僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

4/14のカープ 好守連発これぞプロ野球 采配もお見事! 巨人戦

4/14のジャイアンツ戦は3-2でカープが勝ちました。

丸選手のスリーランでの3点をジョンソン投手の好投で守り抜きました。敵味方双方に好守備が連発したゲームはこれぞプロ野球!そんな風に振り返るのも勝ったおかげですね!

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 7 0
巨人 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 6 0

 

投手情報 

勝利投手 ジョンソン (2勝1敗0S)

敗戦投手 田口 (0勝1敗0S)

セーブ 中崎 (0勝0敗4S)

広島 ジョンソン、中崎 - 石原

巨人 田口、宮國、澤村 - 小林

本塁打    丸5号(3回表3ラン)、ゲレーロ1号(7回裏ソロ)

 

 

試合感想

投げては先発のジョンソン投手が8回104球6安打無四球2失点の好投。

バックの好守備にも盛り立てられてリズム良く投げてくれました。

 

2回にあった1アウト2塁のピンチもしのいで丸選手のスリーランまで失点せず、主導権をしっかり握れましたね。

3回のノーアウト1塁でも田口投手の送りバントが小フライになったところを好フィールディングで少し飛び出した小林選手も刺すダブルプレーで自らを助けました。

 

4回には美間選手が正面に飛んできた痛烈なゴロのバウンドが直前で少し変わって前に止められなかったこともありノーアウト1, 3塁とこの日一番のピンチ。

続くマギー選手にもストライクが入らず、3-0から投じたボールは真ん中付近に入るストレート。

 

この日一番ヒヤッとした場面でしたが、球威が優ってやや詰まらせてセンターフライ。

犠牲フライとはなりましたが、直後にダブルプレーで最小失点できっちりしのいでくれました。

 

目立たないところでしたが美間選手の前向きな姿勢も光りましたよね。

実績に乏しい選手が痛烈でバウンドが変わったとはいえ正面のゴロを止められず、ピンチを広げた直後だけに萎縮しても全くおかしくない場面。

それでもジョンソン投手に一声かけにいって、自らのプレーをひきずらずに5-4-3のダブルプレーに繋げました。

ポテンシャルを十分に感じさせてもらいました。

 

そしてこの後にも好守備を連発。

特に6回先頭の立岡選手の高いバウンドのサードゴロ。

頭上を越えられそうなところを伸び上がったジャンプで捕球すると、ノーステップでファーストへ矢のような送球。

地肩の強さのなせる、これぞプロというファインプレーでした。

ジョンソン投手もノーアウトで俊足のランナーを出さずに済んだのは本当に助かったでしょうね。

 

丸選手のスリーラン以降、4回から7回までチャンスを毎回作るカープですが追加点を取らずに厳しい展開。

7回には失投ではなかったと思いますが、内角へのカットボールをゲレーロ選手に一発を浴びて1点差に。

 

それでも続く1アウト2塁のピンチで中井選手のライトへのライナーを代走から守備に入っていた野間選手がダイレクトキャッチ。

すかさずセカンドへのストライク返球で少し飛び出した吉川選手を刺すダブルプレー。

ここも守備で魅せてくれました。

一打同点のピンチを脱出できたわけですから、大きなプレーでした。

 

継投が続投か難しい判断を迫られた8回でしたが、首脳陣は続投を選択。

試合の流れとして少し不穏な雰囲気も漂うところでしたが、ここを見事に三者凡退に抑えて、今日の好投を更に際立たせてくれました!

この試合展開で8回を投げ切ってくれたわけですから本当にお見事! 

 

9回を投げた中崎投手も今シーズン1番プレッシャーのかかる登板となりましたが、相手1番からの攻撃をパーフェクトピッチング。

投げミスの許されない場面で素晴らしい結果を出し、好試合を好試合のまま終わらせてくれました!

これぞ守護神、頼りになります!

 

打つ方では今日は6番に下水流選手、7番に美間選手を起用。

左の田口投手が先発ということもあったでしょうが、昨日の最終回で結果を出した選手を積極的に起用する采配で少し嫌なムードを払拭しにいきました。

 

初回こそ三者凡退でしたが、得点にこそつながりませんでしたが下水流選手が2回にチーム初ヒットで早速采配に応えましたね。

そして試合が動いたのは3回でした。

 

1アウトからジョンソン投手が変化球を打ってセンターへのヒットで出塁すると、田中選手も田口投手との相性の良さは健在。

センターへのヒットで1アウト1, 2塁とチャンスを作ります。

 

菊池選手がファールフライに倒れて2アウトとなって打席には丸選手。

開幕から打線を引っ張る昨季MVP男が今日もやってくれました。

 

2-1のバッティングカウントから内角へのストレートを振り抜くと打った瞬間それと分かる打球。

丸選手も打った直後に小さくガッツポーズが出た会心の当たりがライトスタンド上段に飛び込みカープが3点を先制しました。

 

田口投手をリズムにのせないうえでも、ジョンソン投手を援護する意味でも本当に大きなホームランでしたね。

今日の出来のジョンソン投手を序盤に3点援護できたのは理想的でした。

 

その後は田口投手の前にチャンスを作るも、坂本選手、吉川選手の二遊間の好守備にも阻まれ無得点。

4番に入るバッターの打率、打点が上がってこないのが現状の心配点の一つなだけに、特に5回の2アウト1, 2塁での松山選手の当たりを攻守で阻まれたのは痛かったですね…。

良い当たりでもタイムリーヒットになるのとただのセカンドゴロになるのでは気分的にも試合の流れ的にも大違いです。

 

今日はカープだけでなくジャイアンツ側にも好守備が見られた本当に締まったゲームでしたね。

課題は明白で追加点を取れなかったことですが、チャンスで良い当たりは出ていましたし、そこまで心配しなくても良いかなとは思います。

 

ただそう言えるのも勝ったからこそ。

打線の状態が再び上向くのを粘り強く勝ちながら待ちましょう。

 

最後にはなりますが今日の試合は首脳陣の采配も光りましたよね。

スタメン起用の下水流選手がマルチヒットに美間選手が好守連発。

野間選手の守備固めもばっちりハマりました。

 

そして継投の判断ミスが命取りになりかねない展開で勇気を持って8回の続投を選択して結果を出しました。

素晴らしい判断、まさに野手も投手もベンチもそしてファンも一丸となって掴み取った価値ある白星、本当にナイスゲームでした!

 

是非ともこの試合を上昇気流を掴むきっかけにしましょう!!

 

  

カープ4/15の試合予定

勢いを明日の予告先発はカープが大瀬良投手、ジャイアンツが野上投手です。

 

大瀬良投手はここまで2試合に登板して1勝1敗。

先週のベイスターズ戦では、6回途中2失点。

5回まで無失点に抑えながらも筒香選手の一発にやられました。

試合はきっちり作ってくれましたが5四球を与えており、少し不安な内容ではありました。

 

 

昨年のジャイアンツ戦は4試合に登板して2勝1敗防御率は3.46とまずますです。

昨年よく打ち込まれたマギー選手に要注意ですね、10-5で5割打たれているのに加えて、うち4本が長打。

ランナーを出してマギー選手を迎える展開が続くと苦しい登板になりそうです。

その前を打つ坂本選手にも良く打たれているだけに、坂本選手を抑えられるかどうかもポイントになりそうですね。

 

対する打線の相手は野上投手。

昨季ライオンズで自己最多タイの11勝を挙げ、オフにFAでジャイアンツに移籍。

今シーズンはここまで2試合に先発して1勝1敗、防御率は5.91です。

 

先週のスワローズ戦では5回5失点とスワローズ打線の勢いに飲み込まれています。

昨年はカープとは交流戦で1度対戦しており、その際は8回途中2失点と好投されながらも、カープ投手陣がライオンズ打線を抑え込み、黒星をつけています。

 

1勝1敗で迎える明日の試合、勝てればこれだけ重苦しかった週、それも敵地6連戦を五分で終えられます。

ジョンソン投手のおかげで中継ぎ陣も明日はフルに投入できる状態です。

 

今日の試合をチーム状態を上向かせる良いきっかけにするためにも、明日の試合は何としても勝ちたい試合、来週の流れまで左右してきそうな試合になります。

総力戦も覚悟で白星を掴みに行く積極的な采配にも期待、試合が楽しみです!

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村