僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

9/10のカープ 大瀬良3年ぶり2桁に王手 次週地元5連戦での連覇達成へ一直線 中日戦

9/10のカープ試合速報です、ドラゴンズ戦は4-3でカープが勝ちました。

カープは初回エラーをきっかけに先制を許すと、安部選手のタイムリー内野安打で同点に。しかし直後に大瀬良投手が勝ち越しを許すと、さらに6回に追加点を許し2点ビハインドの展開に。チャンスを逃してきた打線は7回、松山選手の一振りで同点に追いつくと、その後も2アウトから代打の西川選手のタイムリー内野安打で勝ち越し。このリードを勝ちパターン3投手の継投で守り切ったカープが9連勝でタイガースの試合前にマジックを5としています。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 0 1 0 0 3 0 0 4 10 1
中日 1 0 0 1 0 1 0 0 0 3 8 0

 

投手情報 

勝利投手 大瀬良 (9勝2敗0S)

敗戦投手 又吉 (6勝3敗0S)

セーブ 中崎 (4勝1敗6S)

広島 大瀬良、一岡、今村、中崎 - 磯村、石原

中日 小笠原、岩瀬、又吉、田島 - 武山

本塁打   松山12号(7回表2ラン)

 

試合概要

試合は大瀬良投手、小笠原投手の先発で始まります。

 

カープは初回、三者凡退で攻撃を終えると大瀬良投手の立ち上がり。

先頭の京田選手のサードゴロを安部選手がファンブル、出塁を許すと1アウトから遠藤選手の打席で磯村選手がフォークをパスボールで2塁にランナーを進めてしまいます。

遠藤選手には1-1からの3球目、低めのフォークをバットの先で拾われレフト前に落とされるタイムリーヒットで先制を許します。

 

反撃にでたいカープは3回。

先頭の磯村選手が外のストレートを流し打ち、ライトへのツーベースでチャンスを作ります。

しかし大瀬良投手のバントがフライとなり1アウトとなると田中選手はファーストゴロで2アウト3塁。

菊池選手がレフトフライに打ち取られ、同点のチャンスを逸します。

 

大瀬良投手が3回まで無失点で1点差で粘ると打線は4回。

 

 

 

先頭の丸選手がフルカウントからの7球目でフォアボールを選んで出塁すると、小笠原投手のワイルドピッチでセカンドへ進みノーアウト2塁のチャンスを作ります。

松山選手のセカンドゴロの間に1アウト3塁とチャンスを広げると、エルドレッド選手はフルカウントから内角高めのストレートを見逃しフォアボールで1, 3塁。

 

さらに小笠原投手のこの回2つめのワイルドピッチで2, 3塁とすると、安部選手が3-1から外角高めのストレートをたたきつけ、高いバウンドでのショートへのタイムリー内野安打となりカープが同点に追いつきます。

 

なおも1アウト1, 3塁のチャンスでしたがバティスタ選手が高めのストレートを打ち上げファーストへのファールフライに倒れると、磯村選手が敬遠気味に歩かされ満塁で大瀬良投手。

 

ここは外のチェンジアップで三球三振に打ち取られ、逆転はなりません。

 

その直後、大瀬良投手は1アウトから藤井選手にレフトへのツーベースを浴びると、松井選手に1ボールから高めのストレートをライトへはじき返されるタイムリーヒットですぐに勝ち越し点を許します。

 

反撃に出たい打線は5回、2アウトから丸選手、松山選手が連打で1, 2塁のチャンスを作りますが、エルドレッド選手が外角高めのストレートで空振り三振を喫し、チャンスを逸します。

 

さらに6回、バティスタ選手、大瀬良投手のヒットで2アウト1, 2塁のチャンスを作ると、田中選手がフォアボールを選んで満塁と攻め立て打席には菊池選手。

2-2からの6球目、外角高め、ボール気味のストレートに手が出て空振りの三振。

チャンスを生かせません。

 

するとその裏の大瀬良投手。

先頭の福田選手にヒットを許すと、続く藤井選手のサードゴロの間に進塁を許して1アウト2塁。

2アウトから高橋選手にフルカウントからの7球目、内角高めのストレートで詰まらせますがレフトへのタイムリーツーベースとなり、1点を追加され1-3と2点差に広げられてしまいます。

 

反撃に出たい打線は7回。

岩瀬投手を相手に先頭の丸選手がフルカウントから高めのスライダーを見送りフォアボールを選んで出塁すると打席には松山選手。

初球の内角へのスライダーでした。

 

得意のコースを上手く回転して拾い上げると、打球はライトポール際、スタンド中段に飛び込む同点のツーランホームラン。

4番の一振りで試合を振り出しに戻します。

 

代わった又吉投手から1アウトから安部選手がフォアボールを選んで出塁すると、2アウトから代打の岩本選手がセンターへのポテンヒットで1, 3塁とチャンスを広げます。

打席には代打の西川選手。

2-2からの6球目、高めのスライダーをたたきつけると、ピッチャーの頭上を越えてセカンド前へ。

 

亀澤選手が捕球しますが、ファーストは無理と踏んで体をひねって2塁フォースアウトを狙いますが、岩本選手の足が一瞬早くセーフ。

タイムリー内野安打でカープが4-3と1点リードに変わります。

 

なおも田中選手がフォアボールを選んでこの日3度目の満塁と攻め立てますが、菊池選手が1-2から高めのボールのストレートに手が出て空振り三振。

さらに突き放すチャンスは逃しますが、この回3点を奪い、試合をひっくり返します。

 

その裏のマウンドには一岡投手。

1アウトから京田選手にレフトへのツーベースを許し同点のピンチを迎えると、亀澤選手には甘く入ったカーブを捕らえられセンター返し。

痛烈なライナーでしたが、一岡投手が何とかグラブに当てて、打球はセカンド菊池選手の正面へ。

これで2アウト3塁とすると、最後は遠藤選手を外角フォークで一塁線への高いバウンドのゴロ。

 

これを一岡投手が捕球し、体を投げだしながらファーストへ送球。

これが間一髪アウトとなり、何とか1点を守ってつなぎます。

 

8回は今村投手が内野ゴロと三振2つで三者凡退に抑えると最後は中崎投手も内野ゴロと三振2つで三者凡退に抑えてゲームセット。

 

今日も逆転で1点差を逃げ切ったカープが破竹の9連勝で、タイガースのゲーム前ですがマジックを5としています。

 

 

試合感想

今日も打線は3回以降、小笠原投手から毎回のようにチャンスを作りながらもあと1本が出ない苦しい展開で2点ビハインドで終盤へ。

しかし、松山選手の一振りでそれまでの重苦しい雰囲気を帳消しにしてくれました。

本当に4番に入ってから、特にこの9連勝中、当たりが止まりません。

 

今日も3安打2打点、打率も序盤の不振や登録抹消が響いて規定打席到達は絶望的ではありますが、.330目前まで来ています。

得点圏でも非常に勝負強く、打点は69まで伸びてリーグトップ10入り。

このままの調子で連覇まで突っ走ってもらいたいですね。

 

打つ方では調子の上がってこない丸選手も1安打ながら2四球と持ち前の出塁率を生かして2得点。

好調松山選手の前に出塁し、得点力を高めるのに一役買っています。

 

菊池選手の状態が心配ですが、連覇を達成するまでは体に鞭打って出場を続けるのでしょう。

今、休めというのも酷ですが、取り返しのつかない事態だけは避けてもらいたいところです。

 

 

 

投げては大瀬良投手が6回106球7安打1四球3失点で最低限試合は作って、打線の援護のおかげで9勝目。

先発で二けた勝利に王手をかけています。

 

初回の先制点、同点直後の勝ち越し点、6回の中押し点と取られ方は良くなかったですが、いずれも最少失点で粘ったことが勝ちにつながりました。

抹消前と比べても内容は少し上向いていたように思います。

 

二けた勝利に王手をかけただけに、次回のチャンスをもらえるかどうか。

岡田投手の規定投球回数達成といい、シーズン終盤は記録も絡んでくるだけに首脳陣は難しい判断を迫られそうですね。

 

勝ちパターンの3投手が今日も1点差の厳しい展開を粘り切ってくれました。

特に一岡投手はヒット2本を自身の好守備でアウトに変えて粘り切りました。

 

一岡投手、中崎投手はこれで今週5試合に登板。

明らかにオーバーペースですが、優勝目前の今、勝てる試合は勝ちに行く、その姿勢を批判するわけにもいきません。

この反動がくるのは間違いないとは思いますが、連覇を達成した後、上手くリフレッシュしてクライマックスシリーズに上り調子で臨んでもらいたいですね。

 

 

とにかくシーズン終盤のこの時期に投打がかみ合いカープはこれで破竹の9連勝でマジックは5。

貯金は35にまで膨らみ、止まることなく連覇が近づいています。

 

いよいよ片手で数えられる数となり完全に秒読み。

勝ちパターンの投手をクライマックスシリーズに向けて休ませたり、野手陣も調整モードに入るためにも、この調子で余裕をもって連覇を達成してもらいましょう!

 

カープ次週の試合予定

過酷を極めた移動ゲーム満載の7週連続6連戦を最後は9連勝とすさまじい勢いで乗り越えたカープ。

来週は火曜日からマツダスタジアムでベイスターズとの3連戦、その後1日休んでマツダで土日スワローズとの2連戦のあと、月曜日に甲子園でタイガース戦と変則的な日程となります。

 

今日のタイガースの試合前でマジックは5、マツダでの5連戦となりますので地元で優勝を決めたいのが本音でしょう。

やはり地元で優勝の瞬間を味わえるのはまた違った感慨が押し寄せてくるはずです。

 

チームも本当に久しぶりにしばらく地元で腰を据えて戦えます。

チャンスは十分。

最高の形で歓喜の瞬間を迎えてもらいましょう!

 

ベイスターズ初戦の展望はいつも通り、明日の予告先発が発表されてから書きたいと思います。

 

連覇への残りわずかな一歩一歩を楽しみましょう!

ファンも含めてチーム一丸で目の前の一戦一戦を頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング