僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/29のカープ 拙守で相手を勢いづけた 踏ん張り所で誰か出てこい! 西武戦

5/29のライオンズ戦は3-7でカープが敗れました。

中村祐太投手が味方の拙守もありましたがまたしても試合を作れず5回5失点で降板。打線も中盤以降ヒットも出ずに重苦しい3連敗です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
西武 1 0 0 3 1 0 2 0 0 7 12 0
広島 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3 5 0

 

投手情報 

勝利投手 カスティーヨ (3勝3敗0S)

敗戦投手 中村祐 (3勝3敗0S)

セーブ 増田 (0勝2敗8S)

西武 カスティーヨ、野田、平井、武隈、ワグナー、松本、増田 - 森、岡田

広島 中村祐、中村恭、佐藤、藤井皓 - 會澤

本塁打   會澤4号(2回裏2ラン)、山川14号(5回表ソロ)

 

 

試合感想

中村祐太投手が不運な当たりもありましたが粘れずに5回5失点。

序盤に援護をもらっただけに好投を期待したかったですが、これで3試合連続の炎上となりいよいよ先発の座が怪しくなってきました…。

 

初回、先頭の秋山選手にライトへのクリーンヒットを打たれると、2アウト2塁から最近当たりが止まっていた山川選手に初球高めに浮いたカーブをレフト前に運ばれるタイムリーで先制を許します。

 

その後立ち直って無失点に抑えていきますが、味方が逆転して追加点も取ってもらった直後の4回。

ヒットとフォアボールでノーアウト1, 2塁のピンチを作ると、1アウトから森選手を打ち取ったはずの当たりを田中選手が背走で取れずにポテンヒット。

少し余裕があったように見えましたが、やはり背走でのキャッチは難しいか、センターの野間選手も全力で突っ込めば間に合いそうな打球でしたが、田中選手が少し余裕をもって落下点に入ったように見えただけに任せてしまいましたね。

 

 いずれにしてもこのヒットが響いて、続く金子選手に2-2からの内角ストレートをライト線にはじき返され走者一掃の逆転スリーベースヒット。

5回には2アウトまで取りながらも山川選手に粘られて12球目の甘く入ったストレートをレフトスタンドに叩き込まれて5点目。

 

中村祐太投手はこの回限りでの降板となりました。

4回の逆転は中村祐太投手から見れば不運もありました。

あの当たりを取っていれば2アウト1, 2塁。

8番の金子選手と勝負したでしょうが、最悪次のピッチャー勝負もできたわけですから、無失点の可能性はグッと上がったと思います。

 

…が、その失点は守りのせいもあったとして痛かったのが5回の2点差に突き放されるホームランでしたね。

1点差ならまだまだ動きそうな試合でしたが、2アウトからの一発で2点差となったことで野手もガクッと着てしまったような気がします。

 

眠っていた山川選手を初戦から起こしてしまったツケが今後の2戦で回ってこないと良いのですが…

 

中村恭平投手も点差を守れず突き放されてしまいました。

6回は相手の走塁にも助けられて無失点でしのぎましたが7回に3安打と2四球で2失点。

 

今年のチームに勢いが出ないのはこのポジションが安定しないことも一因のような気がします。

ビハインド時に点差を保てずに突き放されることで逆転のチャンスが中々巡ってきません。

先発投手の相次ぐ離脱で九里投手が先発に回った穴が埋められていません。

 

今後薮田投手、野村投手が上がってきたときに誰がこのポジションに収まるのか。

先発や勝ちパターンの中継ぎほど目立ちませんが、カープの強さを支えるポジションなので注目ですね。

 

佐藤投手、藤井投手が無失点で抑えてくれたのは良かった、地道に結果を残せば今の投手陣であれば一軍定着のチャンスは十分です。

 

 

 

打っては先制されながらも見事に逆転したところまでは勢いを感じました。

内野安打で出塁した鈴木誠也選手を置いて會澤選手が初球の外角ストレートをガツン。

 

コースに逆らわずにセンター方向へ打ち返した打球はぐんぐん伸びてバックスクリーン右に飛び込む逆転ツーランホームラン。

中村祐太投手を援護する見事なバッティングでした。 

 

続く3回にも先頭の中村祐太投手のフォアボールをきっかけに1アウト1, 2塁のチャンスを作ると、松山選手が初球の内角ストレートを打ち返して一二塁間を破るタイムリー。

リードを2点に広げて主導権を握れそうでした。

 

結果的にはこの後の1アウト1, 3塁と続くチャンスで畳みかけられなかったのが痛かった。

鈴木誠也選手の三振の後、今日5番起用の野間選手は良い当たりでしたがショートゴロ。

 

野間選手の5番起用は現状では妥当だったと思いますが、左に弱い投手相手で西川選手、安部選手を5番に起用できないのが今の苦しさですね。

この二人がいつまでも7番、8番を打つようでは上がり目は限られてきます、奮起に期待です。

 

その後はヒットすら出ず、最終回まで淡々とした攻撃。

見どころは6回に2つのフォアボールで2アウト1, 2塁のチャンスで代打新井選手が甘い球を良い捉え方をしてあわや逆転スリーランかという大きなレフトフライを打ったところくらいでした。

 

4点ビハインドの最終回にようやく3回以来のヒットが會澤選手に出て、増田投手を引っ張り出したところは明日につながるか。

丸選手は実戦でまだ3打席目ですし、ただでさえ代打で結果を出すのは難しい。 

 

苦しい、重苦しい雰囲気になりつつありますが、明日マツダで何とか勝ってもらいたい。

頑張れ、カープ! 

 

 

カープ5/30の試合展望

予告先発はカープが岡田投手、ライオンズは十亀投手です。

  

岡田投手はここまで8試合に登板して5勝1敗で防御率は3.25。

先週のジャイアンツ戦は7回3失点で勝利投手となっています。

 

ここまで登板8試合中6試合でQSを達成、平均で7回途中まで投げてくれており、大瀬良投手とともに先発陣を引っ張ってくれている岡田投手。

 

昨年はこの時期には調子を崩していましたが、今年は春先からの好調を維持。 

交流戦でも結果を残してくれるか楽しみです。

 

日曜日の逆転負けのショックから先に立ち直ってしまったライオンズ、核となる山川選手も今日の試合で解凍されてしまっているだけに苦しい状況での登板となりますが、強力ライオンズ打線をそのストレートの球威でねじ伏せて流れを変えてくれる、そんな快投に期待したいと思います。

 

一方、カープ打線の相手は十亀投手です。

今シーズンここまで8試合に登板、3勝5敗防御率は2.60となっています。

先週のホークス戦では6回1失点で勝利投手となっていますが、勝敗と防御率から分かる通り、強力打線の援護を登板試合で中々受けられていません。

 

今月は防御率1.03ながら2勝2敗。

2敗はともに7回3失点、7回途中1失点と好投しながら打線が抑えられてしまってのもの。

十亀投手自身は好調を維持しているといってよいでしょう。

 

中々弱点を探すのが難しい今の十亀投手の状態ですが、勝ち運に恵まれていないのはカープにとっては追い風かもしれません。

 

カープがもがいている、苦しい今だからこそ明日も必死に応援したいと思います。

ファンの声援は選手の力になると信じて!

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村