僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

4/5のカープ 岡田好投! 効果的な一発で今村100Hを勝利で飾る ヤクルト戦

4/5のスワローズ戦は5-4でカープが勝ちました。

投げては岡田投手が6回2失点のナイスピッチング。丸選手の3ランで均衡を破って先制、菊池選手のソロでダメ押したカープが逃げ切り、カード勝ち越しです。また今日の試合で今村投手が100ホールドを達成です、おめでとうございます!

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 0 0 3 0 1 0 1 5 12 0
ヤクルト 0 0 0 0 0 2 0 0 2 4 5 0

 

投手情報 

勝利投手 岡田 (1勝0敗0S)

敗戦投手 館山 (0勝1敗0S)

セーブ 中崎 (0勝0敗3S)

広島 岡田、今村、ジャクソン、中崎 - 磯村、石原

ヤクルト 館山、中尾、近藤、風張 - 中村

本塁打   丸3号(5回表3ラン)、菊池1号(9回表ソロ)、畠山1号(9回裏2ラン)

 

 

試合感想

投げては先発の岡田投手が6回102球3安打3四球で2失点に抑えるナイスピッチングで試合を作りました。

 

5回までは1安打無失点と危なげないピッチング。

何よりもボールに力があり、スワローズ打線を寄せ付けませんでした。

 

6回こそBCリーグを経て育成から今年念願の支配下登録を勝ち取った苦労人の大村選手の気持ちのこもった粘りにあって根負けしたフォアボールから得点を奪われましたが、先発としての役割は十分に果たしてくれました。

 

今日一番印象に残っているのが2アウトからバレンティン選手、青木選手に連続タイムリーを浴びて1点差に迫られ、なお2アウト1, 3塁の場面。

 

坂口選手を打ち取って同点は許さなかった岡田投手も見事でしたが、長いシーズンを見据えて我慢した緒方監督の采配も光りました。

突然崩れることを繰り返していた去年の後半であれば代えられていてもおかしくない場面でしたが、やはり先発として本当の意味で独り立ちしてもらうにはこうした苦しい場面を切り抜けていくことは不可欠です。

 

シーズン序盤の一勝にこだわりすぎず、選手の成長を促しながら勝っていく。

岡田投手には是非これを自信にしてもらって、次回以降も素晴らしいピッチングを期待したいところです!

チームとしても非常に大きい岡田投手のナイスピッチングでした!

 

7回は今村投手。

川端選手への危険球の影響が心配でしたが、完全に杞憂でした。

 

下位打線相手でしたがいきなり三球三振で1アウトを取ると、そのまま三人で抑えてくれました。

中継ぎでの経験が長いだけに気持ちの切り替えがしっかりできていたようで、本当に頼もしい投手です。

 

これでプロ野球史上27人目となる100ホールドを達成、チームへの貢献の勲章が記録という形でも残りましたね。

今後も数字をどんどん伸ばしていってもらいましょう!

 

8回のジャクソン投手は先頭打者にフォアボールを与えて不安を煽られましたが後続を抑えて無失点。

ストレートの制球に苦しんでおり本調子には遠そうですが結果は残してくれています。

 

3点差の最終回は中崎投手。

2アウトから代打の畠山選手にスライダーが高く浮いたところをとらえられて2ランを浴び1点差に迫られますが、最後は鵜久森選手を三振に切ってとり辛くも逃げ切りましたね。

悔しいでしょうが守護神はリードを守りきればOKの気持ちで、切り替えて次戦また抑えてもらいましょう。

 

打つ方では館山投手の前に4回まで3度も得点圏にランナーを進めますが無得点。

特に初回、田中選手のヒットと盗塁で作ったノーアウト2塁のチャンスでランナーを3塁にも進められず無得点。

こういう展開は嫌だなと思っていた通りに館山投手に粘りのピッチングを繰り広げられました。

 

しかし岡田投手の好投に打線が5回、ついに応えます。

岡田投手のヒットをきっかけに作った2アウト1, ま3塁のチャンスで丸選手。

 

館山投手が内角を狙って投じた初球がシュート回転で真ん中やや外に入って来たのを逃さずに流し打つと打球はカープファンの待つ左中間スタンドへ一直線。

去年のMVP男の一振りで一気に3点を先制します。

 

一点差に追い上げられた直後の7回には、1アウト2塁から菊池選手のレフトへのヒットで田中選手がホームに突っ込むもののタッチアウト。

 

チャンスを潰したかと思いましたが、丸選手敬遠ののち、代わった近藤投手はエルドレッド選手、松山選手にストライクを投げれず連続フォアボールでラッキーな押し出しで追加点を奪って2点差に突き放すことができました。

 

一点もらえたから良かったものの、河田コーチから玉木コーチに代わった三塁コーチの影響が今後どうなるか…

もちろん河田コーチも走者をアウトにすることはありましたので今の段階では何とも言えませんが、不安要素の一つであるのは確かですね。

 

最終回にはやや出遅れていた菊池選手にライトへの一発が飛び出しだめ押し点も取れました。

鈴木誠也選手の不在を感じさせない層の厚さがあります。

 

守っても菊池選手の素晴らしいファインプレーを始め、ノーエラーで今日は投手陣を盛り立ててくれましたね。

 

最後は1点差と結果的には7回、9回の追加点が大きくものを言いました。

取れるときに取る、今後も打線には大いに期待させてもらいましょう!

 

 

 

 

カープ4/6の試合予定

明日からカープはマツダスタジアムに帰ってベイスターズとの3連戦です。

予告先発はカープが野村投手、ベイスターズは石田投手です。

 

野村投手は初の開幕投手を任された先週の登板で6回3失点と試合を作り、勝利投手となっています。

逆転を許した直後に味方が再逆転をしてくれて白星が転がり込みました。

 

去年のベイスターズ戦は6試合に登板して3勝1敗で防御率は3.00。

得意とまでは言えませんが、白星は稼いでいますので良い印象は持っているのではないでしょうか。

 

去年打ち込まれたのは倉本選手、ロペス選手、筒香選手の3選手。

逆にこの3人以外はかなり抑え込んでいます。

当たり前のことではありますが筒香選手、ロペス選手の前にランナーをいかに出さないかがいつも以上に重要なポイントとなってきそうですね。

 

対する打線の相手は石田投手。

先週の開幕戦では5回5失点で敗戦投手となっています。

昨年のカープ戦は2戦2勝で防御率は3.46とカープからみると少し嫌な成績が残っています。

昨年のCSファイナルでは初戦、5戦目と2度対戦し、5回3失点、1回2失点とカープ打線が何とか石田投手を攻略しました。

 

昨年のCSで攻略した時のように、田中選手、丸選手の上位打線の左打者に期待がかかります。

 

ベイスターズ打線は調子が上がっておらず、チームとしても乗り切れていませんが地力のあるチームです。

眠っている打線を起こすことのないよう、まずは初戦を取ってカード勝ち越しを目指しましょう!

 

球団初のリーグ3連覇へ、明日も一戦一戦、チーム一丸で頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村