僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

6/13のカープ 岡田背信、投手陣悲哀の一発祭 辛抱はまだ続く オリックス戦

6/13のバファローズ戦は5-12でカープが敗れました。

野手陣が試合前半に5点を援護も岡田投手が背信投球。中継ぎ陣も踏ん張れずにズルズル突き放されての大敗。投手陣が踏ん張らない限り、チーム状態が上向くことはない。野村投手の復帰を待つしかないのか…。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 3 0 0 2 0 0 0 0 0 5 11 0
オリックス 0 3 0 1 4 1 3 0 X 12 12 0

 

投手情報 

勝利投手 近藤 (2勝1敗0S)

敗戦投手 岡田 (5勝2敗0S)

セーブ なし

広島 岡田、アドゥワ、永川、藤井皓 - 會澤、磯村

オリックス 山岡、近藤、吉田一、黒木、岸田 - 若月

本塁打   鈴木7号(1回表3ラン)、T-岡田7号(2回裏3ラン)、吉田正10号(4回裏ソロ)、小田2号(6回裏ソロ)、T-岡田8号(7回裏3ラン)

 

 

試合感想

野手陣は昨日のお返しとばかりに序盤からきっちり岡田投手を援護しました。

でもこれで勝てない辺りが今の流れに乗れないチーム状態というか…。

7連戦のまだ2戦目、しかも相手に取られた得点は一発のみということで岡田投手を5回からスパッと代える決断はちょっとできなかったでしょうね。

 

先発の岡田投手はここ2試合崩れていた立ち上がりを修正。

ストレートもかなり走っていて2三振を含む三者凡退でかなりやってくれそうな雰囲気でした。

 

しかし2回、デッドボールとヒットで1, 2塁にランナーを背負うとT-岡田選手に2ボールから真ん中に甘く入ったスライダーをとらえられ同点3ランを被弾。

2点を再び勝ち越してもらった直後には吉田選手に外角高めボール気味のストレートを力で運ばれ再びの被弾。

 

1点リードの5回、2つのフォアボールで1アウト1, 2塁のピンチを招くと、大城選手に外角スライダーをライト前に運ばれ同点。

さらにロメロ選手にも外角スライダーをちょこんと合わせられてライト前タイムリーで逆転されて無念の降板となりました。

 

2回先頭の吉田選手を0-2と追い込んでからのデッドボールで歯車が狂いましたかね…。

初回から3点、4回にも2点と試合前半で5点も援護してもらってこの結果…今日は擁護しようがありません。

 

後を継いだアドゥワ投手も相手の勢いを止められずに決して悪いボールではなかったですが連続タイムリーを浴びて一気に3点差に突き放されました。

6回には何とか流れを変えるべく永川投手を登板させましたが、小田選手に被弾して4点差。

7回には今度は藤井投手がT-岡田選手に本日2本目の3ランを被弾して終戦。

 

4回から絶え間なく毎回失点で2点リードから7点ビハインドへ。

これでは野手陣もさぁ何とかという気持ちになるのは難しいです、投打の歯車が狂うのも無理ないというか…。

 

それにしても昨日2発、今日4発と京セラドームでここまでそれほどチームホームラン数が多くないバファローズ相手に多すぎる被弾も気になります。

明日こそ長打を抑えて引き締まった試合にしてほしいですが…フランスア投手先発ということで石原選手がスタメンマスクかもしれませんね。

 

これで交流戦12球団最多失点の座に返り咲き…交流戦第1週より多少マシになってきた投壊状態に歯止めをかけない限りチーム状態が上向くことはありえません。

月曜日にありそうな野村投手の1軍復帰が流れを変えるきっかけになればいいのですがその前に明日、フランスア投手が何とかしてくれませんかね…。

  

 

 

打線は昨日の結果を引きずらずにしっかり初回から得点。

タナキクの連打でチャンスを作ってバファローズ戦で好相性を誇る鈴木誠也選手が外角高めに浮いてきたカットボールを完璧に捉えました。

レフトスタンド上段まで飛んでいく先制のスリーラン。

今日の試合は最高の滑り出しでしたね。

 

同点に追いつかれた直後のチャンスこそ逃しましたが、4回に會澤選手のヒットと西川選手のフォアボールでチャンスを作って山岡投手とタイミングのあっていた田中選手が外角低めのストレートを右中間にはじき返す勝ち越しの2点タイムリースリーベースヒット。

今日はしっかりとチャンスを数多く作って、さらに得点も重ねられました。

 

ただ5回、6回とノーアウト2塁と進塁打2本で点が入るチャンスを作ったにもかかわらず進塁打を打てずに無得点に終わったのが試合展開として痛かった…。

1点リードを広げるチャンス、そして逆転された直後に試合展開を引き戻すチャンスでしたからね。

 

もちろん岡田投手が踏ん張れなかったのが一番の敗因ですが、追加点を取れそうなところで取れないとこうなる。

そういう試合でもあったと思います。

 

久々スタメン起用となった安部選手ですが今日もノーヒット。

6月は8-0、5月以降1か月半でわずか4安打で打率.076とさすがに考えないといけない数字が残っています。

戦力として期待している選手は1軍で起用しながら復調を待つ、そういう首脳陣の我慢強い姿勢は基本的には好きなのですが、シーズン終盤で戦力として期待するためにも、今はじっくりと再調整する時間を与えることも必要なのではないかと思います。

 

今シーズンはもう代走としての起用にシフトするというなら話は別ですが、本調子であればサードとして一番好守でバランスが良いのは安部選手です。

それをどうやって本調子を取り戻してもらうのか…首脳陣の判断やいかに…。

 

 

 

カープ6/14の試合展望

予告先発はカープがフランスア投手、バファローズが金子投手です。

 

フランスア投手はここまで2試合に登板して0勝1敗防御率は3.12。

先週のファイターズ戦で中村祐太投手の後を受けて登板し4 2/3回を1失点と好投して明日の今シーズン2度目の先発のチャンスを掴んでいます。

 

初先発時はボールが高く浮いたところをとらえられ4回3失点で降板。

先週も4四死球を出していますし、2軍での成績を見ても2イニングに1個ペースでフォアボールを出しており細かいコントロールがあるタイプではありません。

ただ何とか低めにボールを抑えてストライクゾーンにどんどん投げ込んで行ってもらいたいですね。

 

今月下旬に奥さんの来日を控えているみたいですので、明日好投して何とか先発ローテーションに生き残りたいところ。

野村投手が復帰すれば福井投手との争いになるでしょう。

交流戦が終わってリーグ再開まで予備日がある影響で、明日1試合好投できれば今月下旬の先発機会を確保できそうな状況はモチベーションとしては十二分でしょう。

奥さんの前で一軍で投げる機会を確保してもらうためにも、チームの投手事情を救ってもらうためにも明日の好投に期待しましょう!

 

一方、カープ打線の相手は金子投手です。

ここまで9試合に登板して2勝5敗で防御率は3.51。

先週のタイガース戦では6回2失点ながら敗戦投手となっています。

 

4月は調子が上がらずに苦しんでいた金子投手ですが、5月に入って復調。

5試合続けてQS、4試合続けて6回以上2失点以下のピッチングを続けており、好調を維持しています。

明日は数字以上の難敵との対戦となりそうです。

 

右打者と左打者で被打率が1割以上違っており、明日は左打者がいつも以上にカギを握りそうですがさすがに安部選手のスタメンはなさそうです。

無難に新井選手ですかね。

 

今日の試合で交流戦の借金1。

明日負けると借金2で敵地でのホークス3連戦を含む残り4試合を3勝1敗でようやく五分という交流戦負け越しの可能性がぐっと高まってしまうだけに明日は何としても勝たないといけない試合となってしまいました。

 

明日は内容よりも結果。

どんな内容でも白星を掴んでもらいたい。

計算できる先発がカードに1枚しかない、その1枚で落とすとすぐにカード3連敗の危機に瀕する今の先発投手陣のつらさです…が、乗り越えるしかないぞ!

 

セリーグ首位チームの意地を見せましょう! 

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村