僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

4/6のカープ 理想の展開で野村2勝目 堂林も生き残りへ猛アピール DeNA戦

4/6のベイスターズ戦は7-3でカープが勝ちました。

野村投手が球数少なく8回3失点の好投で中継ぎ陣を温存できました。打っては生き残りをかけた堂林選手が2打点でアピール。理想的な形でカード初戦を取りました。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
DeNA 1 0 0 0 0 1 0 1 0 3 7 0
広島 3 0 0 0 1 1 2 0 X 7 9 1

 

投手情報 

勝利投手 野村 (2勝0敗0S)

敗戦投手 石田 (0勝2敗0S)

セーブ なし

DeNA 石田、国吉、エスコバー、三嶋 - 戸柱

広島 野村、一岡 - 會澤

本塁打   なし

 

 

試合感想

今日は何といっても野村投手が素晴らしかったですね。

 

初回、絶賛売り出し中の社会人ルーキーの神里選手にヒットと盗塁を許してノーアウト2塁の形を作られると2アウト3塁からロペス選手に外のスライダーを泳ぎながらもバットを伸ばされると打球は三遊間へ。

田中選手がダイビングキャッチ、懸命にファーストへ送球、エルドレッド選手も懸命に体を伸ばしますが本当に間一髪でセーフ。

惜しくも先制点を献上してしまいました

 

しかし直後に味方に逆転してもらうと2回から見事に立ち直りました。

5回までシングルヒット一本に押さえ込み、そのランナーもダブルプレーに取ったため、3人ずつでリズム良く、球数も抑えてイニングを重ねていきます。

 

6回には再び先頭の神里選手に許したツーベースをきっかけに内野ゴロ2つで1点を返されますが、7回は再び0に抑えます。

 

味方打線の援護もあり5点差に広がると、今シーズン先発投手最長となる8回のマウンドへ。

さすがに少し疲れたか、犠牲フライで1点を奪われますが、無事にこの回も投げきってくれました。

 

リズム良い投球で打線の援護を呼び込み、8回を102球7安打1四球3失点。

余計なランナーを出さなかったことが8回まで投げられた大きな要因でしょうね。

中継ぎ陣の登板がかさんでいた中で、週の真ん中で今日のように安定したピッチングで長いイニングを投げてもらえたことは本当にチームな取って大きなことです。

チームを救う素晴らしいナイスピッチングでした。

 

最終回を投げた一岡投手もきちっと三人で終えて、明日に向けて良い試合の終わり方もできました。

 

一方のカープ打線。

石田投手の立ち上がり、いきなりタナキクの連打でチャンスを作ると丸選手がフォアボールを選んでノーアウト満塁の絶好機を作り出します。

 

制球の定まらない石田投手を相手にエルドレッド選手がフルカウントから低めのストレートを見逃して押し出しのフォアボールを選んでまずは同点。

松山選手は三球三振に倒れて1アウトとなりますが、なおも満塁の場面で打席に入るのは今シーズン初スタメンの堂林選手。

 

師匠の新井選手の離脱もあって1軍に合流したものの、開幕以来なかなか出番が来ず、出番が来ても代走、そして初打席では送りバント。

外野には同じ右打者の下水流選手がいるだけにまさに生き残りをかけたテストの意味合いが大きい起用でしょうが、それでも巡ってきた初スタメンでの第一打席は絶好のアピールチャンスで回ってきました。

 

結果は…1ストライクからの二球目、真ん中低めの緩い変化球にタイミングを外されひっかけてしまいますが、打球は三塁線へ。

 

サードの宮崎選手が逆シングルで取りに行きますが、難しいバウンドに合わせきれずラストへと抜けていくタイムリーエラーとなり2点を追加。

形はイマイチでしたが、堂林選手の気持ちが打球に乗り移ったのか、ラッキーな形ではありましたが今シーズン初打点が記録されました。

 

その後は石田投手も立ち直り試合が淡々と進んで行きましたが、貴重な追加点は5回。

 

1アウトから菊池選手がフォアボールを選んで出塁するとすかさず盗塁を決め1アウト2塁のチャンスを作ります。

ここで打席には丸選手。

 

フルカウントから内角への速球をコンパクトに振り抜くと打球はライトへのライナー性のクリーンヒット。

開幕からぐいぐい打線を引っ張る好調丸選手の一打で試合の主導権を確かなものとします。

 

直後に一点を返され4-2と試合が動き始めた6回裏には1アウトから安部選手、會澤選手に連打が出て1,3塁のチャンス。

 

野村投手の打席でしたが球数が少なかったこともありそのまま打席へ。

 

2-2と追い込まれましたが送りバントの構えから一塁線へ打球をうまく殺したバントを決めるとその打球を見たサードランナーの安部選手が判断よくホームを陥れ、セーフティスクイズとなり突き放すことに成功しました。

 

7回には1アウト1,2塁のチャンスでまだヒットの無い堂林選手。

ベイスターズ4人目、三嶋投手の甘く入ってきた変化球をきっちりととらえてセンターへ弾き返す痛烈な打球が今シーズン初ヒットとなるタイムリーヒットとなり6-2。

 

今度こそ正真正銘の打点で今日2打点目を挙げると、會澤選手にもレフトへのタイムリーが飛び出し7-2と5点差にリードを広げました。

 

今日も各選手素晴らしい活躍を見せてくれる中で、やはりヒーローインタビューにも選ばれた堂林選手の活躍が光りましたね。

野村前監督の秘蔵っ子として、鯉のプリンスとして注目された姿も少しずつ遠い記憶となっていく中で、サードが難しいとなっても腐らず、努力を積み重ねて外野手としての道を切り開いてつかみ取った今日のお立ち台。

入団してすぐの時期が華々しかっただけに、その後の苦労は並々ならぬものがあったと思います。

 

やはり苦労している選手が活躍するのを見るのは嬉しいものです。

ただ、チーム内での厳しい立場は変わりません。

これからも必死にアピールして、少しずつ自分の居場所を確かなものにしていってもらいたいですね。

期待しましょう!

 

それにしても毎試合、これだけ安定して得点が取れているのはすごいことです。

やや出遅れていた菊池選手の状態も上がり気味ですし、タナキクマルトリオが打線を牽引してくれていますね。

 

チームの状態、何より打線の状態が良いですし、明日もこの勢いで勝てる時に勝って、昨年のベイスターズ戦の嫌なイメージを払拭してしまいましょう!

 

 

 

 

カープ4/7の試合展望

予告先発はカープがジョンソン投手、ベイスターズは新外国人のバリオス投手です。

 

ジョンソン投手は先週のシーズン初登板で7回1失点と素晴らしいピッチングを披露して見事に勝ち投手となっています。

 

去年のベイスターズ戦は3試合に登板して1勝0敗で防御率は2.37。

全体的に不本意に終わった昨シーズンの中で、良い成績を残したと言えるでしょう。

 

ジョンソン投手の場合は相手うんぬんというよりは、先週のような良い時と同じようなボールを投げ込めるか。

先発陣の不安が尽きない中、ジョンソン投手が好調を維持してくれるようだと非常に心強いですね。

 

今日は休めましたが、長いシーズンを見据えると、先発の柱として今日の野村投手、そして先週の自信の投球のように1イニングでも長いイニングを投げてくれることに期待です。

 

  

対する打線の相手はバリオス投手。

ソフトバンクに一昨年、2016年まで4年間在籍し主に中継ぎで活躍した右腕がBCリーグを経てNPBに復帰しています。

 

先週のスワローズ戦では4回4失点で敗戦投手となっています。

制球が定まらず5四死球に6安打を打たれ、あまり良いところなく降板したようですので外国人枠の生き残りもありますし、リベンジに燃えているでしょう。

 

良い時は三振を重ねられる球の強さを持っているだけに、明日はどちらのバリオス投手か。

カード勝ち越して昨年の嫌なイメージを払しょくしたいだけに、早い回での攻略に期待がかかります。

 

明日も勝って景気よくカード勝ち越しを決めましょう! 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村