僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

7/29のカープ 序盤の拙攻に中盤の拙守 涙雨に薮田も屈す ヤクルト戦

7/29のカープ試合速報です、スワローズ戦は1-9でカープが敗れました。

初回、バレンティン選手に一発を浴びて先制を許しますが、2回に安部選手のタイムリーで同点に追いつきます。しかし、好投を続けていた薮田投手が5回に勝ち越しを許すと、6回には菊池選手のエラーも絡んで2本のホームランで4点を失います。最後まで反撃ムードを作り切れなかったカープは9回にも3点を失い、完敗です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤクルト 1 0 0 0 1 4 0 0 3 9 11 1
広島 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 8 1

 

投手情報 

勝利投手 小川 (5勝4敗0S)

敗戦投手 薮田 (9勝2敗0S)

セーブ   なし

ヤクルト 小川、近藤、石山、ルーキ - 中村

広島 薮田、ジャクソン、飯田 - 會澤

本塁打   バレンティン20号(1回表ソロ)、山田16号(6回表3ラン)、大松3号(6回表ソロ)

 

試合概要

試合は薮田投手、小川投手の先発で始まります。

   

薮田投手の立ち上がり、簡単に2アウトを取って迎えたバレンティン選手。

粘られて2-2から投じた7球目、内を狙ったシュートがコースが逆かつ高めに浮いたところを完璧にとらえられ、レフトスタンド場外に運ばれるホームランを許し先制を許します。

 

反撃に出たいカープは初回、1アウトから菊池選手がフォアボールで塁に出ます。

続く丸選手の初球に盗塁を仕掛けますが、失敗に終わり2アウトとなりますが、丸選手もフォアボールで歩いて、盗塁を仕掛け、今度は成功して2アウト2塁のチャンスを作ります。

しかし鈴木誠也選手がフルカウントから外のボール気味のカットボールでピッチャーゴロに倒れて同点はなりません。

 

続く2回のカープ。

先頭の松山選手のセカンドゴロを山田選手が後逸してランナーを出すと、新井選手がストレートをレフト前にはじき返してノーアウト1, 2塁のチャンスを作ります。

 

ここで安部選手が2ボールから中に入ってくるスライダーを打ち返すと打球は一二塁間を抜けていく同点のタイムリーヒット。

さらにノーアウト1, 2塁とチャンスは続きます。

 

しかし會澤選手が空振り三振に倒れると、薮田投手はスリーバント失敗で2アウトとなります。

田中選手も1-2からチェンジアップを打ちますがショートゴロに倒れて3アウト、逆転はなりません。

 

 

薮田投手は2回以降三者凡退に抑え続けますが、小川投手も踏ん張り試合は5回に入ります。

 

薮田投手は先頭の大松選手にライト前ヒットを許すと、藤井選手のサードゴロ、中村選手のセカンドゴロの間にそれぞれ進塁を許して2アウト3塁の場面を迎えます。

ここで奥村選手に1ストライクから外角のストレートをきれいに流し打たれて、センターへのタイムリーヒットを許し、1点を勝ち越されます。

 

その裏カープは1アウトから田中選手がフォアボールで塁に出て反撃の狼煙かと思いましたが、牽制で刺されて2アウト。

菊池選手も空振り三振に倒れて無得点に終わります。

 

すると6回の薮田投手。

強い雨が降る中で制球を乱したか、1アウトから山崎選手にフォアボールを与えると、続くバレンティン選手のセカンドゴロを菊池選手がまさかの後逸。

1アウト2, 3塁とピンチを迎えます。

 

打席には山田選手。

初球、外のカットボールを振り抜かれると打球はバックスクリーン左に飛び込む痛恨の3ランホームラン。

さらに続く大松選手にも1ボールから低めのカットボールをライトスタンドに運ばれこの回4点を失い、1-6と5点ビハインドとなります。

 

その裏、2アウトから松山選手にツーベースが出ますが、初球の外角スライダーを捕らえた新井選手の当たりはフェンスにあと一歩届かず、無得点に終わります。

 

さらに7回も代わった近藤投手から會澤選手、代打・西川選手が連打を放ち1アウト1, 2塁のチャンスを作りますが、田中選手・菊池選手が内野ゴロに倒れてなかなかいつものように反撃ムードを作れません。

 

すると9回、イニングを跨いだ飯田投手が先頭の中村選手に粘られた末の8球目にフォアボールを与えると送りバントの後に三連打を許し、3点を失い1-9。

 

その裏、カープはルーキ投手から新井選手が追い込まれながらもレフトへのヒット、安部選手もレフトへのヒットでつないでノーアウト1, 2塁のチャンスを作りますが、代打のバティスタ選手が初球の内角シュートでサードゴロダブルプレーに打ち取られ2アウト3塁。

 

最後は代打の岩本選手が三球三振に仕留められてゲームセット。

序盤不安定だった小川投手を攻略できず、今日は完敗です。

 

 

試合感想

薮田投手は序盤、いつものように安定したピッチングを見せてくれました。

絶好調のバレンティン選手にこそホームランを打たれましたが、4回まではそれ以外はパーフェクトに抑えてくれました。

薮田投手もまだ雨の中での登板では、いつものマウンドさばきができずにいる気がします。

6回の大量失点は味方の守備に足を引っ張られたとはいえ、普段より球威が落ちていたように見えました。

 

交流戦明けの雨天ノーゲームになったタイガース戦でも、普段の安定感のあるピッチングとは違った投球内容でした。

bokuranocarp.hatenablog.jp

 

もちろん中断直前はノーゲームになるような雨の中ですから割り引いて考えないといけませんが、この試合も序盤は試合ができる程度の雨でした。

屋外球場がホームである以上、先発ローテーションを回るうえでシーズンの中で何度かは雨の中での登板はあるでしょう。

力投型なだけに、より悪天候の影響を受けるのでしょうが、一つ今後の課題になるでしょうね。

 

飯田投手は一軍当落戦だけに残念な登板に終わりましたね。

何とか2イニングを投げてくれたことだけは評価できるでしょうが、もう一度チャンスがもらえるかどうか。

貴重な左腕だけに奮起に期待しましょう。

 

また今日は守備の乱れが出てしまいました。

まずは大松選手にヒットを許した後の藤井選手のサードゴロ。

セカンドをアウトにできそうな打球でしたが、セカンドに投げられず、進塁を許したことが奥村選手に浴びた勝ち越しタイムリーにつながってしまいました。

 

奥村選手に浴びた勝ち越しタイムリーは次がピッチャーだっただけにもったいないと言えばもったいないですが、8番で切れれば次の回、上位に回るイニングが楽になる面もあり、抑えられると判断しての勝負にいったのであればそれはそれで仕方がないと思います。

打たれたボールは少し高かったですがコースにはいっていたように見えたので奥村選手が上手かったのでしょう。

 

また4点を失った6回は菊池選手が普通にさばけばダブルプレーでチェンジだったかもしれないところを後逸でランナーを貯めてしまい、一発で返されてしまいましたね。

最近は堅い守備でピッチャーを盛り立てていましたが、今日はその守備が乱れてしまいました。

 

 

打つ方では序盤の拙攻で小川投手を助けているうちに、立ち直られてしまいました。

初回、コントロールに苦しんでいる場面で菊池選手の盗塁失敗。

結果的に続く丸選手にもフォアボールを出しただけに痛い盗塁死となりました。

 

さらに2回の勝ち越したあとのノーアウト1, 2塁でも三振にバント失敗とランナーを進められずに終わりました。

5回、点を取られた直後に田中選手がフォアボールで出塁した後の牽制死も球場の反撃ムードに水を差しました。

 

今日の小川投手にはつけいる隙は十分にあったように見えただけに残念でした。

6回、7回もあと一本が出ず、反撃ムードを作り切れませんでしたね。

 

長いシーズン、こういう日もあるということで割り切って明日の試合で勝ち越しを決めましょう。

 

7/30の試合展望

明日の予告先発はカープが岡田投手、スワローズは石川投手です。

 

岡田投手は今シーズンここまで16試合に先発して8勝4敗、防御率は3.40です。

先週のドラゴンズ戦では7回途中1失点に抑えて勝利投手となっています。

 

前半戦終盤、調子を落としてほとんどのイニングで先頭を塁に出す不安定なピッチングでしたが、快投を演じたオールスターできっかけを掴んだか、後半戦初戦は6回までパーフェクトに封じ込む素晴らしいピッチングを見せて復調気配を見せてくれました。

 

相手が好調なチーム状態とはいえ地元でのカード負け越しは避けたいところです。

明日も好投で、復調が本物だと証明してもらいましょう!

 

対する打線の相手は石川投手です。

ここまで17試合に先発し、4勝10敗、防御率は5.09。

前回ベイスターズ戦では5回2失点で勝敗つかずとなっています。

 

大ベテランの石川投手は今シーズン結果を残せていません。

残念ながら2軍に落とされても文句を言えない成績です。

それでも起用されていることを確実に本人は粋に感じているでしょうし、明日は後がないという気持ちで臨んでくるでしょう。

 

石川投手には粘り強さがあるだけに、今日のように拙攻でチャンスを手放していると中盤までかわされてしまう可能性もあります。

早い回にまずは1点を入れて、球場を赤く染めるファンの作る雰囲気の力も借りながら攻め立ててもらいたいですね。 

 

今日は今日、明日は明日。

切り替えてチーム一丸で一戦一戦、明日も頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング