僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

4/18のカープ 今年も救世主の中村祐太 3つの明るいニュース ヤクルト戦

4/18のスワローズ戦は3-2でカープが勝ちました。

今シーズン初登板となった中村祐太投手が7回1失点の快投に先制タイムリーも放つ大活躍。4連勝で貯金を今シーズン最多の5としています。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤクルト 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 5 2
広島 0 0 2 0 0 0 1 0 X 3 4 0

 

投手情報 

勝利投手 中村祐 (1勝0敗0S)

敗戦投手 ハフ (0勝2敗0S)

セーブ 中崎 (0勝0敗7S)

ヤクルト ハフ、秋吉、石山 - 中村、井野

広島 中村祐、ジャクソン、中崎 - 會澤、石原

本塁打   廣岡1号(5回表ソロ)、山田哲4号(8回表ソロ)

 

 

試合感想

投げては先発の中村祐太投手が7回118球2安打3四死球1失点の快投を披露。

打っても自身を援護する貴重な先制タイムリーを放ち、投打に大活躍でした。

 

初回、いきなり三者連続空振り三振に切ってとり勢いに乗ると4回までノーヒットピッチング。

 

5回ツーアウトから廣岡選手に外角を狙ったスライダーが抜けて真ん中に入ったところをとらえられ、レフトスタンドに放り込まれましたが、そこで気持ちを切らさず良い投球を続けてくれました。

 

田中選手や松山選手の好守もあり、バックも今シーズン初登板の中村祐太投手を盛り立ててくれましたね。

140km台前半のストレートですがカーブも交えながら緩急を上手く使って、スワローズの各打者がストレートに差し込まれていました。

 

全体的にストライクも先行できていて、見ていて気持ちがいいピッチングでしたね。

これで次週の登板機会を確保したのは間違いないでしょう。

頼もしい先発が1枚加わったのはチームにとっても大きな戦力アップです。

 

そんな快投を見せてくれた中村祐太投手の後を受けて2点リードの8回からはジャクソン投手。

1アウトから川端選手のショートへの当たりは際どいタイミングでファーストセーフの判定。

ここで緒方監督が今シーズンより導入されたリクエスト制度を使って判定の確認を要求。

 

ビデオ判定の結果、判定が見事に覆ってアウトとなり2アウトを奪います。

 

続く山田選手への初球、外角を狙ったストレートがシュート回転もあり真ん中に入ったところを思いっきり引っ張られレフトスタンド上段に運ばれるソロホームランで1点差に。

 

さらに西浦選手にヒットを浴びますが、會澤選手が盗塁を刺してリードを守ります。

 

ホームランはビデオ判定で空いた間が影響しましたかね…とにかくランナーがリクエストでいなくなったため、同点を免れました。

有利になるにしても不利になるにしても判定に納得感が増しますし、とても有意義な制度だと思います。

課題の盗塁阻止で反撃ムードを断ち切れたのも大きかったですね!

 

9回のマウンドには中崎投手。

いきなりバレンティン選手にツーベースを浴び、ノーアウトで一打同点のピンチを迎えますが、後続をピシャリと抑えて進塁も許さずにゲームセット。

 

今シーズン、点を取られてはいますがリードは守り切ってくれています。

鈴木誠也選手がいない影響もあって去年までより僅差の勝ちゲームが多くなっているので、例年エンジンのかかってくる暖かくなる季節までこういう感じでセーブを重ねていけばタイトルも見えてくるでしょう。

とにかく今日は良く中村祐太投手の白星を必死に守り抜いてくれました!

 

打つ方はというと、試合前に鈴木誠也選手昇格の嬉しいニュースが!

2軍戦で全力プレーして足の張りは問題なかったということで上がってきました!

 

今日は出場機会は無かったですが、練習の様子を見ながらまずは代打中心の起用になるのではないかと思います。

それでもベンチに名前があるとないとでは相手に与えるプレッシャーも全然違いますよね。

早く元気な姿を見たいですが、緒方監督も晩年は下半身の怪我に苦しめられた経験もあり慎重に起用してくれるのではないかと思います。

 

シーズン序盤であることに加えてちょうど打線の調子も上がってきたかというところですので、チーム状況も柔軟な起用を可能にしてくれますかね。

とにかく、グラウンドに出てきた際には大きな声援を送りたいと思います!

