僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

8/22のカープ 最終回クリーンアップ三者連続ホームランで逆転サヨナラ 野村の続投響き痛恨の黒星 DeNA戦

8/22のカープ試合速報です、ベイスターズ戦は5-6でカープが敗れました。

野村投手が初回犠牲フライで先制を許した直後にエルドレッド選手にホームランが飛び出し逆転したカープはその後も安部選手のホームランなどで小刻みに加点し理想的な展開で終盤を迎えます。嶺井選手に一発を浴びながらも9回のマウンドにも上がった野村投手。筒香選手にツーランを浴び今村投手に交代となりますが、勢い止まらずさらに連続被弾で劇的な逆転サヨナラ負けを喫したカープ。カード初戦を落としました。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 2 0 1 0 1 1 0 0 5 7 0
DeNA 1 0 0 0 0 0 0 1 4X 6 8 1

 

投手情報 

勝利投手 尾仲 (1勝0敗0S)

敗戦投手 今村 (1勝4敗23S)

セーブ なし

広島 野村、今村 - 會澤

DeNA 飯塚、平田、田中健、尾仲 - 戸柱、嶺井

本塁打   エルドレッド25号(2回表2ラン)、安部2号(4回表ソロ)、嶺井2号(8回裏ソロ)、筒香20号(9回裏2ラン)、ロペス24号(9回裏ソロ)、宮崎10号(9回裏ソロ)

 

試合概要

試合は野村投手、飯塚投手の先発で始まります。

 

カープは初回、2アウトから丸選手がフォアボールで出塁するも無得点。

するとその裏、野村投手の立ち上がり。

 

先頭の桑原選手にライトへのヒットを許すと送りバントで1アウト2塁のピンチを迎えます。

筒香選手に初球、低めのチェンジアップをセカンドへの内野安打とされ1,3塁。

ここで迎えたロペス選手に初球、外のチェンジアップをライトに運ばれ、犠牲フライで先制点を許します。

 

しかし直後の2回のカープ。

先頭の松山選手が3-1から外の高めのストレートをライト前に運ぶと、続くエルドレッド選手。

初球、外角高めに浮いたカーブを見逃さずに振り抜くと打球はライトスタンドへ一直線。

打った瞬間それと分かる打球は逆転のツーランホームランとなりカープがすぐに試合をひっくり返します。

 

 

 

 

野村投手が立ち直り、2回・3回とテンポよく三者凡退に抑えると打線は4回。

1アウトから安部選手。

2‐1から真ん中付近に入ってくるカットボールを上手く引き込んで打つと打球はこれまたライトスタンドに飛び込む第2号ソロホームラン。

安部選手の一発でカープが追加点を奪い3-1と2点差に広げます。

 

その後も快調なピッチングを披露する野村投手は4回、5回も三者凡退。

初回以降、DeNA打線を球数少なくパーフェクトに抑え込みます。

 

するとカープは6回。

先頭の鈴木誠也選手が追い込まれながらもデッドボールで出塁すると、松山選手が2-2から高く抜けたフォークを捕らえると打球はファースト右を破るヒット。

打球が早かったためにライトが追いつけずにフェンスに達するのを見るや鈴木誠也選手は緩めることなくホームへ突入し、バックホームこそされますがクロスプレーになることなく長躯ホームイン。

4-1とリードを3点に広げます。

 

なおもノーアウト2塁のチャンスでしたがエルドレッド選手空振り三振、安部選手を敬遠したところで飯塚投手から平田投手へ交代。

曾澤選手がライトフライに倒れた後、野村投手は粘りますが最後は空振り三振に倒れて更なる追加点とはなりません。

 

その裏、野村投手は2アウトから久々のヒットを許しますが、後続を断ち切り無失点。

 

打線は7回。

田中投手を相手に先頭の田中選手が粘りに粘って12球目、外のカーブをレフトへ流し打って出塁すると菊池選手が3-1からバスターを決め連打でノーアウト1,2塁のチャンスを作ります。

さらに丸選手がライト前ヒットでつないでノーアウト満塁。

 

鈴木誠也選手が3‐1から外のシュートを振り抜くと、三塁線の打球を宮崎選手がダイビングキャッチ。

そのままサードを踏んでファーストに送球しますが、この送球が悪送球となりランナーはそれぞれ進塁。

1点を追加してなおも1アウト2,3塁のチャンスが続きます。

 

この場面で松山選手が1‐2から外のストレートを打ちますがサードライナー。

エルドレッド選手が敬遠気味に歩かされた後、満塁の場面で安部選手は左対左の勝負で1‐2からの4球目、外のカーブを引っかけてファーストゴロに倒れてチェンジ。

更なる追加点は奪えませんでしたが5-1とリードを4点に広げます。

 

その裏も三者凡退に抑えて8回のマウンドに上がった野村投手。

1アウトから外角高めに浮いたカットボールを嶺井選手に打たれると打球はライトポール際、ぎりぎりに飛び込むホームランとなり1点を返されます。

しかし後続を打ち取り8回を投げ終え98球となった野村投手は9回のマウンドにも上がります。

 

先頭の柴田選手にフルカウントからの6球目、ひざ元へのカットボールをライト前に運ばれ出塁を許すと、続く筒香選手。

ボールが先行し、3‐1から投じたストレートを狙われました。

打った瞬間それと分かる打球はライトスタンド上段、看板を直撃する特大ツーランホームランとなり、5-4と1点差に迫られます。

 

ここでカープは今村投手への継投。

しかしベイスターズの勢いは止まりません。

2‐2から投じたフォークが真ん中に入るとレフトスタンドに飛び込む同点ホームラン。

 

5-5と土壇場で同点に追いつかれると続く宮崎選手。

1ストライクからの2球目、これまたフォークが真ん中に入るとすくい上げられレフトスタンドへのサヨナラアーチを被弾。

 

 

まさかの展開で9回に3点差をひっくり返されたカープ。

信じられないようなサヨナラ負けを喫し、カード初戦を落としました。

 

 

 

試合感想

 

幕切れに絶句。。。こんな展開があるんですね。

 

野村投手は良く投げました。

先制こそ許しながらも、先週と違い味方の援護をきっちりと守って長い回を投げてくれました。

8回まで98球、被安打4無四球2失点。

ここのところ中継ぎの登板過多が続き、是が非でも完投してほしいところで首脳陣は9回のマウンドに野村投手を送りましたが、結果的にはこれが継投ミスとなってしまいました。

 

ただこの采配を責めることはできないと思います。

これだけ中継ぎを酷使してきて、完投してもらえそうな展開でそのチャンスに賭けるのは普通だと思いました。

結果こそ裏目には出ましたが、これはこれまでの今月の先発陣の出来と最近の打線の湿り具合の副産物、しわ寄せが今日の采配に出たものと思います…。

 

筒香選手にカウントを悪くしたのが全てでしたね。

フォアボールを出せば一発同点の場面を作ってしまうだけに、ストライクで勝負するしかなくなったところを狙い打たれました。

 

それでも9回途中までの好投は変わりありません。

母校の広陵高校が10年ぶりに甲子園決勝に駒を進めた日に、その1年前のエースだった野村投手が好投を見せ、決勝を前にその勇姿は母校の後輩たちへの何よりのエールとなったことでしょう。

 

さて、試合の感想に戻ると1点差に迫られた場面で今村投手に交代。

これも今村投手には野村投手がピンチを招いたら交代というのは伝わっていたのだと思います、これも中途半端と言えば中途半端ですが、勝つ確率を考えれば今村投手は当然肩は作っていたものと思いますので許容範囲と言えるような気はします。

ホームランで1点差には迫られましたが、まだ1点リードしている場面での登板でした。

 

打順は4番から。

長打だけはだめな場面でフルカウントからのフォークがすっぽねけど真ん中へ。

痛恨の失投でしたが、この打席、初球スライダーの後フォークを5連投。

ストレートは一球も投げませんでした。

 

さらに宮崎選手。

ここもフォークを続けた2球目が真ん中へすっぽ抜けたところをスタンドまで持っていかれました。

 

結果フォークを7連投し、すっぽ抜けた2球を見逃されずにスタンドに運ばれました…さすがに配球が偏りすぎ、かつすっぽ抜ける傾向にあったフォークを過信した形でしょうか。

たしかにロペス選手へのフォーク3連投までは低めにコントロールできていましたが、4球目で高めに抜けてファール。

ホームランを浴びる前に少し嫌な感じはあったように思いますがこれまた結果論でしょうか。

 

今村投手は良く投げてくれていますが、被本塁打の多さは抑え投手としては気になります。

今日で52 1/3回で6被本塁打。

セリーグの抑えで最多です。

(ドリス選手0、田島選手5、カミネロ投手4、山崎投手2、ルーキ投手3)

 

1点を争う緊迫した場面での登板が続く守護神だけに今日のようなど真ん中へのフォークのすっぽ抜けで被弾という展開はもう見たくないところです。

配置転換の声を抑え込むためにも次回以降、フォークの使い方の工夫に期待しましょう。

逆にこういった内容の登板が続くようだと中崎投手との入れ替えも現実的な選択肢となってくるように思います。

 

 

 

 

打線は最高の形で追加点を重ねてくれました。

先制された直後の逆転ホームランに、終盤まで小刻みに追加点を重ねることができました。

 

悔やむところがあるとすれば7回の攻撃でしょうか。

ノーアウト満塁で鈴木誠也選手。

相手のミスで追加点を奪って2アウト2塁の場面が1アウト2, 3塁となり畳みかけるチャンスでしたが松山選手の打球がサードライナーとなってしまいました。

 

せっかく復調気配が見えた打線が、今日の劇的な敗戦でまた変な循環に陥らないと良いのですが…。

何よりもカード初戦で低迷気味だったベイスターズ打線を勢いづけてしまったのが痛いですね…何としても明日は勝たないと3連敗の確率が高くなってしまいそうで嫌な展開です…

 

 

8/23の試合展望

予告先発はカープが大瀬良投手、ベイスターズはウィーランド投手です。

 

大瀬良投手は今シーズンここまで19試合に先発し8勝1敗、防御率は3.28です。

先週のタイガース戦では6回途中を2失点に抑え、勝利投手となっています。

 

ベイスターズ戦はここまで2戦で勝敗つかずですが防御率は1.29と相性は良さそうですが、一発の出やすい横浜スタジアムでの登板は初となります。

今日の展開で勢いに乗るベイスターズ打線を何とか止める貴重な働きを期待したいところです。

 

対する打線の相手はウィーランド投手です。

ここまで14試合に先発し、6勝2敗、防御率は2.37。

先週のドラゴンズ戦では7回2失点に抑え勝利投手となっています。

カープはここまで2度対戦し、1敗で防御率2.45と抑えられています。 

 

 

数字が語るようにここまで非常に安定したピッチングを見せているウィーランド投手。

調子の波も少なく、試合をきっちり作ってくる印象です。

狭い横浜スタジアムですので、失投を逃さず長打を絡めて得点を奪う展開に期待でしょうか。

 

 

 

日曜日のスワローズ戦での粘り、勢いをそのままベイスターズに渡してしまうかのような嫌な負けを喫した後の明日の試合は落とせません。

何とか1日で立ち直るきっかけを掴みましょう。

 

チーム一丸で目の前の一戦一戦を頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング