僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

ミスした方が負ける いやその後に踏ん張れないチームが負けるのか 7/8のカープ 巨人戦

今日は短めの記事となります。7/8のジャイアンツ戦は4-6でカープが敗れました。

今日は結果的には4回の守りが全てでした。

岡田投手は今日はいつもの球威がなく、制球も安定せず。

2回には相手に先発の今村投手にプロ初打点を献上するなど、調子は悪かったと思います。

 

それでも悪いなりに何とか踏みとどまっていました。

しかし4回、2四球で2アウト1, 2塁とされると吉川選手に外のストレートを上手くレフト線に運ばれて逆転。

ここで踏ん張れればというところでマギー選手に浴びたサードへの痛烈な当たり。

 

三塁手としてはかなり致命的ですが、強いゴロの守備に難がある西川選手が何とかこれを前に弾きました。

ここまではよかった…しかし当たりが強かっただけにタイミング的には十分間に合いましたが送球を慌ててしまいました。

悪送球となり余計な1点を取られると、岡田投手も踏ん張れずに続く岡本選手に2ランを被弾し試合の大勢を決せられてしまいました。

 

言い方は酷ですが味方が必死に勝ち越した直後で2四球から招いた逆転、さらにその後も2点差で何とか踏ん張っていればという場面だっただけに岡田投手の物足りなさが目立ってしまいました。

もちろん西川選手の守備はあれでしたが、首脳陣としても、そして岡田投手としても良いか悪いかは別にして十分想定される場面だったはず。

 

調子が悪いなりに何とかしていただけに味方の守備に助けてもらいたかった場面だったとは思いますし同情もしますが、厳しい言い方になりますが去年2桁勝った実績もあるローテーション投手としてもう一皮むけるための課題が浮き彫りになったと思います。

  

 

打線は悪いなりに1点をもぎ取る野球ができました。

先制したバティスタ選手の一発はもちろん素晴らしかったですがカープらしい得点だったのが4回の勝ち越し点。

 

鈴木誠也選手がファーストファールフライでの3塁へのタッチアップに、西川選手が1アウト1, 3塁で追い込まれながらもバットに当てることを優先。

そして併殺崩れの間にもぎ取った1点。

ノーヒットで泥臭く取った素晴らしい1点でした。

 

けど西川選手、本人が一番よく分かっていると思いますが、オールスター休みに少しでも守備向上のきっかけを掴んでください。

技術的にすぐに上達しないのは分かりますが、どうも強い打球がとんでくると体が硬くなってしまっているような…去年から浮き彫りになっているレギュラーで出るための試練です。

 

しかし点が取れそうで取れませんでしたね。

今日は由伸監督の早い継投にやられました、中盤打ち込まれる傾向があり今日は制球もよくなかった今村投手をすっぱり代えてきましたね。

6回に捕まえられそうな雰囲気があっただけに敵ながら素晴らしい判断だったと思います…。

 

打線も最終回に意地の反撃を見せてひょっとするかと手に汗握る見せ場を作ってくれましたが点差が大きすぎましたし遅きに失しました。

再三もらった四死球を生かしきれなかった…最終回に泥臭いながらも久々のタイムリーが出た、何とかこれで各打者から余計な力が抜けるといいですね。

今日の試合から岡田投手が何を学んでくれたか、きっと今日の敗戦以上の何かを今後見せてくれると期待しましょう。

 

明日からのタイガース3連戦は広島の現状を鑑みて球団が中止を決めました。

カープ関係者も野球で何とか広島を元気づけたい気持ちはあったかと思いますが、それも時期尚早という判断だったのでしょう。

まずは観客の安全、被災地の復興を優先した球団の決断に敬意を表したいと思います。

 

きっとオールスターからまたカープの選手たちも何とか広島の街に力をくれるはずです。

今回被災された方々の日々の安定が一日でも早く戻ることを心よりお祈り申し上げます。

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村