僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

10/20のカープ 野手陣の焦り 拙攻祭りに相手投手タイムリーで痛恨極まる0-1 DeNA戦

10/20のカープ試合速報です、ベイスターズ戦は0-1でカープが敗れました。

ジョンソン投手は2回、2アウトから下位打線に連打を許すと井納投手にライトへのタイムリーを許し先制を許します。追いつきたい打線は2回、3回、6回と得点圏にランナーを出しますがあと一本が出ずに無得点。5回、7回、8回と再三先頭打者も出しますがいずれもバント失敗に併殺などで得点圏にランナーを進められず…。投手陣の踏ん張りに野手陣が拙攻の連続で応えられず連敗。2勝2敗のタイとなっています。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
DeNA 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 8 0
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0

 

投手情報 

勝利投手 井納 (1勝0敗0S)

敗戦投手 ジョンソン (0勝1敗0S)

セーブ 山崎康 (0勝0敗1S)

DeNA 井納、三上、砂田、須田、エスコバー、パットン、山崎康 - 嶺井

広島 ジョンソン、今村、一岡、ジャクソン、中崎 - 石原、會澤

本塁打   なし

 

試合概要

試合はジョンソン投手、井納投手の先発で始まります。

 

初回、ジョンソン投手は1アウトから梶谷選手にヒットを許すもロペス選手を外角のチェンジアップでショートゴロダブルプレーに打ち取り無失点で立ち上がります。

一方、カープは2アウトから丸選手がフォアボールで出塁しますが、今日4番に入ったバティスタ選手が空振り三振に倒れてこちらも無得点に終わります。

 

 

 

2回のジョンソン投手は2アウトから嶺井選手に粘られ2-2からの7球目、内角低めのカットボールをセンターに運ばれると、続く柴田選手には外角低めボール気味のカーブをバットの先でレフトへ落とされ、1, 2塁のピンチを迎えます。

打席には井納投手。

 

1-1からの3球目、低めやや内よりのストレートを押っ付けられると打球は菊池選手のジャンプ届かずライト前に落ちるタイムリーとなり、痛い形で先制点を許します。

 

なおも2アウト1, 3塁と続いたピンチは倉本選手をサードライナーに打ち取り凌ぎますが今日もベイスターズに先制点を許します。

 

 

 

追いつきたい打線はその裏、先頭の松山選手がシリーズ初ヒットとなるツーベースを粘って11球目の低めのフォークに食らいついて放ち、ノーアウト2塁のチャンスを作ります。

エルドレッド選手は2-2からストレートを打ち上げライトフライに倒れますが、続く西川選手は勝負してもらえずストレートのフォアボールで1アウト1, 2塁。

 

打席の石原選手は2-2から内角低めボール気味のストレートを打つもボテボテのサードゴロ。

これがダブルプレーとなり、一気にチャンスを逸します。

 

3回のジョンソン投手は1アウトから梶谷選手に内野安打を許すと、続くロペス選手にはストレートのフォアボールを与え1, 2塁のピンチを招きます。

さらに筒香選手はフルカウントから外角のカットボールで内野ゴロを打たせますが飛んだところが悪くセカンドへの内野安打となり満塁と追加点のピンチが広がります。

 

打席には宮崎選手。

1-2からの4球目、内角低めのストレートでサードゴロに打ち取るとホームゲッツーでこのピンチを凌ぎます。

 

反撃に出たいカープはその裏、1アウトから田中選手が3-1から甘く入ったストレートをとらえてツーベースを放ちチャンスを作ります。

 

ここで菊池選手は内角ストレートを打ち上げレフトフライ。

丸選手も外のカーブを引っかけファーストゴロに倒れて1点を取ることができません。

 

ジョンソン投手が4回、5回と調子を上げ三者凡退に抑えると打線は5回の裏。

先頭の西川選手が高めに浮いたフォークを捕らえてライトへのヒットで出塁します。

石原選手は送りバントの構え。

初球、高めのボール球をファールとすると、2球目の低めのボール球のフォークに空振り。

最後は高め、またもボール気味のストレートをファールとして痛恨のスリーバント失敗。

 

ランナーを送ることができずに代打は天谷選手。

ここで西川選手がスタートを切りますが盗塁失敗、天谷選手も高めのストレートにハーフスイングで空振り三振に倒れちぐはぐな攻撃が続きます。

 

6回表を今村投手が三者凡退に抑えると打線はその裏。

1アウトから菊池選手、丸選手にようやく連打が飛び出し、1アウト1, 2塁のチャンスを作ります。

ベイスターズはここで三上投手に交代。

 

バティスタ選手は1-1からの3球目、内角スライダーを打ち上げセカンドフライに倒れると、松山選手は代わった砂田投手からフォアボールを選んで2アウト満塁とチャンスを広げます。

エルドレッド選手を迎えたところでマウンドには須田投手。

その初球、高めのボール気味のストレートに手を出すとレフトフライに倒れ、ここも得点を奪うことができません。

 

7回を一岡投手が三者凡退に抑えるとその裏のカープは先頭の西川選手がエスコバー投手から追い込まれながらも粘って1-2からの7球目をレフトへ落とし出塁。

ここで石原選手はまたも送りバントの構え。

初球、ど真ん中のストレートを転がしますが、打球がしにすぎキャッチャーがセカンドに送球。

ファーストもアウトとなり最悪のダブルプレーとなり一気にチャンスがなくなります。

 

8回のマウンドにはジャクソン投手。

1アウトから桑原選手に外のスライダーをひっかけさせますが、田中選手が突っ込み切れずに待って捌いたことでファーストは際どいタイミングでしたがセーフの判定。

内野安打で出塁を許すと初球に盗塁を決められ1アウト2塁のピンチを迎えます。

 

梶谷選手をフルカウントから外角へのスライダーでファーストゴロに打ち取ると2アウト3塁でロペス選手。

3-1からやや外寄りの甘く入ったスライダーでヒヤリとしますがレフトフライ。

何とか1点差で食らいつきます。

 

その裏、カープは続投するエスコバー投手から田中選手がフォアボールを選んで出塁。

同点のチャンスを作ったところでベイスターズはバットン投手にスイッチ。

1-1からの3球目、バントの構えから外のストレートを強行しますが、これがセカンド柴田選手の真正面への強い当たり。

最悪のダブルプレーとなりチャンスがまたしても一瞬で潰えます。

 

9回のマウンドには中崎投手。

1アウトから宮崎選手に9球目の内角高めのシュートをレフトへ打たれて出塁を許しますが嶺井選手をピッチャーライナーに走者戻れずダブルプレー。

ラッキーな形で無失点で凌いで最後の攻撃へ。

 

最終回の攻撃はバティスタ選手から。

内角低めのシュートを捕らえますが宮崎選手の好守に阻まれ1アウト。

続く松山選手が低めのツーシームに空振り三振に倒れると最後はエルドレッド選手が高めのストレートに空振り三振でゲームセット。

 

拙攻に次ぐ拙攻で1点も取れなかったカープは昨日に引き続きリードを奪う場面なく敗れて2勝2敗となっています。

 

 

 

 

試合感想

 

ただただかみ合わずにフラストレーションのたまる試合でしたね…

 

ジョンソン投手は立ち上がり不安定でしたが持ち直して5回1失点。

2回は2アウトから下位打線に3連打を浴びたのはいただけませんが、そこまで責めることはできません。

もちろん短期決戦で先制点を、相手投手のタイムリーで許してそれが決勝点になってしまったわけですから印象はそこまで良くないですが、それでも4回以降立ち直って勝つチャンスは十分に作ってくれました。

 

その後は今村、一岡、ジャクソン、中崎各投手が1回ずつを無失点リレー。

投手陣は今日はこれ以上は望めない、そんな素晴らしいリレーを見せてくれました。

 

 

 

今日は打つ方のちぐはぐさが極まってしまいました…

特に石原選手が大ブレーキ。

2回1アウト1, 2塁で強行してサードゴロダブルプレー。

 

5回ノーアウト1塁ではボール球3つに手を出してバント失敗。

7回ノーアウト1塁で送りバントを試みるも打球を殺しすぎてキャッチャーゴロダブルプレー。

 

2回の場面はまだ仕方ないですが送りバントの場面で3つもアウトを献上してはそこで流れが寸断されました。

特に采配面で物議を醸すであろう7回の場面。

 

シーズン中から送りバント失敗が目立っていた石原選手。

今日も既にミスをしていただけに代打で確実に送る選択肢は確実にあったと思います。

残念ながら今の石原選手は視力が衰えてなかなかボールを捕らえられない状態なのではないでしょうか。

 

短期決戦では送りバント1つでも終盤の1点差の場面だっただけに大事に言ってほしいところではありました。

もちろんベンチ入り野手も限られているわけですから送りバントくらいは…という気持ちは分からないではないのですが…

これで残念ながら今後のシリーズ中の石原選手のスタメンマスクはかなり厳しくなったでしょうね。

 

しかし石原選手だけではありません。

得点圏にランナーを進められた場面で、あれだけ意識を持って取り組んでいる進塁打が出ませんでした。

2回のノーアウト2塁ではエルドレッド選手が打ちあげ、3回の1アウト2塁では菊池選手が打ちあげ、6回の1アウト1, 2塁ではバティスタ選手が打ちあげ…。

 

チャンスを作れそうで作れなかった、作ったチャンスであと一本が出なかったのはもちろんですが、それ以上に打線がかみあっていない、つながっていない状態です。

 

8回の菊池選手のバスターは打たせるのであれば田中選手に勝負して走ってもらいたかったところです。

走っていれば良い当たりだっただけにセカンドの逆をつけて1アウト2塁は最低でも作れていたでしょうし、上手くいけば抜けていたような当たりでした。

 

まぁ何を言っても結果論。

当たっているバティスタ選手の打順を挙げて4番に入れたりエルドレッド選手を起用したりと状況を打開しようとする手は見えましたが、結果につながりませんでした。

 

今日は流れが本当に悪かった、そう割り切るしかないのかもしれませんが、1点差ゲームでベンチに新井選手や野間選手を含めて野手を6人も残しての負けだけに采配面に疑問が飛んでも不思議ではありません。

 

結果論はあまり好きではありませんが短期決戦だけに7回のノーアウト1塁の場面でもっと選手を注ぎ込むべきでした。

勝負の場面はもう一度くるだろうという判断も8回にノーアウト1塁を作れたわけですから間違いではなかったですが…

 

いかんせん消化不良の試合となってしまいました。

 

ここからはカープの先発の力が落ちるのに対してベイスターズは今永投手、ウィーランド投手がきます。

勝敗はタイ、地元の利があるとはいえ打線は本来の調子とは程遠く、完全に五分、もしくはやや不利くらいの情勢でしょう。

とにかく明日の試合は先制点を何としても奪うこと。

序盤でも先制点を取られれば負ける、序盤から前進守備を敷くくらいの気持ちでいかないと一気に飲み込まれかねません…

 

10/21の試合展望

予想先発はカープが大瀬良投手、ベイスターズは今永投手です。

 

大瀬良投手は今シーズン24試合に先発し10勝2敗、防御率は3.65の成績を残しました。

ベイスターズ戦は3試合に登板して0勝0敗、防御率は3.00と相性は悪くなさそうです。

 

防御率はそこそこですが、対戦被打率を見ると.203とかなり良く抑えています。

その一方で被本塁打が3本。

明日はいかに長打を防ぐことが出来るかがかぎになりそうですね。

 

8-3と打たれたロペス選手、ホームランを打たれている筒香選手。

この二人が特に要警戒でしょう。

 

レギュラーシーズンで敗戦投手になることが少なかった勝ち運を発揮して流れを変えてもらいたいところです、期待しましょう!

 

対する打線の相手は今永投手でしょうか。

今シーズン24試合で先発、11勝7敗防御率は2.98の成績を残しました。

カープとは6試合で対戦し、1勝2敗で防御率は3.52。

可もなく不可もなくといったところでしょうか。

 

特に期待がかかるのは田中・松山そしてバティスタ選手です。

4割を超える対戦打率を誇り、出塁率も5割に迫ろうかという成績を残している田中選手。

11-5でツーベース2本、ホームラン1本の松山選手。

5-3と対戦回数は少ないもののホームランを2本も放っているバティスタ選手。

この3選手が活躍しないようだと、他の選手の調子を見ても苦戦しそうですね。

 

エルドレッド選手は9-0と打てていないのに加えて今日も結果が残せませんでしたので明日は新井選手が先発に戻りそうです。 

石原選手は5-2と相性は良さそうですが今日の結果を見ては怖くて使えないような気もします。

ここで思い切って再度使うようであればそれはそれで面白いとは思いますが…。

スタメンマスクにも注目です。

  

短期決戦に加えて打線の調子が上がってこないだけに、とにかく先制点が本当に重要です。

2試合一度もリードを奪えておらず、カープファンで埋め尽くされたスタンドの大声援の後押しを受け切れていません。

 

主導権さえ握れれば狂っている打線の歯車もまたかみ合ってくるはずです。

ただでさえ打てていない打線に余計な焦りを抱え込ませないためにも、大瀬良投手に先制点を死守してもらわないといけません。

 

苦しいですがとにかく粘り強く守る時は1点でも少なく、攻めるときは泥臭く1点ずつ。

切り替えて一生懸命もがいているカープを応援しましょう!

 

日本一に向けて、ファンも含めてチーム一丸で一戦一戦頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング