僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

8/19のカープ 薮田、小川にリベンジならず 連覇への壁 今こそ声援を! ヤクルト戦

8/19のカープ試合速報です、スワローズ戦は0-5でカープが敗れました。

薮田投手、小川投手共に序盤はピンチを招くことなく試合は静かな立ち上がりを見せます。4回のチャンスをお互いに逃すと迎えた6回。薮田投手は満塁のピンチで押し出しを与え先制を許すと、7回にも再び満塁のピンチ。ここでリリーフした中田投手が山田選手に満塁ホームランを浴びると万事休す。その裏、無死満塁のチャンスを生かせず零封負けのカープ、連勝はなりませんでした。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤクルト 0 0 0 0 0 1 4 0 0 5 12 1
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0

 

投手情報 

勝利投手 小川 (6勝6敗0S)

敗戦投手 薮田 (11勝3敗0S)

セーブ なし

ヤクルト 小川、ルーキ - 中村

広島 薮田、中田、ブレイシア、佐藤 - 會澤、磯村

本塁打   山田19号(7回表満塁)

 

試合概要

試合は薮田投手、小川投手の先発で始まります。

 

初回、薮田投手は先頭の坂口選手にヒットを許しますが、得点圏にランナーを進められることなく後続を断ち切り無失点に抑えると、序盤3回まで他にはフォアボール一つ与えただけできっちりと試合を作る立ち上がりを見せます。

 

一方のカープも小川投手の前に序盤3回までフォアボールのランナー一人だけで無得点、試合は静かな序盤戦を見せます。

 

薮田投手は4回、初めて連打を許しノーアウト1,2塁のピンチを背負いますがリベロ選手を内角ストレートでダブルプレー、大松選手をストレートでショートゴロに打ち取りピンチを脱します。

 

すると打線はその裏。

 

 

 

先頭の菊池選手が初球、真ん中付近に甘く入ってきたスライダーを逃さずにレフトへのツーベースを放ち、ノーアウト2塁のチャンスを作ります。

丸選手は1ボールからセーフティ気味のバントを見せ、これが送りバントとなり1アウト3塁。

 

しかし鈴木誠也選手が2-2から内角ストレートに空振り三振に倒れると、松山選手も追い込まれてから内角ストレートに詰まらされセカンドゴロ、チャンスを生かすことができません。

 

5回の薮田投手は2アウト2塁のピンチで坂口選手を内角低め、ぎりぎりいっぱいの素晴らしいストレートで見逃し三振に仕留め、ピンチを脱しますが6回。

1アウトから再びバレンティン選手、山田選手に連打を許し1アウト1,2塁のピンチを迎えます。

 

ここでリベロ選手に1-1から甘く入ったカットボールをレフトへ打たれ満塁。

大松選手は外角高めのストレートでピッチャーゴロに打ち取り本塁封殺で2アウトまでこぎつけます。

 

しかし迎えた中村選手に粘られフルカウントからの8球目、ストライクからボールに逃げていくカットボールを見極められ、痛恨の押し出しフォアボールで先制点を許します。

 

なおも満塁のピンチは西浦選手をサードゴロに仕留め切り抜けますが先制点を許します。

 

そして7回も続投の薮田投手。

先頭の小川投手にレフトへのヒットを許すと、さらに1アウトから藤井選手、バレンティン選手に連打を許して再びの満塁のピンチ。

ベンチはここで中田投手にスイッチします。

 

1アウト満塁で山田選手という厳しい場面で高めのボールが浮いて2ボールとなって迎えた3球目でした。

真ん中高めのストレートを振り抜かれると打球はレフトスタンド上段まで運ばれるグランドスラム。

一気に4点を奪われ0-5とワンサイドゲームの展開となります。

 

しかし打線はその裏。

先頭の松山選手がひざ元へのスライダーに中途半端なバッティングとなりながらも、ラッキーはセンター前ポテンヒットで出塁すると、新井選手がショートへの内野安打でノーアウト1,2塁のチャンスを作ります。

さらに安部選手のセカンドゴロを山田選手がまさかのファンブル。

ノーアウト満塁と最高の場面を作ります。

 

曾澤選手の打席で代打は西川選手。

1ストライクから内角高めのボール気味のカットボールを振らされファーストゴロで1アウト。

 

続く代打のエルドレッド選手。

2-2から外角高めのストレートに空振り三振。

さらに田中選手も2-2から外角高めのボール気味のカットボールに空振り三振に倒れ、絶好のチャンスを生かすことができません。

 

試合はそのまま小川投手に8回無失点で抑え込まれると、最後はルーキ投手の前に三者凡退でゲームセット。

 

 

カープ、零封負けで連勝はなりませんでした。  

 

試合感想

薮田投手は先週と比べると、調子はそこまで良くはなさそうでしたが勝つチャンスは作ってくれましたね。

中盤以降バレンティン選手、山田選手の中軸に連打を浴びて繋がれてしまったのが結果的には響きました。

 

展開的に痛かったのは7回に先頭の小川投手に浴びたレフトへのヒット。

ボールを先行してしまい、ストレートでカウントを取りに行ったところを打たれてしまいました。

フォアボールを出すよりははるかに良いのですが、今日当たっていたクリーンアップの前に余計なランナーを出してしまったことが結果的にはあの満塁ホームランに繋がってしまいました。

 

中田投手は今日も味方の作った満塁の厳しい場面で登板。

しかし今日はいつものようにはいきませんでしたね。

打席に迎えたのが山田選手でボールが高めに浮いてカウントを悪くしてしまいました。 

満塁だけにボール3つにするわけにもいかず、打ち損じてくださいと投げたストレートが打ち頃の高さとコースにいってしまいました。

 

2ボールとなった時点で仕方ない、そんな打席だったと思います。

しかし中継ぎ陣もさすがに疲労の色を隠せませんね。

勝ちパターンに起用されるまで比較的登板ペースを抑えられていた一岡投手と、少し前にどん底を経験済みのジャクソン投手はまだ元気な姿を見せてくれていますが、中崎投手、今村投手、中田投手にはさすがに調子を落としているように見えます。

 

これも7週連続6連戦、しかもこれまで雨天中止なしで日程をこなしてきている故でしょう。

相当厳しい日程をこなしつつ、何とか崩れずに5割で粘っている、そんな苦しいチーム事情だと思います。

  

 

 

ならば打線が援護したいところですが、こちらもやはりややお疲れ気味。

タイガース3連戦こそ、計20得点と打線が復調気配かと思わせてくれましたが昨日、今日で1得点。

ここ2週間、3戦20得点と打ちまくったタイガース戦を入れても11戦で35点と平均3点ちょっと。

 

シーズン平均で5点強を叩き出しているカープ打線にとっては物足りない数字が並び、そのために接戦がどうしても多くなり中継ぎ陣の登板の偏りを生じてしまっています。

6連戦に移動ゲームがこの先も9月中旬まで続いていく過酷な日程を乗り越えられるか。

 

打線がやや湿っている中でも、何とかチームが勝てているのは中継ぎ陣の踏ん張りがあってこそですが、その中継ぎ陣にも限界が近づきつつあります。

その限界が来る前に、打線の状態が底を抜けてくれるのを期待しています。

 

チーム状態の苦しくても続いていく厳しい日程。

これを乗り越えれば連覇は目の前のはずです。

何とかチーム一丸頑張るカープを個々人は微々たるものかもしれませんが、ファン全員の力で支えていきましょう!

 

 今年の7月末から9月半ばまでの日程について、検証してみた記事はこちらです。

bokuranocarp.hatenablog.jp

 

 

8/20の試合展望

予告先発はカープが岡田投手、スワローズは山中投手です。

 

岡田投手は今シーズンここまで19試合に先発し11勝4敗、防御率は3.14です。

先週のジャイアンツ戦では6回を1失点に抑え、勝利投手にはなりましたが、86球と余力を残した中での降板となっただけに、今週に期するものはあると思います。

 

野手陣、中継ぎ陣と疲労の色がにじむ中で、先週余力を残して降板したであろう岡田投手の奮起に期待したいと思います。

 

 

対する打線の相手は山中投手です。

ここまで10試合に先発し、2勝4敗、防御率は4.33。

先週のベイスターズ戦では6回途中5失点ながら打線の援護に恵まれ勝利投手になっています。

 

カープは5月に1度対戦しており、その際は5回で9安打を浴びせて5得点。

見事に攻略していますが、そこから3か月たった今どうなるか。

三振の心配はそれほどない投手ですが、その分フォアボールの期待もあまりできず、打って得点を取っていくしかないタイプのピッチャーです。

 

右のアンダースローなだけに鍵はやはり左打者が握りそうです。

セオリー通りに5番以降に左打者を並べるのか、スタメン起用にも注目です。

 

 

去年はマジックが点灯する前に似たような苦しい時期があり、マジックが点灯してからは一気に優勝まで駆け抜けました。

その一方、今年はマジックが点灯する時期は早かったものの、チーム状態が苦しくなる時期がマジック点灯後となり、苦労しています。

 

しかし、今ある28もの貯金はこうした苦しい状態を何とかやり過ごすためにしていたもの、去年とは違った苦しみを経験することでまたチームが成長できる。

そんなポジティブな気持ちをもって、この苦しい時期をチーム一丸で乗り越えていってほしいと思います。

 

昨日、ジョンソン投手が2軍戦で7回1失点の好投を見せたようですし、まだまだチームとしての伸びしろもありそう。

1軍だけでなく2軍の戦力も総動員でこの苦しい時期を乗り越えてほしいと思います。

 

チーム一丸で目の前の一戦一戦を頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング