僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

2017年更新版 タナキク・アライバ二遊間コンビ論争 攻撃編 【閑話休題】

さて、2017年シーズンの成績で攻撃編も更新しました。

まだ守備編をご覧になっていない方は、守備編でそもそもなぜアライバと比べているのかの背景と今回の攻撃編で総括をしてしまうことから守備編を先に読んでからご覧いただけると話の流れがすっきりするかと思います。

 

守備編はこちら!

 

www.bokuramocarp-blog.com

 

それでは今回はカープが誇るタナキクとアライバを攻撃面のデータから徹底的に比較したいと思います。

 

 「タナキク」と「アライバ」攻撃面での比較年度は?

 

前回更新した記事では単年での比較では少しムラが出そうでしたので連続した2年で比較することにしていました。

前回はタナキクはまだ歴史が浅く、2015年、2016年のデータを用いていましたが、今回は連覇を達成した2016年、2017年のデータを使って比較します。

アライバは前回記事同様に攻撃面で全盛期だった2004年、2005年のデータを用いています。

 

カッコ内数字はドラゴンズは左から荒木選手、井端選手。

カープは左から田中選手、菊池選手です。

  試合数 打率 本塁打 打点 得点 盗塁 犠打 三振 併殺打 出塁率 OPS
2004中日 276 (138, 138) 0.594 (.292, .302) 9 (3, 6) 101 (44, 57) 174 (93, 81) 60 (39, 21) 25 (7, 18) 161 (87, 74) 23 (7, 16) 0.689 (.322, . 367) 1.433 (.671, .762)
2005中日 291 (145, 146) 0.614 (.291, .323) 8 (2, 6) 104 (41, 63) 175 (88, 87) 64 (42, 22) 25 (6, 19) 151 (74, 77) 24 (13, 11) 0.737 (.332, .405) 1.494 (.677, .817)
2016広島 284 (143, 141) 0.580 (.265, .315) 26 (13, 13) 95 (32, 56) 194 (102, 92) 41 (28, 13) 26 (3, 23) 225 (119, 106) 4 (1, 3) 0.725 (.367, .358) 1.529 (.739, .790)
2017広島 281 (143, 138) 0.561 (.290, 271) 22 (8, 14) 116 (60, 56) 192 (105, 87) 43 (35, 8) 36 (6, 30) 227 (120, 107) 14 (5, 9) .0709 (.398, .311) 1.521 (.805, .716)

 

バッターのタイプとしては荒木選手は積極的に打ちに出るタイプ(四球は少ない)でどちらかと言えば菊池選手に近く、井端選手は粘り強く選球眼が良いタイプ(四球も多い)でどちらかと言えば田中選手に近いタイプとは言えそうです。

 

厳密に言えば、得点や打点などはその前後を打つバッターの成績にも左右されるものですのでこれらの記録が単純に各コンビの攻撃力を表すかには疑問の余地はあります。

 

それでも出場試合数がたまたまですがほぼ同じということで、比較して傾向くらいは十分に読み取れると判断しましたので上の表を使って比較していきたいと思います。

 

 

  

「アライバ」が「タナキク」より優れているところは?

アライバがタナキクより優れている部分として打率の高さ、三振の少なさ、、そして盗塁の多さが挙げられます。

 

タナキクが今年も安定した攻撃面の成績を残した、場合によっては昨年を超える成績を残したことで、去年の記事でアライバが優れているとした出塁率の高さ、打点の多さについてはアライバの全盛期と比べても互角になったものと見解を更新します。

 

 

まずは打率ですが荒木選手は2年連続で.290超え、井端選手は2年連続で3割を超えています。

 

一方、タナキクコンビはまだ二人とも高い打率を残せた年はなく、打率の安定感という意味ではアライバコンビに分があるでしょう。

今年は田中選手の打撃に大幅な向上が見られて高打率を残しましたが菊池選手がコンディション不良に苦しみ、.271に終わりました。

 

菊池選手は去年.315, 2014年は.325と単年では井端選手にも劣らない成績を残しており、この菊池選手が好調なシーズンを送れたタイミングで田中選手が今年並み、あるいはそれ以上の成績を残せれば十分に超えることは可能だと思います。

 

 

続いてアライバ最大の武器、嫌らしさにつながっていたのが三振数の少なさです。

タナキクは二人とも100を優に超える三振を喫しているのに対し、アライバはせいぜい80程度。

 

追い込まれても何とかしてバットに当ててくるので、何かが起こるかもしれない嫌らしい印象があったのだと思います。

タイプ的に近い、田中選手にバットに当てる技術を磨いてもらって三振が少なくなればさらなる進化、理想的なリードオフマンになりそうなだけに期待したいですね…今でも十分凄いのですが。

 

そして3つ目は盗塁の多さです。

これは荒木選手が大いに寄与していますが、井端選手もシーズン20個以上の盗塁を決めていることも見逃せません。

そして盗塁数だけでなく、盗塁成功率でも差があります。

 

昨年の田中選手は28もの盗塁を決め、一躍盗塁王争いに絡みましたがその反面19個の盗塁死を記録。

今年は昨年の経験を生かして飛躍的に成功率を向上、成功35個に対して失敗は13個。

それでも荒木選手の2年連続40近くの盗塁を決め、失敗は10個前後と比べるとまだ差がります。

 

盗塁は決まればチームに勢いが出ますが、失敗すると一気にチャンスをつぶしてしまう欠点があるだけに、田中選手の更なる盗塁技術向上に期待しましょう。

 

また菊池選手も足の状態さえ万全であれば走れる選手だけに、ここの差が来年さらに縮まることに期待したいと思います。 

 

以上3点については、圧倒的な得点力を誇って連覇の原動力となった打線をけん引したタナキクを持ってしても、全盛期のアライバにはまだ及ばないようです。

あらためてアライバの凄さが分かります。

 

それでも出塁率、打点についてはアライバに追いついてきました。

 

 

出塁率で言うと、井端選手がすごかったのですが、今年は田中選手が大きくその出塁率を向上(詳しくは以下の記事に書きましたので興味のある方は参考にしてください)。

www.bokuramocarp-blog.com

 

去年の記事で伸びしろがありそうだと書いた田中選手がまだ1年だけですが最高出塁率を獲得するところまで一気に成長を遂げてくれました。

2年の平均でみるとタナキクコンビはアライバコンビに互するところまできました。

凄いことです。

 

また去年の記事ではアライバに分があるとした打点については田中選手が先頭打者としてはちょっと理解に苦しむ(良い意味で)レベルの60打点をマーク。

こちらも2年平均ではアライバコンビをやや超えるところまで成績を伸ばしています。

 

全体的にはアライバコンビが優れていた部分、タナキクコンビに伸びしろを感じていた部分が順調に伸びた、そんな2017年シーズンだったと言えるかと思います。

 

 

では今度は去年の段階でタナキクの方が優れているとしていた点を見ていきましょう!

 

 

  

「タナキク」が「アライバ」より優れているところは?

 

タナキクがアライバより優れている項目は、ホームラン数(長打力)、得点数、そして併殺の少なさ、さらには長打率と出塁率の合計であるOPSです。

一つ一つ見ていきましょう。

 

まずホームランについては昨年はタナキク二人ともが13本塁打を記録、アライバは二人合わせてもシーズンで10本記録していないだけに違いは明白ですね。

今年も田中選手が我慢の打撃に徹したことで本数は落としましたがそれでも8本。

菊池選手は自己最多の14本をマークして2人で平均して10本以上。

 

昨年の結論と変わらず、タナキクにはアライバにはない一発で点を取る力があることがわかります。

長打によるプレッシャーがあるかないかで投手にかけられるプレッシャーも変わってくるかと思いますので、この点では疑いなくタナキクの方が勝っていると言えそうです。

 

