僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/4のカープ 完敗 中田廉の右肩が心配…1軍デビュー長井に光明 ヤクルト戦

5/4のスワローズ戦は0-8でカープが敗れました。

ブキャナン投手に無四球散発5安打で三塁も踏めずに完封負けの完敗。ジョンソン投手も5回3失点とピリッとせず。光明は8回に素晴らしいストレートを投げ込んだ見事なデビューを飾った長井投手。それでも打ち込まれた中田投手の状態が心配です。

 

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
ヤクルト 0 3 0 0 0 0 0 5 X 8 11 0

 

投手情報 

勝利投手 ブキャナン (3勝1敗0S)

敗戦投手 ジョンソン (2勝2敗0S)

セーブ なし

広島 ジョンソン、中村恭、中田、長井 - 石原、坂倉

ヤクルト ブキャナン - 中村

本塁打   荒木2号(8回裏満塁)

 

 

試合感想

今日はあまり良いところなく敗れてしまいました、最後の長井投手は本当に素晴らしかったですが。

ブキャナン投手の術中にはまって球数少なく中盤まで抑えられ、結果連戦のスワローズ中継ぎ陣まで休ませてしまう始末…でも今日はブキャナン投手がお見事でしたね。

それにしても中田投手の右肩が心配です、今日の内容を見せられるとがっかりするというよりも、過去が過去だけに心配する方が先にきてしまいます…杞憂だと良いのですが…

 

投げてはジョンソン投手が5回6安打4四死球で3失点。

寒かったことも影響したのかよく3点で済んだなという内容でした。

少し調子を落とす時期に来ているでしょうか、持ち前の制球力が影を潜めています。

 

失点した2回。

1アウト2塁から廣岡選手を三振に打ち取るものの、石原選手がこのボールを止めきれずにワイルドピッチとなり振り逃げを許したのが響きました。

2アウト2塁と1アウト1, 3塁じゃ雲泥の差ですからね…。

 

中村選手のセーフティスクイズを1点を先制されると、ブキャナン投手にフルカウントから内角へのストレートをレフト線にはじき返されて2点目。

コースにはしっかり来ていたボールでしたが、フルカウントだったこともあり、ストレート一本に絞られていたかのようなスイングでした。

相手が上手く打ったと思いますが、追い込んでからフルカウントにするまでのその前の2球で仕留められなかったのが痛かった。

 

さらに山田選手フォアボールに西浦選手にセーフティバントを決められて満塁とされると青木選手に押し出しのデッドボールで3点目。

その後はピンチを背負いながらも良く粘りましたが、5回3失点で良しとされる投手ではありません。

次回こそは奮起を期待しましょう。

 

続く中村恭平投手は久々の中継ぎ登板。

薮田投手と入れ替わりでロングリリーフ枠としての今シーズン初登板となりました。

結果はピンチを作りながらも2回無失点。

内容は今一つでしたが、このポジションの投手に求められているのはイニングをしっかり稼ぎながら試合を壊さないこと、その役割をきっちりこなしてくれた今日は十分に合格点でしょう。

 

年齢が年齢だけに今シーズン結果を残すことへの想いは人一倍でしょう。

何とかこういった機会で結果を積み重ねていって新境地を開拓してもらいたいものです。

 

そして8回は中田投手、8回の代打からそのまま守備についた坂倉選手とのバッテリーでした。

ナゴヤドームで打ち込まれて以来、約2週間ぶりの登板となりましたが、今日は140km/hそこそこしか出なかったボールの球威もそうですが、特に制球が定まらず。

申告敬遠での満塁策の後に押し出しのフォアボールを与えて、代打の荒木選手に初球のスライダーが肩口から真ん中に入ってくる、まさに典型的な失投を捕らえられてグランドスラムを被弾。

ここで長井投手と交代になりました。

 

