僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/17のカープ 粘って決めた誠也の一振り 残る課題も白星が何よりの薬! 中日戦

5/17のドラゴンズ戦は3-2でカープが勝ちました。

今日も1点が重い展開でまずい守備もあって先制を許したカープ。それでも直後に久々の上位打線の連打で追いついて、最後は4番の一振りで勝ち越し。1点差を逃げ切ったカープがナゴヤドームで初白星を挙げ、ドラゴンズ戦の連敗を5で止めました。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3 6 0
中日 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 7 0

 

投手情報 

勝利投手 ジャクソン (2勝1敗0S)

敗戦投手 鈴木博 (2勝1敗0S)

セーブ 中崎 (0勝0敗12S)

広島 ジョンソン、今村、ジャクソン、中崎 - 石原

中日 吉見、鈴木博 - 松井雅

本塁打   鈴木4号(9回表ソロ)

 

 

試合感想

今日も1点が重い展開の中、まずい守備が重なって先制を許して厳しいか…そう思いましたがカープの選手たちが覆してくれました!

色々言いたいことはありますが、よくぞ勝ってくれました!

久々に気持ちの良い鈴木誠也選手の一振り、粘ってくれたジョンソン投手、1点差を逃げ切ってくれた中崎投手!

同点でしのいだ今村投手にジャクソン投手、すぐさま同点に追いつくタイムリーを打った松山選手!

 

とにかく今日は3連敗を阻止できた、ナゴヤドームで勝てた。

内容よりもその結果が大事!

良い内容のゲームは明日からのマツダスタジアムで見せてもらいましょう。

 

今日は序盤からお互いチャンスがありながらも吉見投手、ジョンソン投手が粘り合う展開。

どちらかと言えばドラゴンズの方がチャンスでの打席は多かったので押され気味でしたが、ジョンソン投手がピンチでも冷静にボールを制球して、また2アウトのピンチで松井雅人選手と無理に勝負せずに吉見投手をきっちり打ち取ってピンチをしのぎました。

 

それでも打線は5回まで2安打に抑え込まれて粘るジョンソン投手を援護できず。

何とか先制点を取って主導権を握りたいところでしたが、今日もドラゴンズに先制されてしまいました。

 

デッドボールとヒットで1アウト1, 2塁のピンチからビシエド選手にフルカウントからボール気味のチェンジアップにバットを合わせられるとライナー性の打球が野間選手の頭上を越えていきました。

野間選手も少し打球判断を誤ったでしょうか、ビシエド選手のパワーとセンター特有の難しい正面のライナーでしたので経験が必要な打球だったか…丸選手なら取れていたような…そんな紙一重の難しい打球でしたね。

 

1塁ランナーのアルモンテ選手が三塁を回って止まりかけるやや中途半端な走塁を見せますが、中継プレーで菊池選手がサードに送球したのを見て、アルモンテ選手にホームへ。

まずい守備が重なって2点を先制されてしまいます。

 

しかしズルズルいかずに何とかここでジョンソン投手が2点で踏ん張ったのが結果的には大きかった!

今日のジョンソン投手は6回116球5安打5四死球2失点の内容。

1点もやれない展開で慎重になった分だけ球数がかさみましたが、早い回に援護があればもっと長い回を楽に投げられたであろう、そんなナイスピッチングだったと思います。

 

先に失点したのはいただけませんが、5回まで打線に先制のチャンスを残してくれたピッチングは全く責める気にはなれません。

次回は打線が借りを返してくれるはずです。

 

 

 

その打線は先制された直後の6回、先頭からの打順で田中選手がツーベースで反撃のきっかけを作ると菊池選手も内野安打でつないでノーアウト1, 3塁のチャンス。

ここで松山選手が1-1から真ん中高めに甘く入ってきたシュートを逃さず捉えてセンターオーバーの2点タイムリーツーベース。

久しぶりに上位打線に連打が飛び出しすかさず同点!

 

一気に逆転と行きたいところでしたが、ここで鈴木誠也選手、バティスタ選手が連続三振に野間選手がショートゴロ。

どうにも乗り切れない展開でしたが、すぐに同点に追いつけた、このことで勝ちパターンの中継ぎ陣を投入できる展開となりました。

 

7回を今村投手、8回をジャクソン投手。

二人とも登板間隔が空いていましたが、同点のしびれる場面でそれぞれランナーを出しながらも無失点ピッチング。

 

吉見投手に8回まで抑え込まれた打線は9回、これまで6戦6回をわずか2安打に抑え込まれていた鈴木投手から鈴木誠也選手が意地を見せました。

初球のストレート、外を狙ったのが逆球となって真ん中やや内寄りにはいってきたところを逃さずに一閃。

カープファンが大声援で迎え入れるレフトスタンドに放り込んで勝ち越しました。

最後は中崎投手が1点差を逃げ切って2週間ぶりのセーブ。

 

ビシエド選手にまで盗塁を許したり、昨年からほとんど中盤までで降板していた吉見投手に8回まで投げられたり、もう少し何とか…そう思う部分もありましたが、勝ったという事実が何よりも大事。

 

優勝を狙うためには苦手チームを作らないことが絶対の中で、今日負ければドラゴンズ相手に3勝6敗になるところを踏みとどまりました。

ナゴヤドームでとりあえず1つ勝ったことも大きいですが、対ドラゴンズ6連敗を阻止して来週のマツダスタジアムでのドラゴンズ戦の前に余計なことを考えなくて済むのも大きいです。

 

明日は今日休養日だったスワローズに対して、移動ゲームとなるカープがマツダスタジアムで迎えうちます。

何とか今日の勝ちをつなげていきたいですね!

 

 

 

カープ5/18の試合展望

明日からマツダスタジアムに戻ってのスワローズ3連戦となります。

予告先発はカープが九里投手、スワローズはブキャナン投手、2週前の再戦となります。

  

九里投手はここまで7試合に登板、うち2試合に先発して0勝1敗防御率は4.67。

2軍落ちから復帰して初の登板となった5/6のスワローズ戦では7回を投げて1失点の好投。

野村投手が抹消されて不在となった先発5番目の座を自らの手で手繰り寄せて、明日の先発機会を得ています。www.bokuramocarp-blog.com

 

 

日曜日の登板機会が雨天中止となり、今日の試合で登板かと思っていましたがジョンソン投手を中5日で回して、結果を残しているスワローズ戦に九里投手をぶつけましたね。

前回一発を浴びたバレンティン選手を始め、長打には気を付けないといけませんが、前回登板のように内角を上手く使わないとスワローズ打線は抑えられないでしょう。

今回も続けて好投してくれれば先発投手陣にとって、とても明るい兆しになるだけに期待したいですね!

  

一方、カープ打線の相手はブキャナン投手です。

今シーズンここまで7試合に登板、4勝1敗防御率は1.78と不安定なスワローズ先発陣の中で抜群の存在感。

先週のベイスターズ戦でも7回途中3失点で勝利投手となるなど、ここまで7戦すべてでQS達成と素晴らしい安定感を誇っています。

 

カープとは既に2度対戦していて1勝0敗、防御率は1.20。

2週間前にくらった完封負けの記憶は新しいところです。

前回は最後までしてやられましたが、傾向として球数がかさんだ中盤以降に失点するパターンが目立つ投手です。

 

前回と同じ轍を踏まないためにも、当たりがやや止まっているカープ打線ですから、序盤に多少早いカウントで打つのを我慢してでも球数を投げさせる作戦もありだと思います。

比較的相性の良さそうな田中選手が出塁できれば、ブキャナン投手に慎重なピッチングを強いて球数を投げさせることができそうです。

不調にあえぐリードオフマンの意地に期待がかかります。

  

厳しい試合が予想されますが、地元のファンの大声援を力に、何とか勝ちに結び付けて勢いを掴んでいきましょう!

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村