僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

7/25巨人戦展望 地方球場の王者はどちらだ!? いよいよ7週連続6連戦開幕

7/24のジャイアンツ戦の予告先発投手が発表されましたので試合展望を更新しました。

 

後半戦最初の2カードを連続勝ち越しで快調な再スタートを切ったカープ。

明日からはジャイアンツと岐阜・大阪で3連戦です。

 

今シーズンのジャイアンツ戦は11勝3敗と大きく勝ち越していますが、前回マツダスタジアムでの3連戦は田口投手・菅野投手を相手に連夜の完封負けを喫して負け越しています。

今回はそのリベンジを期しての3連戦となります。

 

明日の試合の予告先発はカープが野村投手、ジャイアンツはマイコラス投手です。

 

 

野村投手はここまで15試合に先発し、5勝4敗で防御率は2.60。

前回登板となった後半戦初戦のタイガース戦では5回2失点で敗戦投手となりました。

 

1点をもらいましたが中盤に2アウトから3連打を浴びて逆転され、代打の関係で5回まででの降板となりました。

 

今シーズンのジャイアンツ戦は3試合に登板し2敗ながらも防御率は2.37。

打線の援護に恵まれず勝ててはいませんが、相性自体は悪くなさそうです。

 

明日は地方球場での試合となりますが、野村投手は地方球場に強く昨年は3戦3勝(呉、三次、富山)で防御率1.80。

今シーズンも尾道でのDeNA戦で7回1失点に抑えて勝ち投手となるなど、地方球場を得意としています。

 

ジョンソン投手の2度目の長期離脱が予想される中で野村投手にかかる期待はますます大きくなります。

6連戦初戦、前回登板とは違った投球を見せてくれることを期待しましょう。

 

 

対するジャイアンツ打線ですが、好調のマギー選手がセカンドで2番、阿部選手をファースト、村田選手をサードで4, 5番として3人を同時に起用する攻撃的布陣を最近採用する機会が増えてきています。

 

6番の陽選手までの打線の破壊力は一時期と比べて格段に上がっています。

それにつられるかのように7月は好調。

先発3本柱を筆頭に元々投手力は高いチームですので得点さえリーグ平均並みに取れれば貯金ができるチームではあります。

 

三連戦の緒戦で相手打線を封じ込め、勢いを殺しておきたいところですね。

 

 

カープ打線の相手はマイコラス投手です。 

ここまで16試合に先発し、8勝4敗 防御率は2.63。

前回登板のドラゴンズ戦では7回1失点で勝利投手となっています。

 

7月に入って3戦2勝負けなし防御率1.29と上り調子ですが、カープ戦は今シーズン2戦2敗で防御率7.11とカープ打線が打ち込んでいます。

 

マイコラス投手も地方球場に強く通算で4戦3勝防御率は0.98。

両先発とも地方球場を得意とするだけに明日は投手戦の展開も十分予想できますね。

 

左打者である松山選手・安部選手に加えて右の菊池選手もマイコラス投手を今シーズン打てています。

ランナーを置いて5番以降下位に回っていくイニングに得点の気配が漂うでしょうか。

 

 

 

いよいよ夏場の6連戦地獄が始まります。

何と9月中旬まで7週連続して6連戦が組まれています(もちろん雨天中止を見越しての日程だとは思いますが…)。

 

それだけにテンポよく投げて試合時間を短く試合を終わらせてくれる、さらに長いイニングを投げて試合を作ってくれることが期待できるジョンソン投手の離脱は痛恨ですが、今いる戦力で戦い抜くしかありません。

春先から6月までに予行練習済みな状況だけに、多少悲壮感は薄れていますがそれでも厳しい状況には変わりありません。

 

投手・野手問わず一人一人が持てる力を発揮して、全員で穴を埋めていくしかないですよね。

 

先を見過ぎず、まずは明日の試合を全力で取りに行きましょう!

ファンも含めてチーム一丸、一戦一戦明日も頑張ろう、カープ!

 

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 


広島東洋カープランキング