僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

9/18阪神戦展望 野村2桁と連覇の達成へいざ甲子園 今後のカープ、タイガースの日程も確認

9/18のタイガース戦の予告先発投手が発表されましたので試合展望を更新しました。

今日は台風の影響でマツダスタジアム、甲子園共に雨天中止となり今回のマツダスタジアム5連戦での地元胴上げの機会を逸した形になってしまったカープ。

それでも連覇に向けてマジック1と、あと一歩まで迫ってきているのは変わりません。

 

明日は甲子園でタイガースと直接対決、勝つか引き分けるかで優勝が決まります。

 

 

明日の試合の予告先発はカープが野村投手、タイガースはメンドーサ投手です。

 

 

野村投手はここまで23試合に先発し、9勝5敗で防御率は2.95。

先週のベイスターズ戦では地元優勝に向けてマツダでの5連戦の緒戦を任されましたが5回3失点で敗戦投手となってしまい、シーズン2桁勝利は持ち越しとなっています。

 

タイガース戦は今シーズン4戦2勝1敗ながら防御率は5.73と打ち込まれています。

また、8月以降打ち込まれる、もしくは得点は与えなくても毎回のようにピンチを背負うピッチングが続いており、なかなか上がり目が見えてこない状態です。

 

それでも緒方監督は明日の優勝のかかった一戦で大瀬良投手のスライドではなく、野村投手に任せる決断を下しています。

この裏にあるのは今シーズン先発投手陣を支え続けてくれた野村投手への信頼でしょう。

この決断を英断に変えられるか、それとも批判の対象となってしまうのか。

全ては野村投手の右肩にかかっています。 

 

対するタイガース打線ですが、上本選手、糸井選手の2番・3番が当たっています。

その後を打つ選手たちのバットが特別当たっているというわけではなさそうですが、ここで何度かピンチを作らされる展開は覚悟しておいた方が良さそうです。

 

カープ戦で嫌なところで打たれている福留選手、鳥谷選手の両ベテランを抑えられるかどうかが一つ見どころになってきそうでしょうか。  

 

 

カープ打線の相手はメンドーサ投手です。 

8月下旬に日本ハムからタイガースに移籍してきた助っ人投手を明日の試合に起用してきました。

タイガースではここまで2試合に先発し、7回4失点と5回3失点で0勝1敗。

大崩れはしていませんが、これといった好投も見せていません。

 

日本ハムでの移籍前の成績は20試合に登板してうち17試合で先発、3勝7敗で防御率は3.97。

タイプ的には打たせて取るピッチャーで守備のあまりよくないタイガースとの相性もそれほど良くはないような気はします。

 

 

攻略するチャンスは十分にありそうです。

 

 

 

 

 

今後5日間のカープ、タイガースの試合日程は以下の通りです。

 

9/18 直接対決(甲子園)

9/19 試合予定なし 

9/20 カープ- 試合無し タイガース- 巨人戦(甲子園)

9/21 直接対決(マツダ)

9/22 カープ- 巨人戦(マツダ) タイガース- 試合無し 

 

明日の試合でもし負けてしまうと、9/20に試合のないカープがタイガースが負けることにより優勝が決まる、そんな展開もありえます。

 

甲子園のあとは9/21, 22, 23とまたマツダスタジアムでタイガース、ジャイアンツとの試合はありますが、地元胴上げを見たい気持ちと、早く優勝を決めて主力選手たち、とくに疲労のにじむ中継ぎ陣にクライマックスシリーズに向けて調整してもらう余裕を得たい気持ちと半々といったところでしょうか。

 

選手たちはこれまで通り全力で明日の試合を勝ちにいくでしょう。

それであれば、ファンとして、全力で戦う選手たちを応援するまでです。

 

あと1歩に迫った連覇への道のり、きっちり見届けたいと思います!

ファンも含めてチーム一丸、一戦一戦明日も頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 


広島東洋カープランキング