僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

8/9のカープ 鬼門のナゴヤ 今が踏ん張り時 今後も厳しい日程は続く 中日戦

8/9のカープ試合速報です、ドラゴンズ戦は1-7でカープが敗れました。

初回、大瀬良投手は京田選手のツーベースと三盗で先制を許しますが、3回に菊池選手のソロホームランで同点に追いつきます。しかし3回から3イニング連続でダブルプレーでチャンスを潰すと、5回にワイルドピッチと京田選手のタイムリーで勝ち越しを許すと、6回にも4点を追加され突き放されます。最後まで反撃ムードを作れなかったカープはそのまま敗れ、優勝マジックも一夜で消滅しました。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 1
中日 1 0 0 0 2 4 0 0 X 7 14 0

 

投手情報 

勝利投手 大野 (4勝6敗0S)

敗戦投手 大瀬良 (7勝1敗0S)

セーブ なし

広島 大瀬良、佐藤、ヘーゲンズ - 會澤

中日 大野、伊藤、祖父江、笠原 - 松井雅

本塁打   菊池12号(3回表ソロ)

 

試合概要

試合は大瀬良投手、大野投手の先発で始まります。

   

カープは初回、三者凡退に攻撃が終わると大瀬良投手の立ち上がり。

先頭の京田選手に初球のストレートをレフトへのツーベースとされると、大島選手をレフトフライに打ち取り1アウトを取りますが、ビシエド選手の打席で三盗を決められ1アウト3塁とピンチが広がります。

 

ビシエド選手は2-2から外のカットボールでショートゴロに打ち取りますがその間に先制を許します。

 

反撃に出たいカープは2回。

鈴木誠也選手、エルドレッド選手が連続フォアボールでノーアウト1, 2塁のチャンスを作ります。

 

バティスタ選手が三振に倒れますが、西川選手が外のスライダーをセンターへはじき返して1アウト満塁。

しかし曾澤選手、大瀬良投手が外のストレートに連続空振り三振に倒れて同点に追いつくことができません。

 

 

続く3回。

カープは1アウトから菊池選手がフルカウントからの6球目、低めのストレートを振り抜くと打球は左中間スタンドに飛び込むソロホームランでカープが試合を振り出しに戻します。

 

さらに丸選手がヒットで出塁しますが鈴木誠也選手が外のスライダーを引っかけてショートゴロダブルプレーに倒れ、逆転はなりません。

 

その裏の大瀬良投手は1アウトから京田選手にツーベースを許しますが、大島選手を内角高めのストレートで空振り三振、ビシエド選手を内角ストレートでシュートゴロに打ち取りピンチを脱します。

 

カープは4回、5回もフォアボールでランナーを出しますが、曾澤選手・菊池選手がそれぞれダブルプレーに倒れて無得点。

 

粘っていた大瀬良投手ですが5回。

先頭の堂上選手に高めに浮いたストレートをレフトへ打たれると松井選手にヒットエンドランを決められノーアウト1、3塁のピンチを迎えます。

 

大野投手の送りバントで1アウト2、3塁となると京田選手の打席でワイルドピッチで勝ち越しを許すと、京田選手にもフルカウントから高めのストレートをライトへ運ばれ追加点を許します。

 

さらに6回。

1アウトから福田選手にこの試合初めてのフォアボールを与えると、2アウトから堂上選手にセンター前ヒットを許すと、松井雅選手にフルカウントから外のストレートをセンター前に打たれて追加点を許し、1-4。

続く代打の松井佑選手にもライトへのツーベースを許し追加点を奪われると京田選手には粘られて11球目、内角へのストレートをファーストへの内野安打とされる間に2塁ランナーにもホームに帰られ1-7.