 

もう一つ明るいニュースが田中選手のスタメン出場。

昨日の右手へのデッドボールの影響が心配されましたが、骨に異常なしということで痛み止めを飲みながらも元気な姿を見せてくれました。

連続フルイニング出場記録もありますし、こちらもまずは一安心ですね。

 

さて、試合はというと今日もハフ投手に苦戦。

2度目の対戦でしたが、どうもタイミングが合わないようでかなり苦労させられました。

 

それでも3回に美間選手のフォアボールと會澤選手のヒットで下位打線がノーアウト1, 3塁のチャンスを作ると中村祐太投手が追い込まれながらも甘く入ってきたストレートを強振。

センター前にライナーで弾き返す先制タイムリーで自らを援護すると、丸選手もレフトへ犠牲フライを放ち2点を先制します。

 

しかしその後はハフ投手の前に6回までセカンドも踏めず…ワンチャンスを生かしたことを褒めるべきなのか、チャンスを作れなかったことを嘆くべきなのか…とは言いながらもハフ投手も上がり気味のカープ打線相手にローテーションを守るために必死のナイスピッチングでしたので、今日は前者、良くワンチャンスを生かした!とまとめておきたいと思います。

 

7回には代わった秋吉投手相手に中村祐太投手の代打のエルドレッド選手がデッドボールで出塁。

田中選手が追い込まれると代走の安部選手がスタート。

これを読んでピッチアウトしたスワローズバッテリーでしたが中村選手のセカンド送球が一塁側に逸れると、何とかの送球にバックアップのセンターも追いつかずに右中間を転々。

 

安部選手が悠々とホームに帰ってきてラッキーな追加点が入ります。

結果的にはこれが決勝点となりました。

ラッキーでしたが足が使える選手がベンチに多くいるからこその得点です。

もちろんラッキーでしたが、打てなくても点は取れる、それを見せつけてくれましたね。

いや、何度でも言いますが本当にラッキーな、試合展開的にも大きな大きな一点でした。

 

中村祐太投手快投、鈴木誠也選手復帰、田中選手離脱回避と明るいニュース3つに加えてこれで4連勝で貯金も今シーズン最多の5。

マツダの大声援をバックに勝てるときに勝つ。

この勢いで上昇気流をしっかり捕まえていきましょう!

 

 

 

 

 

カープ4/19の試合予定

明日のスワローズ戦、カープ先発は岡田投手、スワローズはブキャナン投手です。 

 

岡田投手は今シーズン2度の先発で2勝0敗防御率は2.25。

先週のタイガース戦では6回1失点の好投で勝利投手となっています。

 

不安を抱えての開幕となった岡田投手ですが、いざ幕が明けてみれば2試合続けての好投を見せ、先発投手陣を支える活躍を見せてくれています。

特に先週、4連敗を止めてくれた力強いピッチングはお見事の一言でしたね。

今回は先週と真逆、4連勝中のチームの勢いをつなげていくことが期待されます。 

 

スワローズとは早くも今シーズン2度目の対戦。

2週前は6回2失点とスワローズ打線を抑えました。

好調の今、ボールには十分に力がありますので積極的にストライクゾーンで勝負してもらいたいですね。

 

前回対戦時のようにフォアボールでランナーを貯められてのタイムリーという展開は避けたいところです。

長打力のあるスワローズ打線ですが、今日のようにランナーがいなければホームランを打たれても1点で済みます。

 

岡田投手の3試合続けての好投に期待しましょう!

 

一方打線の相手はブキャナン投手、木曜日の先発を任されていた館山投手が結果を残せなかったこともあり、今回中5日で絶好調の開幕投手をカープにぶつけてきました。

今シーズンは3試合に登板しており、2勝0敗で防御率は1.23。

 

先週のタイガース戦はあわや完封かという快投を披露しましたが、9回に福留選手に痛恨の同点ツーランホームランを打たれて勝敗つかずとなっています。

3試合で計22回を投げ、3失点。

失点はホームランによるもののみで、いまだ相手打線に打ち込まれての失点はありません。

 

ここまでは首脳陣の期待を大幅に上回る投球を披露していると言えるでしょう。

今回は中5日での登板がどう出るかといったところですが、中4日が主流のメジャーを経験している投手ですので中5日自体には苦労しないでしょう。

中6日に合わせた調整リズムが崩れることが影響するのかしないのか。

  

昨年のカープ戦は4戦0勝3敗ながら防御率は2.92。

4度の対戦で3度のQSを達成されており、カープとしては勝ってはいますがあまり打ち崩せている印象はありません。

 

対戦打率5割のエルドレッド選手、4割強の松山選手、.333でヒットはいずれも長打を記録した菊池選手を中心に攻略を図りたいですね。

 

明日も1点の重い展開になる可能性もありますが、今日のようにワンチャンスを生かす、また打てなくても足を絡めて得点を奪う攻撃に期待です!

マツダの大声援を背に上昇気流をしっかり捕まえていきましょう!

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村