僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

8/29のカープ 起死回生!西川の一振り 野村粘投に勝ちパターンは原点回帰 巨人戦

8/29のカープ試合速報です、ジャイアンツ戦は2-1でカープが勝ちました。

両投手ともに三者凡退で立ち上がりますが、野村投手は2回、村田選手にソロホームランを浴び先制点を許します。再三の得点圏にランナーを背負うピンチを粘って切り抜けていると打線は5回。岩本選手の四球で久々のランナーを出すと西川選手が真ん中へのストレートを一閃。一振りで逆転すると、野村投手は6回まで粘投。その後を今村投手、ジャクソン投手、中崎投手のリレーで守り切り苦しかった初戦を取りました。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 5 0
巨人 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 8 0

 

投手情報 

勝利投手 野村 (9勝4敗0S)

敗戦投手 マイコラス (12勝6敗0S)

セーブ 中崎 (3勝1敗2S)

広島 野村、今村、ジャクソン、中崎 - 會澤、石原

巨人 マイコラス、西村、マシソン - 小林、宇佐見

本塁打   村田10号(2回裏ソロ)、西川4号(5回表2ラン)

 

試合概要

試合は野村投手、マイコラス投手の先発で始まります。

 

初回は両投手共に三者凡退に抑え、試合は予想通りの投手戦の予感を漂わせます。

 

カープは2回、松山選手がライトへのヒットで出塁すると、今日久々の5番に入った安部選手がセーフティ気味に送りバントを決め1アウト2塁のチャンスを作ります。

しかし岩本選手が内角低めに消えていくスライダーにハーフスイングで空振り三振に倒れると、続く西川選手も外角高めのストレートに空振り三振。

連続三振でチャンスを生かすことができません。

 

 

 

するとその裏の野村投手。

1アウトから村田選手への初球、外角低めへのカーブを捕らえられると打球はレフトスタンドに飛び込むソロホームランとなり先制点を許します。

なおもフォアボールと内野安打で1アウト1, 2塁のピンチを迎えますが、ここは小林選手をキャッチャーへのファールフライ、マイコラス投手を粘られながらもフルカウントからの9球目、内角スライダーで見逃し三振に仕留めてピンチを脱します。

 

さらに3回の野村投手。

先頭の陽選手にフルカウントからフォアボールを与えると、マギー選手には3-1から甘く入ったシュートを捕らえられフェンス直撃のツーベースとされ、ノーアウト2, 3塁でクリーンアップを迎える絶体絶命のピンチを迎えます。

 

まずは坂本選手を初球、低めのチェンジアップでタイミングを外してファーストファールフライに打ち取り1アウト。

続く阿部選手は1ストライクから内角高め、ボール気味のカットボールを打たせて浅いライトフライに仕留め、2アウトまでこぎつけます。

最後は先制ホームランを打たれていた村田選手の内角を攻め、追い込んでから内角低めのシュートでショートゴロに仕留め、このピンチを無失点で切り抜けます。

 

しかしさらに4回。

先頭の亀井選手にヒットを許すと、長野選手をショートゴロに打ち取る間に進塁を許し、再び1アウト2塁とピンチを迎えます。

 

ここで小林選手に2ボールから外角高めのストレートをライト前に運ばれ1, 3塁とピンチが広がります。

マイコラス投手をスリーバント失敗に仕留めて2アウトまでこぎつけ、打席には陽選手。

1ボールからスライダーでショートゴロに打ち取り、ここもピンチを切り抜けます。

 

反撃に出たいカープは5回。

抑え込まれていたマイコラス投手相手に反撃を試みます。

 

1アウトから岩本選手が粘ってフルカウントからの8球目にフォアボールをもぎ取り、2回以来久々にランナーを出します。

打席には西川選手。

 

1ボールからの2球目、真ん中付近にスッと入ってきたストレートを強振。

ライナー性の打球がライトスタンドに突き刺さり、失投を見逃さずに逆転のツーランホームラン。

起死回生の一振りでカープが試合をひっくり返します。

 

直後の野村投手。

2アウトから阿部選手のヒット、村田選手にフォアボールを与えて再び1, 2塁とピンチを背負いますが、亀井選手を外角カーブでピッチャーゴロに仕留めてここも無失点に抑えます。

 

さらに6回の野村投手は長野選手のヒットと小林選手の送りバントで1アウト2塁と5度目の得点圏のピンチ。

マイコラス投手をセカンドフライに打ち取った後、陽選手にはフォアボールを与え、2アウト1, 2塁となり、打席にはマギー選手。

1ボールから外のカットボールでセカンドゴロに打ち取り、ここも粘りのピッチングを見せ1点のリードを守ります。

 

7回、カープはマイコラス投手から安部選手のヒットと盗塁で1アウト2塁のチャンスを作りますが、岩本選手がワンバウンドのカーブに空振り三振に倒れると、西川選手は粘ってフルカウントからの9球目。

内角へのカーブに身をよじってよけますが判定はストライク。

厳しい判定で見逃し三振に倒れ、チャンスを生かすことができません。

 

7回のカープのマウンドには今村投手。

ヒット1本こそ許しますが、得点圏にランナーを背負うことなくクリーンアップからの攻撃を無失点で切り抜けます。

 

 

カープは8回。

先頭の曾澤選手が西村投手相手にバットを折りながらもショートへの内野安打で出塁すると代走は野間選手。

代打の石原選手が今日はきっちり送ってチャンスで上位に回します。

 

田中選手はボール球につられず、フォアボールで1, 2塁とチャンスを広げると、菊池選手は外のストレートをひっかけショートゴロ。

2アウト1, 3塁となると、丸選手はフルカウントからのフォークを見極めフォアボールで満塁となります。

 

打席には松山選手。

1ボールから外のシュートを打ちますがショートゴロに倒れ、ダメ押し点を奪えません。

 

その裏のマウンドにはジャクソン投手。

三振1つと内野ゴロ2つで三者凡退に抑え、しびれる8回のマウンドを無失点で抑えます。

 

最終回、1番からのジャイアンツ打線の相手は中崎投手。

先頭の陽選手を外のスライダーでセンターフライに打ち取ると、マギー選手には2-2から外角低めへストレートを投げ込み見逃し三振で2アウト。

最後は坂本選手をフルカウントから外角スライダーでセンターフライに打ち取りゲームセット。

 

わずかな失投を見逃さずに仕留めた逆転ホームランでの1点差を守り切ったカープが初戦を取り、マジックを18としています。

 

試合感想

 

西川選手が一振りで決めてくれましたね!

4回までマイコラス投手の前に、ほとんど良いところなく6三振を喫してわずか1安打だったカープ。

 

6三振を喫しながらも球数も投げさせられずに、非常に嫌な感じで試合が進んでいました。

しかし岩本選手が粘ってもぎ取ったフォアボールで久々にランナーを出すと、1ボールからストライクを取りに来たストレート、数少ない失投を逃さずに仕留めてくれました。

 

試合の流れとしても、結果的にもまさに起死回生のホームランでした。

素晴らしいバッティングでした!

 

7回、8回とチーム状態の良い時には追加点を奪えそうな場面で無得点に終わりましたが、今は目の前の1勝が大事な時です。

さんざん打ちまくってきた打線が今日は投手陣に助けてもらったということにしましょう。

 

それでも丸選手といい、菊池選手といい守備でも好プレーで投手陣を助けています。

ここにきてエラーが目立たなくなっていますし、守り勝つ野球ができているのではないでしょうか。

 

 

野村投手は苦しいマウンドでした。

 初回を除き、5イニング連続で複数ランナーを背負いましたが、最後の一本を許さない意地のピッチングを見せました。

 

先週相当悔しい想いをしたようですから、その意地を見せつけてくれましたね。

6回105球、7安打4四球1失点。

本当に良く1点で粘ったと思います。

一本出てたら大量点を奪われていてもおかしくなさそうな調子でしたが、その一本を出させないのが安定したピッチャーのなせる業なのでしょう。

 

これで9勝目、二けた勝利に王手をかけました。

今シーズンカープ先発陣を引っ張ってくれている野村投手に是非とも2桁と言わず、11, 12と数字を積み重ねていってもらいたいですね。

気が早いですが来週の達成に期待しましょう!

 

 

勝ちパターンは昨年の形に戻ってきました。

いきなりリードしながらも内容的には押されている1点差と厳しい試合展開でしたが、今日は3人ともピシッと抑えてくれましたね。

 

ジャクソン投手が良い状態に戻ってきているようですし、8回はジャクソン投手の方向になりそうな気がしています。

当分はこの形、7回は場合によっては一岡投手を併用しながらということになりそうでしょうか。

 

とにかく今日、1点差を逃げ切って勝てたのは本当に大きいですね。

敵地6連戦でツボにはまるとマツダに帰れない分、嫌な連敗もあり得るだけに、まずは白星発進できた意味は大きいです。

こういう劣勢の僅差のゲームで白星をもぎ取れるのは強いチームです。

 

 

明日は打線の奮起に期待しましょう!

 

8/30の試合展望

予告先発はカープが大瀬良投手、ジャイアンツは宮國投手です。

 

大瀬良投手は今シーズンここまで20試合に先発し8勝1敗、防御率は3.47です。

先週のベイスターズ戦は5回途中4失点で勝敗こそつきませんでしたがKOされています。

 

今シーズンジャイアンツ戦は3戦2勝、平均で7回を投げ、防御率は2.14と好成績です。

野村投手同様、先週の悔しさをぶつけて、今度は長い回を投げて中継ぎ陣を楽にしてもらいたいところです。

またシーズン2桁を目指すうえでもそろそろ9勝目を挙げたいところ。

 

せっかく開幕からシーズンを通して一度も離脱することなく先発ローテーションを守ってくれているわけですから(チームで岡田投手とただ2人、最短10日間離脱した野村投手を入れれば3人です)、是非ともルーキーイヤー以来の2桁勝利を達成してもらいたい!

そんな個人的な思いもあり、明日はいつも以上に気合を入れて応援したいと思います。

 

対する打線の相手は宮國投手です。

ここまで15試合に登板、うち7試合に先発し、1勝7敗1H、防御率は4.79。

8月中旬の再昇格以来、中継ぎで結果を残して、7月中旬以来の先発でのチャンスを掴んでいます。

 

今シーズンカープは計12回で11点を奪うなど、打つチャンスは十分にありそうですが、今月結果を残して上り調子の宮國投手だけに、序盤捕まえられずに波に乗らせるとやっかいな相手になりかねません。

先週のように序盤から襲い掛かって大瀬良投手を援護しましょう。

 

 

引き続き連覇に向けて、チーム一丸で目の前の一戦一戦を頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング