打線は初回の攻撃でよみがえったかに思えました。

田中選手が出塁して形を作ると、苦しんでいた丸選手が逆球を上手くとらえて待望のチーム初ホームランで幸先よく先制点。

 

そこで終わらずに松山選手、新井選手の長打で追加点も奪い、雨で打線の流れが変わったように見えました。

 

しかしそこから展開が一気に重くなってしまいました。

2回から4回までの連続三者凡退で完全に流れが途絶えてしまうと、逆転を許した5回には久しぶりのランナーとなった田中選手がチームを勇気づける盗塁を決めたものの菊池選手は制球に苦しむウィーランド投手をボール球を打ち上げることで助けてしまいました。

 

極めつけは6回。

ノーアウト満塁とこれ以上ないチャンスを作りますが、代打の岩本選手、小窪選手が連続三振。

前に転がせば何とかなるかもしれない場面でそれすらさせてもらえずに、結局は7回以降ランナーを出すこともできずに再び3イニング連続で三者凡退に倒れて第三戦に続いて1点差で踏ん張る中継ぎ陣を見殺しにしてしまいました。

 

 

本当に雰囲気が重い…。

流れを変えてくれるのはホームラン、そう思っていましたが、そのホームランが出ても次のイニング以降全く打てる気がしませんでした…。

中継ぎ陣が踏ん張ってくれているだけに、そして点差がわずか1点だっただけに本当にもどかしいです…。

 

 

 

投げては薮田投手が中4日の影響があったか、非常に制球に苦しみました。 

 

5回途中で5安打4四球で4失点。

同点の場面でマウンドを譲りましたが九里投手が打たれたために敗戦投手となっています。

 

3回の1アウト満塁は何とか踏ん張りましたが、5回のピンチで踏ん張り切れませんでした。

打たれているとはいえ、先頭のピッチャー相手にフォアボールを出したのがきっかけですから言い訳はできません。

ボールを引っかけて初球以降、ストライクゾーンに投げられませんでした。

 

間隔を詰めて投げさせたのが裏目に出てしまいましたね。

 

中継ぎ陣は今日も1点差で良く粘りました。

リードした場面で登板させられないのがもどかしいですが、できることはやってくれていると思います。

明日はリードの場面で同じように素晴らしい仕事をしてくれると信じて…。 

 

しかし打つ方ですね…。

シーズン中あれだけ打ってくれていた打線の悪い時期が肝心の短期決戦で来てしまっています。

こんなときこそ原点に返って、まずは出塁。

そして塁を一つ一つ、凡打でも進めていく。

 

地元の期待を背負うだけに、プレッシャーは相当のものでしょう。

それに加えて思うように打線がつながらない焦りもあるでしょう。

特にあと1点という試合が続いているだけになおさらです。

 

それは見ているファンも一緒、もどかしさで安眠できそうにありません。

それでもここまで積み重ねてきたものを信じて、カープの底力を信じて、明日もこれまで通り必死に応援しようと思います。

 

 

10/24の試合展望

予想先発はカープが野村投手、ベイスターズは石田投手です。

 

野村投手は今シーズン25試合に先発し9勝5敗、防御率は2.78の成績を残しました。

シーズン中ベイスターズ戦は6試合に登板して3勝1敗、防御率は3.00と相性は悪くありませんでしたが、先日のファイナルステージ第二戦では5回4失点で敗戦投手になっています。

 

ピンチで2アウトまでこぎつけながらもあと一踏ん張りができませんでした。

中4日で上がるマウンドで前回のリベンジをはたすことができるか。

 

シーズン中打ち込まれたロペス、筒香、倉本、柴田の各選手に加えて、第二戦で打ち込まれた桑原、宮崎の2選手。

こうしてみるとどの選手も油断できないですが、ここまできたら野村投手の意地に期待するしかありません。 

先制点を取られるとただでさえすさまじいプレッシャーと戦っているはずの今の打線には致命傷になりかねません。

 

ローテーションを支え続けてくれた野村投手の意地の粘り強いピッチングに期待しましょう!

 

 

対する打線の相手は石田投手でしょうか。

今シーズン18試合で先発、6勝6敗防御率は3.40の成績を残しました。

カープとはシーズン中2度対戦し、2勝0敗防御率は3.46の成績を残しています。

ファイナルステージ初戦で対戦した際には5回で3失点。

雨の中4回までノーヒットピッチングを繰り広げるもフォアボールをきっかけに田中選手タイムリー、菊池選手タイムリー内野安打を許しました。

 

カープとしては初戦こそ勝ちましたが、シーズン中からそれほど打てている投手ではありません。

安部選手・丸選手がそれぞれ複数ヒットを打っていますが、やはり攻略にはてこずりそうな雰囲気です。

 

ただでさえ打てていない中で、難敵との再戦です。

足も絡めて何とかプレッシャーの少ない序盤のチャンスを生かして先行したい。

 

泣こうがわめこうが、あと1つ負けたらそこでシーズンが終わります。

こうなったら開き直るしかありませんよね。

ダメならダメでしょうがない。

でもできることはすべてやる。

打てなかったらどうしようなどと考えず、とにかく来た球を打ち返そう。

 

ここまで積み重ねてきたものを信じて、カープの底力を信じて、明日もこれまで通り必死に応援しようと思います。

まだシーズンは終わっていない!

 

日本一に向けて、ファンも含めてチーム一丸で一戦一戦頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング