僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

開幕前チーム状況投手編 2018年カープの開幕ローテーション、勝利の方程式は【閑話休題】

今日はシーズン開幕直前、キャンプからオープン戦にかけてのチーム状況に追いつけていない自分のためも含めて、現状のカープの投手陣の状況についてまとめてみたいと思います! 

開幕ローテーションですが、3月に入る辺りから野村投手、ジョンソン投手、薮田投手、大瀬良投手、岡田投手の5枚は確定、残る1枠を九里投手と伸び盛りの高橋昂也投手で争う構図で進んだようです。

 

そこから岡田投手が打球直撃を受けて一時、間に合わない可能性も指摘されていたようですが、本日時点ではどうやら何とか間に合うみたいですね。

薮田投手が制球を乱して2試合連続内容も悪く炎上中ということで、最終登板次第ではローテーション剥奪もありえるみたいですが、おそらくはローテーションには入ってくるでしょう。

予想としては開幕3連戦は野村投手、ジョンソン投手、大瀬良投手、その後火曜日から薮田投手、高橋昂也投手(九里投手)、岡田投手という感じでしょうか。

 

九里投手は2軍戦で4回4失点と結果を残せなかったようですが、畝コーチのコメントを見る限りでは実績のある九里投手を評価しています。

ただ、高橋昂也投手もファーム日本選手権での好投をはじめとして(詳しくは以下の過去記事に書いています)去年のシーズン後半で掴んだ勢いをそのままに、今年につなげてくれているようでうれしい限りですね。

 

この二人はどちらが先発に来るか見通せませんが、薮田投手、岡田投手の本格派右腕コンビの間に左腕が挟まればチームのバランスとしてはより整ってくること、九里投手がロングリリーフの実績があること、高橋昂也投手は経験が浅いだけに登板日が見通せる先発として投げさせるメリットがありそうなことからここでは高橋昂也投手を先発と予想します。

 

www.bokuramocarp-blog.com

 

今日の二軍戦でも調子の上がらない薮田投手は四球をきっかけに崩れて6回7失点と結果を残せなかっただけに、薮田投手を開幕2軍、九里投手、高橋昂也投手両方ともに先発入りという展開も十分にあり得そうですね。

その場合、カープとしては誰に6連戦の初戦となる火曜日を任せるのかの目処が立たずに非常に苦しくなるのは否めませんが…。

それでも長いシーズンを見据えて薮田投手に調整させる判断も十分にあり得そうです。

 

個人的に注目していた中村祐太投手ですが、順調に早い仕上がりを見せていたようですが、2月下旬の実戦中に右胸に打球が直撃した影響でキャンプを離脱してしまったようです。

長いシーズン、故障者が出たときにその穴を埋められるように、実践復帰して調整してもらいたいところです。

  

去年の実績から考えれば充実した先発投手陣ですが、開幕前の投球内容では野村投手、薮田投手には不安がありますし、岡田投手も投げてみないと分かりません。

スムーズな滑り出しをできれば今年も強力な先発陣と言えそうですが、出足をつまずくと一気に不安になってしまいますね。

福井投手、加藤投手、床田投手辺りにもチャンスが回ってくるのではないでしょうか。

まずは各先発投手のシーズン最初の登板で良い内容を見せてくれることを期待しましょう!

 

 

一方のリリーフ陣ですが開幕時の勝ちパターンは今村投手、ジャクソン投手、中崎投手に中田投手、一岡投手が適宜絡んでいく陣容は昨年と大きく変わらなさそうです。

 

その中でもオープン戦最後でジャクソン投手が投球内容が悪く、失点も重なっており不安を抱えます。

それでも新外国人のカンポス投手より、実績のあるジャクソン投手に外国人枠を使うことが既定路線です。

ジャクソン投手は好不調の波が激しく、悪い時は毎登板のように失点を重ねる傾向がありますので、しばらくはヒヤヒヤさせられるかもしれませんね。 

その代わり良い時はとにかく素晴らしい安定感ですので長いシーズン通して考えれば強力な戦力なのは間違いないと思います。

今年も期待させてもらいましょう!

 

カンポス投手もある程度日本のマウンドになじんできているようですし、高い奪三振率を期待できる投手のようです。

ただオープン戦では失点を重ねる場面もあり、ジャクソン投手が不調でもそこにとって代わる存在にまではなれていません。

2軍でも腐らず、ジャクソン投手が不調の際にはいつでも入れ替えられるよう、万全の状態でスタンバイしてもらって、一軍のマウンドで躍動するのを楽しみにしたいと思います。

 

課題の左腕ですが、楽しみにしていた高橋樹也投手がキャンプ途中で負傷離脱。

九里投手が先発に回った場合のロングリリーフ要員が誰になるのか注目ですね。

 

昨年のカープの強さの源の一つはビハインドでも投手陣が粘っている間に強力打線が援護して逆転で星を拾えていたところにあります(シーズン中盤以降、ロングリリーフ役となった九里投手に9勝ついているのもそれを裏付けています、もちろん先発での白星もありましたが…)。

このポジションが上手く埋まらないようだと九里投手がここに収まる可能性もありそうです。

 

個人的には戸田投手、藤井投手、あるいは加藤投手あたりに期待したいところです。

 

長いシーズン、投手陣はけが人の発生時や調子を落とした場合の一軍二軍の入れ替えを行いつつ総力戦が必要になってくるでしょう。

大きな補強がなかったカープは昨年活躍した投手達が今年も好調を維持できるか、既存戦力の上積みがあるかがカギになります。

 

比較的若い投手が多いだけに、シーズン途中で意外な救世主が現れるかもしれませんね。

長いシーズン、楽しみにしたいと思います!

 

さぁ、今年もカープと一緒に球団史上初のリーグ3連覇、そして日本一へ向けて頑張っていきましょう! 

リーグ3連覇、そして日本一へ向けて、頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング