僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

9/5のカープ 連覇が見えた!5番安部が見事に機能 逆転サヨナラでマジック12 阪神戦

9/5のカープ試合速報です、タイガース戦は8-7でカープが勝ちました。

カープは松山選手のツーランや安部選手の2点タイムリーなどで5点を藤浪投手から奪いますが野村投手もピリッとせず5回4失点。ジャクソン投手が同点に追いつかれた後、2アウトからの代走野間選手の盗塁と安部選手のタイムリーで1点を勝ち越しますが、中崎投手が土壇場で逆転ツーランを許します。しかしその裏、野間選手の内野安打から安部選手の逆転サヨナラツーランホームランで劇的勝利を飾ったカープが4連勝でマジック12を再点灯させています。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 2 1 0 1 1 0 0 2 7 12 0
広島 2 0 3 0 0 0 1 0 2X 8 10 0

 

投手情報 

勝利投手 中崎 (4勝1敗4S)

敗戦投手 ドリス (3勝4敗34S)

セーブ なし

阪神 藤浪、岩崎、藤川、高橋、石崎、ドリス - 坂本

広島 野村、ジャクソン、一岡、今村、中崎 - 會澤、石原

本塁打   松山11号(1回裏2ラン)、上本8号(6回表ソロ)、福留17号(9回表2ラン)、安部4号(9回裏2ラン)

 

試合概要

試合は野村投手、藤浪投手の先発で始まります。

 

野村投手が三者凡退の立ち上がりを見せると、打線は初回。

先頭の田中選手がフルカウントからフォアボールを選んで出塁すると、菊池選手の送りバントで1アウト2塁の先制のチャンスを作ります。

丸選手が追い込まれてからの内角ストレートを打ってセンターフライに倒れると、打席には松山選手。

 

初球の内角低めへのカットボールでした。

難しいボールでしたが見事に拾い上げると、打球はライトポール際、スタンド上段まで運ぶ先制のツーランホームラン。

絶好調の4番目の打者の一振りでカープが幸先よく先制に成功します。

 

2回の野村投手。

先頭の大山選手にフルカウントから外のチェンジアップをセンターに運ばれると、続く中谷選手は0-2から内角へのシュートをレフト前に運ばれ、さらに鳥谷選手には3-1からの高めのチェンジアップをライトへ。

3連打を浴び、ノーアウト満塁のピンチを迎えます。

 

迎えた北條選手を1ストライクからの2球目、外のカットボールでセカンドゴロダブルプレーに打ち取る間に1点を返されると、なおも2アウト3塁の場面で8番の坂本選手。

フルカウントから甘く入ったチェンジアップをセンター前にはじき返され、先制直後に同点に追いつかれます。

さらに藤浪投手にフルカウントからフォアボールを与え、2アウト1, 2塁のピンチを招きますが、糸井選手をセカンドゴロに打ち取り、逆転は許しません。 

 

 

 

さらに3回の野村投手は先頭の西岡選手に2-2から内角高めのカットボールをライトへのツーベースとされピンチを迎えると、福留選手は一塁線への痛烈なゴロ。

これを安部選手がジャンピングキャッチで抑えて1アウト3塁。

大山選手は1-1から内角へのシュートで詰まらせ、一二塁間のゴロに打ち取りますが、これを安部選手と菊池選手がお見合いするような形になり、ライトへ抜けていくタイムリーヒットでタイガースに勝ち越しを許します。

 

中谷選手はキャッチャーフライに打ち取りますが、鳥谷選手にフルカウントからフォアボールを与えてまたしても1, 2塁。

しかしここは北條選手を外のカットボールで見逃しの三振に打ち取り、 最少失点で粘ります。

 

追いつきたい打線はその裏。

1アウトから田中選手が三塁線への見事なセーフティバントで出塁すると、菊池選手がストレートのフォアボールでつないで1アウト1, 2塁のチャンスを作ります。

丸選手は追い込まれますが、藤浪投手が内角へのカットボールをひっかけ、足に当たるデッドボールで1アウト満塁。

 

松山選手あ1-1からの3球目、内角へのストレートにつまりボテボテのショートゴロに倒れますが、詰まっていた分ホームには投げられず、内野ゴロの間にカープが同点に追いつきます。

さらに2アウト2, 3塁のチャンスで安部選手。

 

1-2と追い込まれますが、5球目の外のストレートを逆らわずに流し打つと打球はレフト前に落ちる貴重な2点タイムリーとなり、カープが勝ち越された直後に逆転し、5-3とリードを奪います。

 

さらに4回。

カープは野村投手のヒットをきっかけに2アウト1, 2塁のチャンスを作りますが、丸選手の当たりを西岡選手の好守で阻まれセカンドゴロで追加点を奪えません。

 

すると5回の野村投手。

先頭の福留選手にストレートのフォアボールを与えると、2アウトから鳥谷選手に尾ヒットを許し1, 2塁のピンチを迎えます。

 

打席には北條選手。

1-2と追い込みますが、内角低めへのシュートを上手くさばかれレフト前へのタイムリーヒットで1点差に迫られます。

続くピンチでは坂本選手を内角シュートで詰まらせショートゴロに打ち取り、ここも最少失点で凌いで、同点には追いつかせません。

 

カープはその裏、代わった岩崎投手から先頭の松山選手がフォアボールを選んで出塁すると、安部選手の送りバントで1アウト2塁のチャンスを作りますが、岩本選手の代打・堂林選手がサードゴロ、西川選手もセカンドゴロに倒れ、追加点を奪えません。

 

6回のカープのマウンドにはジャクソン投手。

先頭の代打・上本選手に1ボールからの2球目真ん中やや低めの甘く入ったストレートを振り抜かれると、打球はバックスクリーンに飛び込む同点のソロホームラン。

一振りで試合を振り出しに戻されますが、その後は気落ちせず1番からの上位打線を3人で退け、同点で踏ん張ります。

 

7回のマウンドには一岡投手。

先頭の大山選手をフルカウントからの高めのストレートで大きなセンターフライに打ち取ると、続く中谷選手はカーブで空振り三振。

最後は鳥谷選手を外角フォークでショートライナーに打ち取り、三者凡退でタイガースの攻撃を抑えます。

 

すると打線はその裏。

高橋投手から先頭の菊池選手が初球のストレートをライトへ打ち返しますが、糸井選手がこれをフェンス際でジャンピングキャッチ。

ファインプレーで先頭を打ち取られると、丸選手は内角ストレートでライトフライに倒れて2アウト。

 

松山選手が1ボールから低めのボール気味のストレート打ち上げますが、これにレフト福留選手が追いつけずポトリと落ちるヒットとなり出塁します。

ベンチはここで野間選手を代走に起用。

2アウト1塁ですが、今日3安打1四球の松山選手をベンチに下げ、勝負を賭けます。

 

安部選手の打席で野間選手が1ボールからの2球目のストレートでスタート。

しびれる場面で見事に盗塁を決め、2アウト2塁とチャンスを作ると、安部選手は2-2からの5球目。

真ん中低めへのフォークをはじき返すとライトへの貴重な勝ち越しタイムリー。

安部選手の今日2度目の勝ち越し打で1点リードを奪います。

 

8回のマウンドには今村投手。

先頭の北條選手を追い込んでから低めのフォークでファーストフライに打ち取ると、坂本選手は2-2から外角低めへのストレートで見逃し三振。

代打のロジャース選手もフルカウントから外角低めにストレートを投げ切り見逃し三振に打ち取り、三者凡退でリードを守ります。

 

その裏、カープは石崎投手から先頭の堂林選手が追い込まれながらもストレートをライト前にはじき返し出塁します。

西川選手は2-2から高めのストレートをセンターへはじき返しますが、中谷選手のダイビングキャッチに阻まれセンターフライで1アウト。

 

続く石原選手は送りバントを試みますが、打球を殺せずセカンド封殺。

2アウト1塁から代打の新井選手がフォアボールを選ぶと、田中選手はフルカウントからストレートを当てられ、デッドボールで2アウト満塁の場面を作ります。

 

ここで菊池選手が初球の甘めのストレートを積極的に狙いますが、捕らえきれずにサードゴロ。

突き放すことはできず、1点差で9回に入ります。

 

カープのマウンドには中崎投手。

先頭の糸井選手に1-1からの3球目、外角高めのシュートをレフトへ打たれ出塁を許します。

続く西岡選手は送りバントを試みますが、中崎投手がセカンドを封殺。

送りバントを失敗させ、1アウト1塁となります。

 

打席には福留選手。

1ストライクからの2球目。

外角へのシュートが高く浮いたところを流し打たれると、打球は無情にもレフトスタンドにライナー性で消えていく逆転のツーランホームラン。

土壇場で6-7と試合をひっくり返されます。

 

続く大山選手、中谷選手を連続でライトフライに打ち取り、1点差で試合は9回裏へ。

 

マウンドにはドリス投手。

先頭の丸選手は初球、低めのボール気味のシュートでショートゴロに倒れて1アウト。

続く野間選手は追い込まれますが内角ストレートに食らいつき、三遊間の深い当たりで内野安打で出塁します。

 

続く安部選手への初球。

ストレートがワンバウンドとなるワイルドピッチの間に野間選手は2塁へ進み一打同点の場面。

 

2-1からの4球目。

真ん中高めへの155 km/hストレートを振り抜きました。

高々と舞い上がった打球は、カープファンの大声援に乗せられ、長い滞空時間を経てライトスタンドに着弾。

 

劇的な逆転サヨナラツーランホームランでゲームセット。

ルーズヴェルトゲームを制したカープが4連勝、優勝マジック12が再度点灯しました。

 

 

試合感想

まさに鳥肌もの。

劇的勝利。

どんな言葉にしても表せない興奮がそこにはありました。

 

これまで53試合に投げて被本塁打0のドリス投手。

安部選手の今シーズン4本目のホームランはそのドリス投手からの劇的な逆転サヨナラアーチとなりました。

普段はクールな緒方監督のサヨナラ劇でのリアクションからも、今日の試合の勝利がどれほど連覇を手繰り寄せるうえで大きな意味があったかが伝わります。

 

そして昨日の記事でも書きましたが、実際にここでの1勝は非常に大きいです。 

www.bokuramocarp-blog.com

 

 

試合は序盤からシーソーゲーム。

安部選手はこの劇的なサヨナラホームランの前に、3回同点に追いついた直後の勝ち越し2点タイムリーに、同点の7回の勝ち越しタイムリーも打っており、今日3安打5打点。

どれも試合の流れとして非常に大きな意味のあるヒット、打点だっただけに数字以上のに勝ちのある大活躍でした。

 

また松山選手も3安打1四球2打点。

先制のツーランを放っており、キクマルコンビが調子の上がってこない中で4, 5番が好調なのはチームにとって大きいです。

 

7回の走塁ミスは(打ち上げた打球を見てしましセカンドまで走れずシングルヒット止まり)代走の野間選手の盗塁で挽回してもらいました。

安部選手のタイムリーで悠々生還すると最終回はドリス投手のストレートにくらいつき、持ち前の俊足を生かす内野安打。

 

足のプレッシャーが効き力んだドリス投手のワイルドピッチで得点圏に進むと、安部選手の一発を呼び込みました。

盗塁失敗が目立ってきていましたが、ここぞの場面での俊足は非常に魅力です。

素晴らしい働きでした。

 

 

 

 

 

 

 

投げては野村投手が援護をもらいながらも5回95球9安打3四球4失点のフラフラのピッチング。

去年はそうでもありませんでしたが、ルーキーイヤーに象徴されるように夏場に失速する傾向があるだけに心配ですね。

 

ランナーを背負っても大崩れしないのはさすがと言えばさすがですが、クライマックスシリーズに向けて、タイガース相手にあまり良い印象は残せませんでした。

まだもう一度、タイガース戦での登板機会があるかもしれませんので、リベンジに期待です。

 

中崎投手はさすがに疲れが見えてきています。

福留選手に浴びた一発は長打警戒で外に絞られ思い切り踏み込まれたところに、やや高く浮いてしまったのが相まってスタンドまで運ばれてしまいました。

負けていれば中継ぎ陣を注ぎ込んでいただけに非常に大きなダメージの残る痛恨の敗戦となるところでしたが、それでも、そうはならずに安部選手が救ってくれました。

 

これまで散々中崎投手には助けてもらいました。

こういう日もありますが、今度は中崎投手がチームを助けてくれるはずです。

 

エラーのつなかい守備のミスや走塁ミスなどいろいろありましたが、とにかく今日は結果が大事です。

結果は勝利でマジック12が再点灯。

 

逆転を信じて応援はしていました。

それでも本当に逆転してくれるとは…

ただただ鳥肌です。

 

とにかくこれで7.5ゲーム差に突き放して優勝マジック12とカウントダウンが始まる数字で再点灯。

クライマックスシリーズのことを考えてもマツダでは勝てない。

今日の劇的勝利でタイガースにそんな印象を刷り込む絶好のチャンスができました。

明日以降も、気を抜かず、勢いを生かしましょう!

 

  

9/6の試合展望

予告先発はカープが中村祐太投手、タイガースは岩田投手です。

 

中村祐太投手は今シーズンここまで11試合に先発し4勝3敗、防御率は3.88です。

先週のジャイアンツ戦は5回3失点で敗戦投手となっています。

 

タイガース戦はここまで1試合に登板して5回2失点で勝敗つかず。

8月中旬に先発ローテに復帰して以来、見どころのあるピッチングを見せてくれており、明日の登板にも期待がかかります。

とにかく余計なフォアボールを出さなくなってきているのが内容のあるピッチングにつながっています。

 

明日はチームの勢いに乗って、クライマックスシリーズでの登板機会を勝ち取る、そんなピッチングを期待しましょう!

 

対する打線の相手は岩田投手です。

ここまで6試合で先発し、2勝0敗、防御率は4.13。

先週のスワローズ戦では6回途中2失点で勝敗つかずとなっています。

 

カープ戦はここまで2試合に登板し、勝敗つかず、防御率は5.06とカープが比較的打ち込んでいます。

5回前後で降板するケースが多く、明日も勢いに乗る打線が攻略する、もしくはタイガース中継ぎを早い回に引っ張り出すチャンスは十分にありそうです。

 

 

 

今日の劇的勝利で勢いに乗るカープと気落ちしているであろうタイガース。

序盤から先手を握り、今日の勢いを明日につなげていきましょう!

  

引き続き連覇に向けて、ファンも含めてチーム一丸で目の前の一戦一戦を頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング