僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

4/26のカープ 冴えた采配 応えた中継ぎ 投打かみ合い3連勝! DeNA戦

4/26のベイスターズ戦は4-3でカープが勝ちました。

初回幸先よく3点を先行も野村投手がリードを吐き出し同点に。東投手が立ち直ったとみるや5回からスパッと継投策に切り替えた采配が実りました。9回にエルドレッド選手の一発で勝ち越して逃げ切ったカープが敵地3連戦を3連勝です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 3 0 0 0 0 0 0 0 1 4 10 2
DeNA 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 6 0

 

投手情報 

勝利投手 ジャクソン (1勝1敗0S)

敗戦投手 山崎 (0勝1敗8S)

セーブ 中崎 (0勝0敗8S)

広島 野村、アドゥワ、今村、ジャクソン、中崎 - 石原

DeNA 東、山崎 - 戸柱

本塁打   宮本2号(1回裏ソロ)、エルドレッド4号(9回表ソロ)

 

 

試合感想

らしくない継投、4回で野村投手を打席が来たわけでもないのにスパッと代えたとき、率直にそう思いました。 

どうなることかと思って見ていましたが、仮に負けていたとしてもアドゥワ投手が2回を無失点に抑えてくれた時点でこの継投は成功だったと言えるでしょう。

中継ぎ陣の素晴らしいピッチングとエルドレッド選手の凄まじい一振りでこの采配が大成功となりました!

※21:50追記:どうやら野村投手が背中に張りを訴えたため大事をとっての継投ということだったようです…道理でらしくない継投だと思ったわけです…野村投手が離脱ということにさえならなければ結果オーライで済むのですが…祈りながら経過を追いましょう…

 

先発の野村投手はここ2戦の厳しい内容より、今日は良くなっていたと思います…といってもあくまで比較してという話ですが…。

初回に2点、2回に1点失い3点の援護を吐き出してしまいましたが、味方のエラーが絡んだり、打ち取った当たりの飛んだところが不安だったり、良いコースのボールをうまく打たれたりといった感じで取られた点でした。

 

1点目、宮本選手に打たれたホームランは左打者の膝元へのカットボールをうまく打たれました。

2点目、鈴木誠也選手が照明の影響で落球して許したセカンドランナーをショート後方へポトリと落ちるタイムリーで返されました。

ロペス選手は完全に体勢を崩していましたから、勝負としては野村投手の勝ちでした。

 

3点目はフォアボールのランナーを梶谷選手にコースが中に入って来た変化球を上手く流し打たれたのツーベースで取られた点。

この失点は内容が悪かったですが、その後の1アウト3塁、次の回のノーアウト2塁、4回の2アウト2塁とピンチを踏ん張り勝ち越し点は許さなかったところでの交代。

 

中村祐太投手、岡田投手が長いイニングを投げてくれたこと、明日が変則的な休養日であることで中継ぎ陣に少し余裕があったことも早い決断を後押ししたのだと思いますが、東投手が立ち直って次の1点が勝負を分けるような予感を嗅ぎ取ったのではないかと思います。

期待に応えたアドゥワ投手がお見事でしたが、結果的にそういう展開になりましたし、この継投は首脳陣の采配が冴えていました。

 

初めて同点の場面での登板となったアドゥワ投手。

いきなり出してしまった神里選手の盗塁を石原選手が刺してくれたことで相当助かったと思います。

ランナーを許しながらも2回無失点。

初勝利こそお預けとなりましたが、それに値するような良いピッチングでした。

 

その後の勝ちパターン3人もお見事なピッチング。

今村投手、ジャクソン投手が嫌な打順を3人できっちり打ち取ってくれたおかげで最終回の中崎投手が少し楽な下位打線相手に1点を守ることができましたね。

 

その中でも特に良かったのがジャクソン投手。

今日はボールがよく走っていて、狭い横浜スタジアムで嫌な印象のあるベイスターズ自慢のクリーンアップを三者凡退に抑えてくれました。

いよいよ調子が上がってきたか、この勢いが続くと良いですね!

 

 

打つ方では今日も初回から打線がつながりました。

東投手の立ち上がりを逃さず連打とフォアボールでノーアウト満塁と絶好の場面を作ると、4番でスタメン出場の鈴木誠也選手が外角の甘い球をとらえてレフトへの犠牲フライで先制点。

良い当たりでしたが、少しタイミングを外されましたかね。

 

続く松山選手が内角低めの変化球をすくい上げてセンター前に落とすタイムリーで追加点を挙げると、安部選手も内角高めのストレートに差し込まれながらもショート後方へ落とすタイムリーを放ち一気に3点を先制しました。

 

1点差に迫られた2回も田中選手、菊池選手に連打が出てノーアウト1, 3塁で打順もクリーンアップ。

これ以上ない突き放すチャンスでしたがここで無得点だったことで東投手に立ち直るきっかけを与えてしまいましたね…。

 

以降3回から7回までパーフェクトピッチングを食らいます。

8回は意地を見せて攻め立てましたが、ノーアウトからの三振ゲッツーが響いて無得点。

結局東投手からは勝ち越し点を奪えませんでした。

それにしても前評判通り、ボールにキレがあり11三振を喫しました…立ち上がりに点を取れてよかった…

 

7回には高橋大樹選手が2014年以来4年ぶりの1軍での打席を迎えましたがプロ初ヒットはお預け。

競った場面で大事な終盤のイニングの先頭バッターとして代打で打席に入りましたが力んだか、セカンドフライに打ち取られてしまいました。

それでもまだまだ高卒6年目のシーズン。

鈴木誠也選手より高い評価でプロの世界に入った男の今後の巻き返しに期待ですね!

 

1点が重く、中継ぎ陣が踏ん張って迎えた同点の9回。

好投の東投手から代わったベイスターズの守護神、山崎投手から代打のエルドレッド選手が一閃。

真っ直ぐ一本に絞っていたでしょうか、外角低めを狙ったストレートが高く浮いて来たのを逃さずに振り抜くと、打球はぐんぐん伸びてバックスクリーンに飛び込む値千金の勝ち越しソロホームラン。

 

一発長打の恐ろしさを見せつける一発でベンチも大盛り上がり、あのベンチ前での迎え入れ方は良い時のチームの一体感を感じさせてくれました。

投打ががっちりかみ合い、チームが一体となった3戦目。

素晴らしい3連戦3連勝でマツダスタジアムに帰れます!

 

 

 

 

カープ今後の試合予定

ドラゴンズに3連敗を喫して迎えたベイスターズとの敵地3連戦。

終わってみれば勢いを再び完全にひっくり返して3連勝と最高の結果を残したカープ。

衣笠さんも力を貸してくれたのでしょうか。

 

明日の休養日を挟んで土曜日からゴールデンウィークの9連戦に入ります。

最初の6戦はマツダスタジアムでそれぞれタイガース、ジャイアンツと3連戦ずつ。

その後、神宮へ移動してスワローズとの3連戦となります。

 

まずは3連勝の勢いをつなげて、マツダスタジアムで戦える最初の6戦で混戦のリーグを抜け出していく、そんな戦いができると最高ですね! 

 

それにしても嬉しいベイスターズ相手の敵地3連戦3連勝。 

特に今日の試合は去年のCSでやられたような早めの継投で接戦を制しての勝ちですから、これで選手だけでなく首脳陣もやや嫌な印象をも払しょくできたのではないでしょうか。

明日は束の間の休み、嵐の前の何とやらということで9連戦に向けて英気を養いましょう!

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村