 

7回のカープは1アウトから連続四死球でチャンスを作りますが、田中選手、菊池選手が連続三振に倒れて得点を奪えません。

 

9回に西川選手の内野安打、代打・新井選手のセンター前ヒットと田中選手のフォアボールで2アウトながらもチャンスを作りましたが、菊池選手のセンターフライでゲームセット。

 

阪神が勝ったため、優勝マジックは消滅しました。

 

試合感想

大瀬良投手は京田選手にやられましたね。

初回のツーベースに三盗で先制点を取られると、3回にもツーベースを許します。

勝ち越しを許した5回はランナーを背負って京田選手を迎えて力んだかワイルドピッチで勝ち越し点を取られると、タイムリーを浴びて猛打賞とさらなる追加点を許しました。

 

6回にも内野安打を打たれて4安打。

さすがに同じ選手にやられすぎましたが、今日は京田選手がすごかったのもまた事実です。

 

6回は2アウトからだったので何とか粘りたいところでしたがドラゴンズの流れを止められませんでしたね。

 

6回途中115球10安打1四球7失点で今日は久しぶりにゲームを壊してしまい、今シーズン初黒星を喫しました。

佐藤投手、ヘーゲンズ投手のリレーでゲームを終わらせ、昨日投げた5投手を休ませることができたのが唯一ポジティブな点でしょうか。

 

 

打つ方では大野投手に6つもフォアボールをもらいながら、ヒットは中々出ずに、また中盤3つのダブルプレーでチャンスを潰し続けて、流れを失ってしまいました。

 

得点は菊池選手のホームランのみ。

チャンスでことごとくダブルプレーか三振では得点の入りようがありません。

 

ただこれまで恐ろしいほどの得点ペースで投手陣を援護してくれていた打線が、まだ2試合打てていないだけです。

6連戦に移動ゲームが続く非常に厳しい日程による疲れの影響も当然あると思います。

 

それでも試合は容赦なくやってきますし、組まれた日程が変わるわけでもありません。

 

マジックが今日消えてしまいましたが、ついてすぐのこの時期はついたり消えたりするものですし、消えている間もついている時と変わらずに裏で数字は減っていきます。

気にすることはありません。

 

それよりも目の前の一試合一試合でこれまで通り、一球一打席を大切にする姿勢で臨んでほしいと思います。

 

明日こそは野手陣の意地を見せてもらいましょう。

 

8/10の試合展望

予告先発はカープが九里投手、ドラゴンズは八木投手です。

 

九里投手は今シーズンここまで25試合に登板、うち先発で12試合に登板し6勝5敗、防御率は3.88です。

先週のタイガース戦は5回5失点ながら勝敗つかずとなっています。

 

ジョンソン投手の離脱で念願の先発ローテーション返り咲きを果たした九里投手。

 

返り咲き初登板は6回1失点で勝ち投手となりましたが先週は中5日だったこともあってか、いつもの球威がなく10安打を浴びてKOされてしまいました。

 

明日はローテーション生き残りをかけての登板になると言って良いと思います。

前回同様のピッチングとなるようであれば、ジョンソン投手の離脱が当初の想定よりも短くなりそうなこともあり、二軍の他の投手を試す枠に当てられてしまう可能性は十分にあると思います。

 

再び掴んだ先発ローテーションの座を自らの右腕で守ることができるか。

期待しましょう!

 

対する打線の相手は八木投手です。

ここまで2試合に先発し、1勝0敗、防御率は2.00です。

先週の約4か月ぶりの登板となったタイガース戦では6回無失点の好投をみせ、今シーズン初勝利を挙げています。 

 

カープキラーとしてカープファンには嫌な印象しかない八木投手。

しかし今シーズンは4月に1度対戦しており、その際にはエルドレッド選手のホームランなどで4回途中までに2点を取ってKOしており、多少は嫌な印象がぬぐえたかもしれません。

 

昨日、今日と疲れの見える野手陣ですが、相性の悪い相手を打ち崩して何とか再び状態を上げるきっかけを掴んでほしいですね。

 

チーム一丸で目の前の一戦一戦を頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング