僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

6/14のカープ 誰か即効性の薬を知りませんか 野村待ちしか手がないのか オリックス戦

6/14のバファローズ戦は2-8でカープが敗れました。

フランスア投手が相手の一巡目を抑えますが2巡目から捕まりました。野手陣も序盤に援護できず後手に回ると、例のごとくビハインドの展開で中継ぎ陣が踏ん張れず。カード3タテを食らって明日から福岡です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 8 0
オリックス 0 0 0 2 1 2 0 3 X 8 10 0

 

投手情報 

勝利投手 金子千尋 (3勝5敗0S)

敗戦投手 フランスア (0勝2敗0S)

セーブ なし

広島 フランスア、一岡、永川、中村恭 - 會澤、磯村

オリックス 金子千尋、吉田一、山本、近藤 - 山崎勝

本塁打   大城4号(5回裏ソロ)、松山6号(7回表ソロ)、新井3号(7回表ソロ)

 

 

試合感想

フランスア投手は相手の一巡目を抑えて頑張りました。

でも金子投手に良いピッチングをされて打線が援護できませんでした。

投手がそこそこ抑えると打線が沈黙。

打線がそこそこ打つと投手が炎上。

投打のかみ合わないチーム状態が悪い時の典型的な展開です。

 

これで交流戦は14戦80失点、平均で5.7点取られているわけですから、いかにカープ打線でもこれでは勝ち越せるはずがありません。

 

投手陣にまだ救いがあるとすれば勝ちパターンの3投手がそこまで打ち込まれていないこと。

そして先発も崩れてますが、大瀬良投手という柱はまだ崩れていません。

勝ちパターンもボロボロなわけではありません。

今ならまだ修正が効く…そう思いたいですね。

 

しかし厳しい…これほど悪いチーム状態が長引くのも優勝するのであればシーズンに1度じゃないと…それほどまでのチーム状態ですね。

でもよく考えれば野村投手、ジョンソン投手、薮田投手と計算していた先発投手が3人いない状態でここ数週間戦ってきたわけです。

ジョンソン投手が復帰して野村投手も復帰間近、というより状態が上がってなくてももう待てないというのが正直なところか。

 

野村投手が復帰して先発の陣容が揃ってどうなるかというところでしょう。

やはりある程度期待の持てる先発が少なくともカードに2枚いないと3連戦3連敗の可能性が高くなる、当たり前のことを改めて教えてもらいました。

これで火曜から木曜のカードは5月頭以来カード勝ち越し無し(雨天中止等で1勝1敗は2回ありますが)。

 

こちら側のカード、直近5週間で岡田投手が投げた試合以外は1勝7敗ですから一切ごまかしがきいていない状態ですね。

野村投手がここに加われば…投手陣はそこに希望をかけるしかなさそうです。

 

 

 

野手陣は今日は金子投手の前に抑え込まれました。

普段対戦の少ない好投手相手では中々攻略の糸口を掴めない。

それはある程度仕方のないことだと思います。

 

終盤になって松山選手、新井選手の連続ホームランが出て、8回にも見せ場は作りました。

でも今日であればフランスア投手が先制するチャンスを4回くれたわけですから、厳しい言い方をすればそこまでで点を取れなかった責任はあるでしょう。

 

5月後半の打線が好調だった反動か、少し打線の状態は落ちてきていますね。

その時にそれ以上に点を取られまくって白星を伸ばせなかったツケがこれから響いてこないと良いのですが…

 

先のことは考えず次の一つ勝つ。

目の前の一球、一打席でできることをする。

即効性の何かはないでしょうから、あらためて基本を積み重ねることでしかチーム状況は上向いてこないのかもしれません。

 

苦しいときが長い…でもまた好転する時が来る…苦しい時に一つでも多く勝ちを積み上げておくことが先々効いてくるはずです。

 

 

 

カープ6/15の試合展望

明日からカープは福岡に移動してのホークスとの3連戦です。

予告先発はカープが大瀬良投手、ホークスが千賀投手です。

 

大瀬良投手はここまで11試合に登板して9勝2敗防御率は2.26。

先週のイーグルス戦では7回無失点の好投で勝利投手となっています。

 

今シーズンはエースとしてここまでチームをけん引してくれている大瀬良投手。

交流戦でも2戦2勝と、明日も白星を挙げられれば昨年の薮田投手に続いて交流戦3戦3勝投手となります。

先週までの素晴らしいピッチングを考えればその可能性は十分。

 

ただ先週はブルペンから制球が安定せず非常に苦しんだようなので、そこから修正ができているかどうか。

合口の悪いホークス相手に初戦を勝てればチームとしてもプレッシャーから解放されそうですし、何とか修正していつも通りの好投に期待したいと思います!

 

一方、カープ打線の相手は千賀投手です。

ここまで7試合に登板して4勝2敗で防御率は3.27。

先週のドラゴンズ戦では4回5失点で敗戦投手となっています。

 

3戦3勝で防御率は0点台と好調だった5月の反動か、ここ2試合少し調子を落としている様子の千賀投手。

右ひじの違和感、右前腕部の張りと今シーズン既に2度抹消されながらもいずれも短期間で1軍に戻ってきて投げ続けています。

 

ケガの影響か、ここ2試合はある程度球数がかさんだところで相手打線にとらえられるパターンになっていますのでカープ打線としては序盤うちあぐねても粘り強く攻撃することで中盤以降に好機を作れそうです。

大瀬良投手をしっかり援護してカード初戦をしっかりとるためにも、打線の奮起に期待ですね!

 

交流戦勝ち越しのためにはもう1つも負けられなくなりました。

現実的には3勝1敗で五割が目標、福岡で2勝1敗、最後のファイターズ戦を勝てれば…といったところか。  

大瀬良投手に負担が行くローテーションで申し訳ないですが、明日も何とか好投してチームを再び救ってください。

 

明日は明日でゼロからのスタート、私たちファンも腐らずに応援しましょう!

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村