僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

6/18のカープ 文字通りの「背信」 打線も打線で休養期間よ吉と出ろ 日本ハム戦

6/18のファイターズ戦は2-6でカープが敗れました。

初回、いきなり福井投手が被弾。打線は打線で上原投手をとらえきれず、試合後半は小刻みな継投にかわされました。投手は踏ん張れず打線も打てず…負けるべくして負けて交流戦最終戦も力なく落としました。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 2 0 1 0 1 0 0 0 2 6 10 1
広島 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 7 0

 

投手情報 

勝利投手 上原 (1勝0敗0S)

敗戦投手 福井 (0勝2敗0S)

セーブ なし

日本ハム 上原、公文、石川直、トンキン、有原 - 石川亮、鶴岡

広島 福井、フランスア、アドゥワ、ジャクソン、中崎 - 磯村、會澤

本塁打    大田泰12号(1回表2ラン)、丸8号(1回裏ソロ)、上原1号(5回表ソロ)、鶴岡1号(9回表2ラン)、、バティスタ10号(9回裏ソロ)

 

 

試合感想

福井投手が初回から… 連敗を止めてさぁここからというところで出鼻をくじかれた感じでした。

相手投手にもホームランを打たれる始末。

そして打線も昨日の勢いはどこへやら、底を脱するのはまだ先か…。

 

今日勝って「連敗を喫して苦しい交流戦だったけど、まぁ最後は上り調子だったし…」となるのと今日負けて「やっぱりチーム状態はまだ悪い…どうやって建て直せばよいか…」となるのとでは大違いでした。

それでも首脳陣は先を見ているのか、他に何か理由があるのか分かりませんが野村投手の復帰ではなく福井投手に中5日で託すことを決断。

結果としてはその期待に応えることができずに残念の一言。

 

初回、初球を西川選手にヒットとされると、大田選手相手に3-1とカウントを悪くしてエイヤっで投げたストレートがど真ん中(一応外を狙っていたはず…)。

それはエイヤっと打たれます、ということでいきなりプレーボールからあっという間に出鼻をくじかれました。

 

3回にフォアボールをきっかけで犠牲フライで失点。

5回には上原投手に被弾する始末で5回4失点。

この結果であれば2軍に十分代替投手がいるでしょう。

若手投手でも出せそうな結果しか残せなければ若手投手が優先される、福井投手はもうそういう年齢です。

それだけに残念な結果でした。

 

フランスア投手は中継ぎ適性を見せてくれましたね。

コントロールがアバウトな分接戦では怖いですが、僅差のビハインドからロングリリーフまでこなしてくれそう。

ひょっとすると先発ではなく、中継ぎ陣のてこ入れに使われるかもしれませんね。

 

ジャクソン投手、中崎投手を投げさせられたのはまぁ良かったのでしょうか…ここまで空く前に投げさせたかったですが7連戦だっただけに仕方ないですかね…。

 

それにしてもまぁよくここまでホームランを打たれますね。

今日は上原投手、そして鶴岡選手と失礼ながらホームランを打たれるのが難しい打者に打たれて3被弾。

初回の一発は大田選手ですからまだ置いておいても、こういう相手に一発を浴びていたらそれは凄い被弾数にもなるはずです。

リーグ再開後に潮目が変わるのを祈りますか…

 

 

 

そして打線もまだ底を脱していないのがはっきりしてしまいました。

上原投手を2巡目までに捕まえられず、小刻みな継投を許しました。

相手が左投手ということもあったか、最近調子を落としていた野間選手を久々にスタメンから外して、昨日大活躍のバティスタ選手をスタメン起用。

 

また昨日好リードの磯村選手を連日のスタメン起用で何とか勢いをつなげようという姿勢は見えました。

しかしそれに選手が応えられず…上原投手もすごくよかったわけではなく、高めに浮いた捕らえられそうなボールはそれなりにあっただけに、カープの打者の状態が悪いんだろうなという感じの攻撃でした。

 

結局今日もソロホームラン2本による得点のみ。

福井投手も福井投手でしたが打線も打線。

4点ビハインドの場面での最後の新井選手の走塁も野手陣の焦りを象徴しているようでした。

無理に1点取ってもリスクに対する見返りの少ない場面だったんですけどね…。

 

それにしても栗山監督の継投策はお見事。

3巡目でカープ打線がとらえる前に上原投手をすっぱり代えて、継投で逃げ切り。

カープとしてもこういう継投をしたいですが、今の中継ぎ陣では怖いか…そんなことを思いながら中継ぎの差も見せつけられることになりました。

 

カープファンの願いもむなしく、そんな上がり目が遠く感じられる試合になってしまいました。

ここから金曜日まで空く期間を生かしてチームを、特に先発陣を立て直せるか。

 

さすがにもう野村投手も復帰するでしょう、大瀬良、岡田、ジョンソン、野村、九里の各投手にあと1枚誰になるのか。

この陣容であれば、今より上積みが期待できます。

そのタイミングで打線がまた普段の調子を取り戻してくれれば…そう思うしかありませんね。

 

大丈夫、また勢いづくタイミングが来るはずです。

今は少しでも早くその時を呼び込む、そして呼び込んだ時に少しでも長くその期間を延ばす。

そうして他球団に競り勝っていくしかありません。

頼むぞ、そして頑張ろう、カープ!

 

 

カープ今後の試合予定

交流戦を負け越して終えたカープはしばしの休息ののち、金曜日からの甲子園でのタイガース3連戦でリーグ戦を再開します。

先発投手陣をどう立て直すのか、それにつれて中継ぎ陣の役割分担が明確になり立ち直るか、野村投手はいつ復帰するのか。

野手陣はいずれ上がってくるでしょうし、カープが再浮上を果たすためには投手陣の踏ん張りが不可欠です。

 

この交流戦の形がリーグ戦に戻っても続くようであればいよいよ黄信号です。

そうなるのか、踏ん張るのか。

ここ3年で一番の踏ん張りどころがやってきています。

 

野村投手の復帰でも好転しないようだといよいよ切れるカードが限られてくるだけに…この休みで少なくとも打線の状態が上向くといいですね。

カープの試合がしばらくないだけに私たちもリフレッシュしましょう。

そして金曜からまた一球一球に声援を送るのみ!

 

球団初のリーグ3連覇へ、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村