今日の内容では登録抹消が濃厚ですが、話はそんな簡単ではなさそうです。

かなり心配なのが2014年に投げすぎて肩を壊した翌年2015年の登板みたいな感じになってしまっていたこと。

昨年はその年以来3年ぶりにカムバックして、素晴らしいストレートを投げ込み、53試合に登板。

元々肩の強い投手ではないだけに、約2週間ぶりの登板で今日の内容ということは、昨年の登板の影響が出ているのかもしれません。

 

前回似たような症状になってから素晴らしいボールを取り戻すまでに丸2年かかった過去があります。

二軍に落として調整すれば状態が上がってくるかもしれないという希望は楽観的かも…そんなことを考えてしまうし深刻な内容だっただけにかなり心配です…

昨年の強みの一つだったブルペン陣の貴重な一人いなくなってしまう、その可能性が現実のものとなったような…杞憂であることを祈ります。

 

その後に出てきた長井投手は今日はかなり良かったです。

坂倉選手との慣れ親しんだバッテリーで思い切って腕を振り、投げたストレートは全て150km/h超え。

ストレートに威力があってスライダーがかなりキレているように見えました。

打者一人ですが、上手くいけば一軍でも十分に戦力になってくれる。

そんな期待を抱かせてくれる素晴らしいデビューでしたね。

制球に難が残るだけに過度な期待は禁物ですが、今日のボールから分かるように三振は十分に奪う力のある魅力的な若鯉がまた出てきたことは嬉しい限りです!

  

 

打つ方は今日は特に書きたいことが出てこない…そんな完敗でした。

ブキャナン投手に有利なストライク判定もあったと思いますが、散発5安打無四球完封負け、三塁すら踏めず。

序盤、積極的に打ちに行ったのは良かったですが2つのダブルプレーもあり、気分よく球数少なくポンポン打ち取られてしまったのが結果的には良くなかったですね。

 

もちろんはまればいつものように流れるような攻撃となりますが、逆にはまると今日のように淡白にも感じられる攻撃となってしまうのが諸刃の剣。

割と中盤以降に捕らえるチャンスが出てくる傾向にあったブキャナン投手との対戦でしたが、今日はそのままスイスイっと最後まで投げ切られてしまいました。

 

まぁ長いシーズンこういうゲームもあるか…そんな感じで開き直るしかない今日の攻撃でした。

明日こそやり返しますよ!

 

  

カープ5/5の試合展望

予告先発はカープが大瀬良投手、スワローズは高卒2年目の梅野投手です。

  

大瀬良投手はここまで5試合先発して3勝2敗防御率は2.64。

先週のタイガース戦は8回途中2失点(自責点1)と今シーズン一番のピッチングを披露。

野村投手離脱の緊急事態で9連戦のチームを助ける気迫のこもった素晴らしいピッチングを披露し、チームを快勝に導いてくれました。

 

昨シーズンスワローズ戦には4度登板して2勝0敗防御率は3.75とまずまずの成績も神宮では2試合に登板して防御率は7.36と嫌な成績が残っています。

特に昨季打ち込まれた坂口選手、バレンティン選手に要注意ですね。

今日の完敗の後だけに、明日の好投に期待がかかります。 

 

対する打線の相手は梅野投手。

石川投手の不調で先発のチャンスが回ってきています。

今シーズンは2試合に中継ぎ登板しており、計1回6失点。

ルーキーイヤーの昨年、既に2度の先発を経験するなどスワローズ期待の若手投手がプロ初勝利をかけて登板してきます。

 

高卒2年目投手ということで安定した制球力はまだありません。

実績のない相手ということで負けられないプレッシャーを背負ってしまう大瀬良投手を少しでも早く援護するためにも、初回の立ち上がりを攻められるか。

一つポイントとして注目したいと思います。

 

そこを逃しても今日と違って期待できるフォアボールを絡めて、プロの世界の厳しさを見せつける、そんな試合にしてもらいましょう!

今日のことは寝て忘れます。

明日は明日で新しい0-0から始まる試合、気合を入れて応援しましょう! 

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村