僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

ありがとう、高橋樹也プロ初セーブ! 打線も見事な集中力でカード勝ち越し継続! 8/5のカープ DeNA戦

8/5のベイスターズ戦は6-5でカープが勝ちました。

2点リードの最終回、中崎投手が追いつかれて想定外の延長戦に入ったカープでしたが、直後に西川選手の併殺崩れの間に勝ち越し点を奪うと高橋樹也投手がその裏を度胸満点ピッチングでしびれる展開で無失点で抑えてプロ初セーブ。ヒヤヒヤながら何とかカード勝ち越し継続です! 

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 1 0 0 1 0 1 0 3 0 6 11 1
ヤクルト 2 0 0 0 0 0 0 0 1 3 9 1

 

投手情報 

勝利投手 中崎 (1勝0敗25S)

敗戦投手 山崎(2勝4敗21S)

セーブ 高橋樹(0勝0敗1S)

広島 高橋昂、アドゥワ、一岡、永川、フランスア、中崎、高橋樹 - 會澤

DeNA 今永、藤岡、三嶋、パットン、山崎 - 伊藤

本塁打   菊池11号(3回表ソロ)、鈴木17号(3回表ソロ)、安部4号(6回表ソロ)

 

 

試合感想

ありがとう、高橋樹也、おめでとう、プロ初セーブ!

いや、しかしあのマウンド度胸ですよ。

 

1軍では初めてこれだけしびれる場面で中継ぎとして投げたわけですが、先頭を味方のエラーで出して次も3-1としながらも開き直って投げきりましたね!

いや、今日の試合を落としていたらシーズンの潮目を変えかねないゲームだっただけに本当に助けてもらいました。

これで自信をつけて飛躍につなげてもらえると良いですね!

 

その一方で今日は高橋昂也投手にとっては辛い一日になりましたね。

降板自体はボールが上ずっていたので仕方ないでしょう。

やはりまだ1軍のマウンドになると力んでしまっています、今日の降板から何を感じるかです。

 

厳しい采配から這い上がることもプロで一流となるためには必要な経験です。

今日ベンチで寄り添ってくれていた磯村選手のように周りにいる方にケアしてもらいながら、2軍戦で見せられている低めへの制球を次のチャンスでは見せてもらいたいですね。

ボールの質が一軍で通用するのは間違いありません、近い将来カープのローテーションを支えてくれるために、もう一皮精神的に大きくなってくれるのを期待して応援したいと思います。

 

 

 

今日もカープは先制しました。

2回には先頭の松山選手が高めのストレートをレフト線に運ぶツーベースでチャンスを作ると、続くバティスタ選手が3ボールから低めのストレートを叩きつけると、サードの頭の上を超えるタイムリーツーベースで1点を取りました。

3-0から打ち損じたサードゴロかと思いましたがバティスタ選手のパワーが違う形で生きましたね。

 

3回には2番に復帰した菊池選手が外角低めの厳しいコースに来たストレートを振り抜いてライトスタンド最前列に運ぶソロホームランで追加点。

いや、あのコースをスタンドまで運べる2番打者…昨日の8番降格で気持ち的に良い刺激、切り替えるきっかけになったでしょうか。

チームバッティングから一度解き放たれたか、昨日のマルチヒットに続いて今日は4安打でいきなり元気になるんですから不思議なものです。

まだ火曜日以降を見てみないと分かりませんが采配による復調のナイスアシストでしたね。

 

そして鈴木誠也選手が初球、甘く入ってきたストレートを捕らえてこちらは打った瞬間。

足の影響もあったか、少し4月は出遅れましたが5月以降安定した成績を残して今月は早くも3本塁打と爆発の予感が漂います。

いや、3番・4番と出塁率も高く本当に相手にとっては嫌な中軸でしょうね。

 

 

  

3-0とリードを広げて主導権を握ったカープでしたが先発の高橋昂也投手が期待に応えられませんでした。

初回は淡々と低めにボールが来ていて三者凡退の良い立ち上がりでしたが先制点をもらった後の2回、筒香選手相手に意識しすぎたか、力んでボールが上ずるとその後修正できませんでした。

 

宮崎選手の痛烈な当たりを菊池選手が何とか止めて上手くさばくと田中選手も菊池選手が打球を弾いて送球されてくるタイミングがずれましたが上手く合わせて素晴らしいダブルプレーでランナーをなくしますが、その後フォアボールに連打で満塁。

ここは柴田選手を何とか三振に打ち取って事なきを得ますが、リードを3点に広げてもらった直後の3回にも2つのフォアボールを出して緒方監督がアドゥワ投手への交代を告げました。

 

この采配ができるのも昨日大瀬良投手が8回まで投げてくれたことと、チャレンジ枠を翌日試合がない日曜日に持ってきているからですね。

最初にも書きましたが高橋昂也投手、本当に期待していますからここから精神的に強くなって這い上がってきてください!

 

代わったアドゥワ投手はピンチで宮崎選手を三振に打ち取ると続く4回も三者凡退。

しかし何とかこの回までという5回に捕まりました。

2アウト1, 2塁から筒香選手相手にカウントを悪くしてチェンジアップをレフトへタイムリーとされると、続く宮崎選手は0-2と追い込んでからの外角低めへのチェンジアップを右中間に運ばれる2点タイムリーで同点。

 

直前の攻撃で田中選手の盗塁失敗の後、満塁まで攻め立てながらも無得点に終わって嫌な流れになりかけていたところでベイスターズの中軸にきっちり仕事をされてしまいました。

やはりベイスターズ打線の核は超一流ですね…。

 

それでも同点で踏ん張ると直後の6回、2アウトから安部選手が藤岡投手の低めのシンカーをすくい上げてライトスタンドに叩き込んですぐさま勝ち越し。

左腕の今永投手相手でも守備力と最近の好調ぶりを買ってスタメン起用した首脳陣の期待に見事に応えました。

 

9回の大きな追加点も先頭の安部選手のヒットからでしたし、いや、勝負の8月9月に安部選手が間に合ったのは大きいですね。

西川選手も打撃は素晴らしいですがやはり守備の安心感は安部選手が上。

しびれる展開の増えるであろう季節に打撃も好調とあれば安部選手の起用が増えてくるのは納得です(今日の10回の痛いエラーはありましたが…)。

 

代打で出てきてきっちり送りバントを1球で決めた磯村選手もさすがですが、菊池選手も外角の変化球をコンパクトにセンターにはじき返して大きな追加点で2点リードとしましたね。

 

そこまでも6回を投げてきっちり初戦の分をやり返した一岡投手、7回に2アウトまで取った永川投手、そして筒香選手から4人連続アウトに取ったフランスア投手の素晴らしい働きがあったからこそですが。

しかし今日のフランスア投手の使い方は良かったですね。

筒香選手が極端に左投手に弱いというわけでもないんですが、フランスア投手が左打者に対して強いですし、何より一発の怖さが違いますもんね。

 

2アウトからの登板でしたからイニングを跨ぐとはいえ負担はかなりマシ。

いや、やはり頼りになる左投手が一枚いるだけで采配の幅が広がりますね。

 

しかし最終回、このスタジアムは簡単に終わりませんね。

中崎投手が下位打線に連打を許して上位に回される最悪の流れ。

送りバントを決められ1アウト2, 3塁の一打同点の場面からソト選手に犠牲フライを打たれて1点差。

 

なおも2アウト3塁でロペス選手を迎えて、追い込みながらも粘られて迎えた2-2からの9球目。

外角低めの良いコースへのストレートでしたがロペス選手の集中力、チームバッティングの軽打が勝ってライト線への同点タイムリーツーベース。

その後筒香選手フォアボール、宮崎選手にレフトへのヒットを許して満塁まで責められますが何とか伊藤選手をサードゴロに打ち取って同点で踏みとどまりますが痛すぎる2失点でした。

 

ロペス選手や宮崎選手、伊藤選手相手にビシバシコースに決めたような集中力をピンチを作る前の倉本選手、神里選手相手に見せてもらいたかったのですが…。

まぁしかし中崎投手は落ちる球をほとんど投げないので三振を取れないイメージこそありますが奪三振率は今日の試合前まで8.78。

奪三振率が10を超える山崎投手ほどではありませんが、ここまで十分、三振を取っています。

 

今日は三振を取れませんでしたが投げているボールは悪くなかったとは思います。

悔やまれるのはイニングの入りだけですね。

 

しかしここで折れずにさらに集中力を高めて攻撃できるのがカープ打線。

ベイスターズが満を持して送り出してきた山崎投手相手に1アウトから會澤選手、安部選手の連打で1, 3塁のチャンスを作ると、中崎投手の代打・西川選手のセカンドゴロダブルプレー崩れの間に1点を勝ち越しました。

いや、バックホームされなくてラッキーでしたね…西川選手もよく走りました!

 

最後は飯田投手か高橋樹也投手かというところでしたが、首脳陣は高橋樹也投手を選択。

飯田投手は先日の右打者相手に打ち込まれた印象が強かったですかね…。

いや、それにしても本当によく最後抑えてくれました。

中崎投手においしいご飯をおごってもらってください!笑

 

何とかこの3連戦も勝ち越せました…シーズンの潮目を変えかねない試合を取れたのは大きい!

見ているだけのファンでもすごく疲れる3連戦でしたから、選手たちはなおさらでしょう…。

明日はしっかり休んで気持ちを切り替えて来週のホーム6連戦に挑みましょう!

 

 

カープ次週の試合予定

関東での6連戦を4勝2敗と素晴らしい成績で乗り越えたカープは来週はマツダスタジアムでの6連戦となります。

まずは火曜日からドラゴンズ、そしてその後金曜日からはジャイアンツとの対戦です。

 

成績だけ見れば順風満帆のオールスター明けのリーグ戦をを送るカープですが内容は必ずしも盤石ではなくなってきました。

チーム状態が良い時期がしばらく続いているのでそろそろ何かのきっかけ一つで少し辛抱の時期が来ることを覚悟しないといけないかもしれません…今日はその危機を逃れましたがその時は迫っているような気がします…。

 

その前に今村投手あたりが上がってきてブルペンに厚みを加えてくれれば良いのですが…。

来週はホームで戦えるので今の良い流れを切らさず、勝てるときに勝って白星を積み上げておきましょう!

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村