続いて得点数です。

こちらも打点と同様、後続の打者しだいの部分もあるのでタナキクの力だけで言えるわけでもないのですが、後ろには強豪チームのクリーンアップが控えているわけですからそれなりに参考にはなるでしょう。

 

昨年のタナキクが記録した194得点はアライバの175点前後より20点近く上回っていましたが今年も192得点で昨年並みの成績を維持。

この得点数の差も先ほど述べた長打力の差も大きく寄与していると思いますが、1, 2番の役割を考えると得点数で上回っているのも大きなポイントと言えそうですね。

 

また併殺数の少なさも相変わらずです。

去年のタナキクは二人合計でわずかに4つ(!)、さすがに出来すぎだったか、今シーズンは二人で14を記録しました。

それでも全盛期のアライバでも二人でシーズン20以上の併殺を記録していることを考えれば、それでも十分少ないと言えるでしょう。

 

クリーンアップにつながっていく打順の巡りでの併殺打はチームの得点確率を大きく下げるだけに、その少なさは大きなメリットです。

今年は菊池選手の打撃の調子が上がらなかったことで送りバントの数は昨年より多少増えてはいますが、田中選手を塁に置いて菊池選手が打つ場面も多くみられました。

それでこの成績ですから菊池選手のつないでいく力は井端選手に匹敵するレベルまできているのかもしれませんね(打ち上げて併殺にならないケースが多い可能性もありますがそこまで検証できていません…)。

 

 

そして最後に得点との相関関係が高いとされ、攻撃面において重宝される指標であるOPS。

出塁率と長打率の足し算で出る数字ですが、ほぼ互角の出塁率にたいして長打率はタナキクが優れていることでOPSもタナキクが上回っています。

 

 

  

攻撃編結論

これまで打率、三振、盗塁についてはアライバが優れ、一方、長打力 (ホームラン数)、得点数、併殺数でタナキクが優れている、出塁率、打点は今年タナキクがアライバに追いついたことを見てきました。

 

攻撃編の結論としては昨年の「一長一短、現時点ではひいき目に見て五分五分」から「ややタナキク優勢」へと変更したいと思います。

田中選手の飛躍で出塁率の面で追いついたのが何より大きいですね。

長打率に勝り、得点数でも上回るタナキクコンビが1, 2番の役割としては総合して上回っていると言っておかしくないと思います。

 

比較対象が攻撃面で全盛期の頃のアライバコンビですから本当にすごいことです。

残るわずかな課題は三振を減らすためにバットに当てる技術、そして塁に出た後に投手の脅威となる盗塁、特にその成功率です。

 

相変わらずアライバと比べることでタナキクの現在地、そして更なる強力なコンビへと昇華するための課題を確認できるのが素晴らしいですね。

  

守備編・攻撃編総括

守備編ではまだアライバが優れており、攻撃編ではタナキクが優れていると結論を出したいと思います。

ただ、コンビ歴の長さ、プロ野球ファンへの認知度ではアライバに劣るかと思います。

 

アライバは10年弱にわたってドラゴンズの2000年代の黄金期を支えたことでその地位を築き上げた名コンビ。

対するタナキクはまだ本格結成3年目を終えたところ、チームは連覇を達成して一つアライバコンビの偉業に追いつきましたが、連続でAクラスに残り続けて黄金期を築くには少し時間が足りません、まさに来年以降が大事になりますね。

 

単年の成績でアライバに勝ったとしても、印象面でこの差はまだまだ大きいですが、こればかりは継続して差を埋めていく以外にありません。

 

タナキクはまだ若いですし、まだまだこれから成績を維持・伸ばしていってくれると信じています。

この史上最強になる可能性のある素晴らしいコンビがFAで解消ということがないよう、心の底から願っています。

 

タナキクが名実ともに史上最強の二遊間コンビとして君臨する、そんな日を夢見て、これからも一戦一戦、必死に応援しようと思います。

 

日本一目指して、チーム一丸で一戦一戦、頑張ろう、カープ!

 

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング

 

 

 

www.bokuramocarp-blog.com