僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

雨天強行 クライマックスシリーズ日程面の課題が浮き彫り 解決策は?【閑話休題】

昨日のタイガースとベイスターズの試合はシーズン中であれば迷うことなく中止になったであろう降りしきる雨の中での試合となりました。

今日はその判断の裏にあったクライマックスシリーズの開催ルールと現状の課題について徒然と書いていきたいと思います。 

 

 

 

ご存知の通り、クライマックスシリーズのファーストステージは3試合制です。

引き分けを除いた勝利数が同じ場合はシーズンの上位球団が勝ち抜けと定められています。

また、現状では予備日は1日のみ、所定の試合数が消化できなかった場合にはその時点での勝ち星に基づいて勝ち抜け球団が決まります。

 

昨日は初戦にシーズン2位のタイガースが勝利して迎えた試合でした。

天気予報としては昨日よりも今日の方が中止になりそうな天候(そして案の定、今日は試合開始3時間前に早々に中止が決まりました)。

仮に昨日試合を行わずに2日続けて中止だった場合には、セリーグはダブルヘッダーは行わない旨、明記されていますので、あと1戦しても悪くても1勝1敗にしかならないタイガースの勝ち抜けがファーストステージ初戦の1戦のみで決まっていたわけです。

 

 

  

 

こうした事実から考えるとベイスターズファンはよくぞ強行してくれたという気持ちではないでしょうか。

 

試合の開催を決定したセ・リーグもCSのルール上、中止の判断がファイナルステージ進出の結果に直結するだけに、できるだけ試合を開催するのが基本線だったことを認めています。

また一番批判を浴びかねないのは試合を強行しての降雨コールドゲーム。

これを避けるためにやるからには9回までが基本線だったことも併せて言及しています。

 

それにしても昨日の試合はこれまであまり見たことがないほど異常なグラウンド状態での試合でした。

その状態は試合開始前に投球練習していたタイガース先発の秋山選手がプレーボール前に土の入れ替えを要求するほど。

好守が入れ替わるたびにマウンドには土が入れられました。

 

選手に大きなけがが出なかったようなのがなによりですが、通常ならファールになりそうな打球が泥に絡まってヒットになったり、痛烈なヒットになりそうな打球が一気に失速して凡打になったり。

選手がぬかるんだグラウンドに足をとられるような場面もあったようですので、大きなけがにつながらなかったことが本当に良かったです…。

 

グラウンドの状態を9回まで何とか試合ができる状況に維持した阪神園芸の技術が称賛されていますが、その阪神園芸の施設部長でさえ今までに経験がないくらいの天候だったと語っています。

そのプロの技術と判断力は称賛されてしかるべきだと思いますが、そうしたでも試合を強行するという判断に至らしめた現状のルールに問題があるのは間違いないでしょう。

 

 

  

1試合のみでファイナルステージ進出が決まるというのはファンにとって消化不良になるだけでなく、1試合につき主催するタイガース球団にも2億円以上の興行収入が入るともされる損失も図り知れません。

 

ダブルヘッダーを解禁すればよいという意見、現状はファイナルステージ開始まで予備日が1日しかとられていないことから、それを2日にすればよい(以前は2日ありましたのでそれを戻せばよい) という意見もあります。

 

個人的には優勝チームの優位性はこれ以上損なう必要がないと思っていますので、まずやるべきはダブルヘッダーの解禁、それでだめなら2位チームの勝ち抜けやむなしという立場です。

 

やはりシーズン優勝にはそれだけの価値がありますし、価値を持たせないといけません。

そもそも予備日が2日から1日になったのは下克上がなされ、シーズン1位のチームの優位性が足りないという議論から端を発しています。

シーズン下位球団には下克上のチャンスが与えられているわけですから、予備日を2日に戻すのではなく、そこは線を引くべきという立場です。

 

ただ、規定の試合数を消化できずに勝ち抜けが決まるのも消化不良感が半端ないと思いますので、ダブルヘッダーだけでなく、天候回復まで試合開始時間を何時間でも遅らせることを検討しても良いと思います。

 

とにかく、どちらが勝っても消化不良感の残ってしまう、また何よりも選手の負傷につながりかねない昨日のようなコンディションで試合を決行するのは反対、予備日を2日に戻すのも反対。

それ以外にできることがあればやるべきという立場です。

 

カープはというと、クライマックスファイナルステージでも同様の事態が起きかねないことから室内練習後、雨のマツダスタジアムでグラウンドに出て1時間ほどノックをしたそうです。

雨が目に入ったりもするし照明の感じも変わることから、やらずに公開するよりはやった方が良いとのことで実施に至ったのだとか。

 

実際現状は初戦、2戦目と雨の可能性があるようですので、備えあれば憂いなしというやつでしょうか。

とにかく天候のせいで選手がケガをして後味の悪くなる最悪の結果だけは避けてほしいところです。

 

いよいよ2日後に迫ったクライマックスシリーズファイナルステージの開幕が今から楽しみですね!

 

日本一へ向けて、チーム一丸で一戦一戦頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング