僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

6/6のカープ 采配、中継ぎ最後は野手陣 カープ野球の意地を見た! 日本ハム戦

6/6のファイターズ戦は4-3でカープが勝ちました。

上沢投手相手に初回のミス絡みの3失点が重くのしかかりましたが5回に代打新井選手のカードを切る積極采配で1点差に迫ると、中継ぎ陣が踏ん張って最後は野間選手が逆転サヨナラ打。藤井投手がプロ初勝利です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 6 2
広島 0 0 0 0 2 0 0 0 2X 4 6 1

 

投手情報 

勝利投手 藤井皓 (1勝0敗0S)

敗戦投手 トンキン (2勝1敗12S)

セーブ なし

日本ハム 上沢、トンキン - 清水

広島 岡田、一岡、今村、アドゥワ、藤井皓 - 會澤

本塁打   なし

 

 

試合感想

今日は首脳陣が積極的に動き、中継ぎ陣がそれに応え、最後は野手陣にも響いた。

そんな久々に締まった試合で逆転サヨナラ勝ち!

マツダでの試合が続きますしこれはまた勢いに乗れるのでは…そんな久々にカープらしい勝ちとなりました。

野間選手、本当に嬉しい成長です!ありがとう!!

 

先発した岡田投手の立ち上がりは先週に引き続き不安定でした。

デジャヴのような先頭からの連続四球。

 

しかしここで近藤選手をファーストゴロにうちとり1アウト1, 3塁。

1点でしのげれば先週よりはかなりマシ、そう思いかけていたところで中田選手に真ん中に入った甘いスライダーをライト前にはじき返されるタイムリー。

 

ここで鈴木誠也選手がまさかの豪快な後逸。

芝生を転がり失速していた何でもない打球でしたが、グラブの下を通り抜けてフェンス近くまで転がる間にファーストランナーの大田選手までホームに帰る余計な失点。

続く1アウト3塁のピンチでもレナード選手に外角低めのスライダーを上手くライト前に落とされるタイムリーで一気に3点を失います。

 

この時点ではまた失点に絡む痛いエラーが出て今日も嫌なムード…そんな雰囲気でしたが岡田投手が好調ファイターズ打線を2回以降無失点で抑えていきます。

上沢投手に2安打浴びた影響で得点圏にランナーを背負って上位打線という嫌なめぐりが2回、4回とありましたが、ここを無失点で我慢できたのが結果的には大きかったですね。

 

打線は5回、そこまで抑え込まれていた上沢投手相手に反撃に出ます。

1アウトから野間選手が相手のエラーで出塁すると、會澤選手が高めのストレートをやや差し込まれながらもライトフェンスまで飛ばすツーベースで1アウト2, 3塁とチャンスを作りました。

 

野間選手がその前の打席で同じような当たりで内野安打となったこともあって、相手の悪送球を誘いましたね。

素晴らしい武器です。

 

そして西川選手が初球、内角低めボール気味のカットボールひっかけを高いバウンドのファーストへのゴロとなりますが上沢投手のファーストベースカバーが遅れてタイムリー内野安打となり1点を返すと、ベンチが攻撃的な采配を見せました。

1-3と2点差に迫ってなお1アウト1, 3塁の場面で、まだ5回裏でしたが岡田投手に代打新井選手を送って勝負。

 

新井選手は期待に応えて初球の内角高めのフォークをセンターへ打ち上げ、犠牲フライで1点差に迫りました。

 

 

6回からは最近不本意なピッチングが続いていた中継ぎ陣が意地を見せました。

まずは一岡投手が先頭フォアボールから1アウト2塁のピンチを招きますが連続三振で無失点でつなぐと7回は今村投手が三者連続三振。

1点ビハインドでも今村投手をマウンドに送った采配に5回の代打新井選手に引き続いて首脳陣の今日の試合に賭ける意気込みも伝わってきました。

 

それでも打線が上沢投手に抑え込まれると8回はアドゥワ投手。

1点失えば敗色濃厚となるいつもよりしびれる場面で長打もあるファイターズの中軸をきっちり三者凡退。

今日はいつにも増して本当に素晴らしいピッチングでした、ここまでの経験で頼もしく成長している姿を見せてくれましたね!

 

そして9回の藤井投手。

今シーズンここまで3試合の登板で好投したことを買われて、4試合目の登板でしびれる場面を任されると下位打線相手ではありましたが2三振で三者凡退に抑えて嬉しいプロ初勝利を呼び込みました!

 

今日も安定した制球が光り、前回のライオンズ戦でロングも行けそうな適性を見せてくれていますし、このまま昨年の九里投手のポジションに収まってくれればチームの不安部分を一つふさいでくれます。

これからに期待が膨らみますね!

 

そしてその裏、8回まで上沢投手に抑え込まれた打線はファイターズ抑えのトンキン投手に襲い掛かりました。

先頭の丸選手がフルカウントからフォアボールを選んで出塁すると球場はいつもの素晴らしい雰囲気でカープを後押し。

 

続く鈴木誠也選手は2-2から外角のボールへ逃げていくスライダーに何とかバットを当てるボテボテの当たりもトンキン投手がこれをファーストに悪送球。

ボールがファーストのグラブをはじいてセカンド方向に転がる隙に丸選手がサードへ進んでノーアウト1, 3塁のチャンスをもらいます。

 

松山選手が初球高めのカットボールを打ち上げ詰まったサードファールフライに倒れて1アウトで野間選手。

初球セーフティスクイズを試みますがファール。

 

2球ボールが続いた後、スライダーを泳ぎ気味にファールで2-2と追い込まれます。

5球目、1バウンドとなったスライダーにバットが出かかりますがスイングはせず。

その間に鈴木誠也選手が盗塁を決めて1アウト2, 3塁と一打逆転サヨナラの場面を作ります。

 

この日最大の大声援の中、フルカウントからの6球目、外角低めへのスライダーでした。

絶対に三振だけは避ける、そんな野間選手の気持ちが見えたスイング、タイミングを外されながらもほぼ右手一本でボールをバットに当てると打球はライナー性でセンターへ抜けていきました。

西川選手のバックホームは大きくそれて逆転サヨナラ!

カープファンの大歓声の中、カープの選手たちが喜びを爆発させて大盛り上がり。

 

首脳陣の攻めの采配に中継ぎ陣が踏ん張って応え、最後は相手のミスにつけ込んで打線が応えました。

2回以降、非常に締まったゲームで好投手相手に苦しみましたが相手のミスを絡めて得点を重ねての逆転サヨナラ勝ち。

 

これで勢いに乗らなかったらいつ乗るのか。

明日の先発の中村祐太投手が序盤で試合を崩さなければ、久々に上昇気流を捕まえてくれそうな気がします!

 

 

 

カープ6/7の試合展望

予告先発はカープが中村祐太投手、ファイターズがマルティネス投手、雨天中止となった昨日の試合の予告先発だった両投手が明日で対決します。

 

中村祐太投手はここまで6試合に登板して3勝3敗防御率は5.24。

先週のライオンズ戦では5回5失点で敗戦投手となっており自身3連敗中。

3試合続けて序盤で試合を壊してしまう展開が続いています。

 

先週は先制を許すものの打線が逆転してくれた後、踏ん張り切れずに再度逆転を許して降板となりました。

苦しい先発事情とはいえ、さすがに一か月近い間試合を作るピッチングができない先発投手を起用し続けるのも雰囲気を悪くしてしまいます。

どうせ試合を作れないのであれば別の投手にもチャンスを…そう考えるのはごく自然です。

  

中村祐太投手は先週のボール自体はその前2試合と比べれば走っているように見えただけに明日の登板への上がり目はありそうです。

ラストチャンスに近い明日の登板で自身の今後の登板機会をつかみ取る、そんな気持ちのこもったピッチングに期待したいと思います!

今日の逆転サヨナラ勝ちの勢いをつなげるためにも、まずは初回、是非とも無失点での立ち上がりに期待したいと思います。

   

一方、カープ打線の相手はマルティネス投手です。

ファイターズの新外国人右腕はここまで9試合に登板して5勝4敗で防御率は2.77。

先週のジャイアンツ戦では9回途中3失点で勝利投手となっています。

 

ここまで3完投を記録しており、捕らえきれないと投げ切られてしまう可能性もあるメジャーで通算17勝を記録している難敵です。

右投手ですが右打者の方に課題を抱えており、丸選手・松山選手と左打者の中軸も結果を残していますがカープとしては状態が上がってきた鈴木誠也選手に期待がかかりますね。

 

今日当たりは出ませんでしたが、自身のエラーでの劣勢を跳ね返してくれたチームメートの活躍に期するものがあるはず。

やり返してくれる、そう信じて応援しましょう!

  

明日も勝って久々にカード勝ち越しを決めて交流戦の星勘定を何としても五分に戻しましょう!

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村