僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/5のカープ 大瀬良いざ大黒柱へ 強力援護に守られ自身3年ぶり完投 ヤクルト戦

5/5のスワローズ戦は10-1でカープが勝ちました。

序盤からプロ初勝利を目指す梅野投手に襲い掛かったカープ打線。2回までに5点を奪ってKOすると、その後もホームランが3本飛び出すなど小刻みに加点して二けた10点。大瀬良投手もリードをしっかり守り、今シーズンチーム初の完投勝利。 快勝でした。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 1 4 0 1 1 0 0 3 0 10 12 0
ヤクルト 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 7 0

 

投手情報 

勝利投手 大瀬良 (4勝2敗0S)

敗戦投手 梅野 (0勝1敗0S)

セーブ なし

広島 大瀬良 - 會澤

ヤクルト 梅野、風張、松岡、中澤、中尾 - 中村、古賀

本塁打   エルドレッド5号(2回表ソロ)、會澤2号(4回表ソロ)、山田哲9号(5回裏ソロ)、菊池5号(8回表2ラン)、バティスタ5号(8回表ソロ)

 

 

試合感想

今日は昨日の展望で理想として書いた展開をそのままやってのけてくれた打線様様の展開。

大瀬良投手も援護に応えて、ストライクゾーンで勝負していく素晴らしいピッチング。

守りもそれに応えて序盤で相手に流れを渡さず、序盤のリードを守り切っての快勝となりましたね。

 

初回、今シーズン初先発となった梅野投手から先頭の田中選手が出塁。

その後、リクエストを要求される際どいタイミングとなりましたが盗塁を決めて、2アウトから鈴木誠也選手が追い込まれながらも外角のスライダーに上手くタイミングを合わせてレフト前に落とすタイムリーで1点を先制。

 

続く2回にもエルドレッド選手が外寄り低めの真っすぐを完璧に捉えてレフトスタンドに放り込むホームランで2点目を取ると、3四死球で1アウト満塁の場面を作って菊池選手が外角のカットボールを流し打ちライトオーバーの走者一掃の3点タイムリーツーベースヒット。

早々と梅野投手をKOし、大量5点のリードを奪って試合の主導権をがっちりと握りました。

大瀬良投手の送りバント失敗を田中選手がフォアボールを選んだことで帳消しにして、さらに続く菊池選手がきっちりともらったランナーを返す、今日も頼もしい1, 2番コンビでした。

 

4回には會澤選手のソロホームラン、5回には安部選手が内角のストレートに詰まりながらもショートの頭を超すタイムリーヒットを放って小刻みに追加点。

大瀬良投手を強力に援護しましたね。

 

8回には菊池選手に2ラン、バティスタ選手にもソロアーチが飛び出してダメ押し。

今日の打線は文句なし、昨日うっ憤を晴らすような攻撃で大量2桁10得点。

野間選手もマルチヒットを記録して相変わらず打撃状態は良いようですし、ヒットを積み重ねてどんどん自信をつけていけば、元々長打も打てるはずの選手ですからどんどん進化していきそうです。

明日もこの勢いで石川投手の粘りを許さず得点を積み重ねてもらいたいものです! 

 

 

 

投げては大瀬良投手が大量リードにも守られ好投。

先週投げ切れなかった8回を投げ切り、そのままの勢いで9回も投げ切りました。

これで2試合連続のHQSと上品質なピッチングを展開。

野村投手をケガで欠き、ジョンソン投手もピリッとしない中でチームを中村祐太投手、岡田投手と共に支えてくれています。

 

大きかったのが3回の鈴木誠也選手の好返球。

1アウト2塁からデッドボールを受けた青木選手と交代した上田選手にライトへのヒットを浴びてタイムリーになりそうだったところを、ストライク返球。

ボールを取った會澤選手のミットに山田選手の足が滑り込んでくる、そんな素晴らしい返球で早い回に反撃を許さなかったことは大きかった!

 

気になる青木選手ですが、どうやらデッドボールの当たった左ひざは今日の段階では骨に異常はなく打撲という診断のようですが、やはり後味が悪くなってしまいますからね…とにかくまた青木選手の元気な姿を一日でも早くグラウンドで見られますように…。

 

その後は山田選手にソロホームランこそ打たれますが、淡々とアウトを積み重ねて今シーズン自己最長の8回を投げ終えると、9回の打席にもそのまま立って、いざ完投へ。

田中選手の好守もあり、きっちり三者凡退に抑えて試合を終わらせました。

チーム今シーズン初完投は9回123球7安打2四死球1失点。

 

前回完投したのが新人王を獲得した翌年、チーム事情による中継ぎ転向前の2015年。

先発再転向した昨年はできなかった完投を記録してくれたことで、一つ、昨年より進化した部分を早速見せてくれましたね! 

 

プロ初勝利を目指した高卒2年目投手との投げ合い、負けられない試合で打線の理想的な援護があったとはいえ、序盤を無失点に抑えて、大量リードの後もきっちりと試合を落ち着かせて最後まで投げてくれたことはお見事!

昨年先発復帰して2桁勝利を挙げるも、手に入れられなかったピースを手に入れ、これを自信に更なる今後の飛躍に期待が持てそうです。

不在の間に野村投手のポジションにそのまま収まってしまう、それくらい今、勢いと自覚をもって良いポジション・実績のある投手です。

今後にますます期待です!

 

カープ5/6の試合展望

予告先発はカープが九里投手、スワローズは石川投手です。

  

九里投手はここまで6試合うち1試合に先発して0勝1敗防御率は6.97。

4/17のスワローズ戦で今シーズン初先発の機会が巡ってきましたが4回途中4失点KOと結果を残せずに登録を抹消されていました。

今回、野村投手のケガもあって巡ってきたリベンジのチャンスを生かして生き残りなるか。

 

明日はファームで完投勝利を挙げるなど状態の良さそうな高橋昂也投手だと勝手に思っていましたが、首脳陣は実績のある九里投手を優先したということでしょうか。

この判断が正しかった、そう振り返らせてくれる展開に明日は九里投手にしてもらいたいものです。

 

直近の登板となった4/25の2軍戦ではフォアボールとエラーのランナーをタイムリーツーベースで返されて3回2失点だったようです。

試合を見ていないので何とも言えませんが、持ち味でもある強気の内角を攻めるピッチングで結果を残して先発ローテーションに生き残ってもらいましょう!

前回やられた山田選手、雄平選手、勝負をしきれなかったバレンティン選手あたりにリベンジできれば結果もついてくるはずです。

 

対する打線の相手は石川投手。

プロ17年目の大ベテランはここまで5試合に登板し2勝0敗防御率は5.92。

先週のジャイアンツ戦では4回3失点で勝敗つかずとなっています。

ここまで2勝を挙げている石川投手ですが、防御率の示す通り、そこまで内容は良くありません。

完璧に抑えることは難しく、持ち味の粘りを生かしてランナーを出しながらもかわしていく、そんな形で抑えるしかないような感じですね。


昨シーズンカープ戦には6試合に登板して2勝4敗防御率は4.64。

2勝を許しているように、決して打ち崩せないイメージはありませんが、ランナーを出しながらも相手の術中にはまって粘りのピッチングをされた時が危険。

昨年、13-8、3本のホームランと石川投手を大得意としていた鈴木誠也選手の前にランナーをしっかり貯めて、粘られない展開に持ち込みたいですね。

 

今日の理想的な攻撃を明日もつないでいけるか、早い回に援護して九里投手を少しでも楽に投げさせてあげたいですね!

GW連戦の最終戦、何としても勝って神宮3連戦の勝ち越しを決めて来週の地元での5連戦へ景気よく向かいましょう!

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村