僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

9/22のカープ クライマックスシリーズ先発の座に近づく中村祐太5勝目 バティスタも猛アピール 巨人戦

9/22のカープ試合速報です、ジャイアンツ戦は5-0でカープが勝ちました。

初回、カープは田中選手のヒットと盗塁をきっかけに1アウト3塁のチャンスを作るとマイコラス投手の暴投で先制点。4回、5回には丸選手、松山選手、バティスタ選手に3連打が出てそれぞれ2点ずつ追加点を奪います。投げては中村祐太投手が7回を無失点に抑えると、ジャクソン投手・一岡投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑えて完封リレー。カープが白星を飾っています。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
広島 1 0 0 2 2 0 0 0 X 5 9 0

 

投手情報 

勝利投手 中村祐 (5勝3敗0S)

敗戦投手 マイコラス (13勝8敗0S)

セーブ なし

巨人 マイコラス、篠原、池田、中川 - 小林、宇佐見

広島 中村祐、ジャクソン、一岡 - 磯村

本塁打   なし

 

試合概要

試合を見れませんでしたので、今日は短めです。

 

カープは初回、田中選手のヒットと盗塁、菊池選手のファーストゴロで1アウト3塁とするとマイコラス投手のワイルドピッチで先制。

 

中村祐太投手は序盤、再三ランナーを背負いながらもダブルプレーにも助けられ4回まで無失点に抑えます。

 

 

 

すると4回のカープは丸選手のライトへのヒットと松山選手の内野安打でノーアウト1, 2塁のチャンスを作ると、バティスタ選手のタイムリーで1点。

なおもノーアウト1. 3塁としますが、後続倒れて2アウト。

しかしそこから野間選手にもレフトへのタイムリーが出てこの回2点を追加します。

 

さらに5回。

2アウトから丸選手がヒットで出塁すると、松山選手が高めのストレートを捉えてタイムリーツーベースで1点を追加。

さらにバティスタ選手にも2打席連続のタイムリーが出てこの回も2点追加して5-0と大量リードを奪います。

 

中村祐太投手は5回以降、制球が改善。

ときおりボール先行で甘く入ったボールでヒットを打たれますが全体的にはストライク先行でジャイアンツ打線を7回まで無失点に抑え込みます。

 

8回をジャクソン投手、9回を一岡投手が抑えたカープが白星を掴みました。

 

 

 

 

試合感想

中村祐太投手が良いピッチングを見せてくれたようです。

制球が安定かったようではありますが、7回を3安打4四球無失点。 

今の3位争いで必死になっているジャイアンツ相手にこれだけのピッチングができれば十分でしょう。

 

ボール先行で苦しいピッチングになったようですし、ジャイアンツの拙攻に助けられた面があるのも事実でしょうが、大瀬良投手・岡田投手の調子が上がってこない中でクライマックスシリーズの先発ピッチャーとして計算できそうな投手が増えたのは吉報です。

 

打ってはマイコラス投手をきっちり攻略。

マイコラス投手もマツダのマウンドが合わないんでしょうか。

 

初回、田中選手の足でプレッシャーをかけて1点をもぎ取ると、4回、5回共に丸選手、松山選手、バティスタ選手の3連打が絡んで2点ずつを追加しました。

 

ここにきてバティスタ選手が絶好調と言って良さそうな働きを見せてくれていますね。

これで自信をつけて、かつ慢心することなく着実にステップを上がってもらいたいところです。

 

丸選手も2安打で最多安打のタイトルへ前進しています。

野間選手もスタメンで1安打放っています。

限られた打席数で課題の打撃で何か改善のきっかけを掴んでくれることを期待しましょう!

 

 

 

 

9/23の試合展望

 

予告先発はカープが薮田投手、ジャイアンツは畠投手です。

 

薮田投手は今シーズンここまで37試合に登板、うち14試合に先発し14勝3敗3H、防御率は2.58です。

先週の優勝がかかったスワローズ戦では7回途中4失点で勝敗つかずとなっています。

 

ジャイアンツ戦はここまで5試合に登板して1勝0敗2H、防御率は1.35と抑えています。

前回対戦した8/12には菅野投手と投げ合い、1-0での完封勝利を飾るなど、相性は良さそうです。 

 

菅野投手が16勝目を挙げて、14勝の薮田投手は明日白星を挙げられなければ、ギリギリ可能性の残っている同率での最多勝の可能性がなくなります。

少しでも可能性が残されている限り、タイトルを追いかけてもらいましょう!

 

対する打線の相手は畠投手です。

ここまで10試合で先発、6勝2敗防御率は2.84。

先週のベイスターズ戦では7回無失点で勝利投手となっています。

 

カープとはここまで2度対戦し、0勝1敗防御率は7.20。

カープ戦では他の試合と違って、あまり良いところを出せていませんが、プロの打者に慣れてきて調子を上げてきた今、どのような結果になるでしょうか。

 

クライマックスシリーズでジャイアンツと対戦することになった場合には1戦目か2戦目に畠投手と当たる可能性が高そうなだけに、マイコラス投手同様にここで打ち崩しておいて、マツダで気持ちよく投げさせないようにしたいところです。

 

 

日本一に向けて、ファンも含めてチーム一丸で一戦一戦頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング