僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

7/18のカープ 大瀬良念願の8回のマウンドへ 甲子園で久々勝利も煮え切らず 阪神戦

7/18のカープ試合速報です、タイガース戦は9-5でカープが勝ちました。

カープは2回、1アウト満塁から石原選手のセンターへのポテンヒットで先制に成功すると、田中選手、菊池選手が連続2点タイムリーツーベースを放ち、一気に5点を先行します。その後も追加点を重ねて9-0とワンサイドゲームとしたカープでしたが、8回に大瀬良投手の制球の乱れにつけこまれて3点を返されると、最終回にもジャクソン投手が制球を定まらずに2点を返されます。最後は今村投手を引っ張り出されましたが、逃げ切って後半戦初白星です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
DeNA 0 0 2 0 1 2 0 0 0 5 12 0
広島 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 3 2

 

投手情報 

勝利投手 大瀬良 (6勝0敗0S)

敗戦投手 岩貞 (4勝6敗0S)

セーブ   なし

広島 大瀬良、中崎、ジャクソン、今村 - 石原

阪神 岩貞、岩崎、伊藤和、藤川 - 坂本、梅野

本塁打   なし

 

試合概要

試合は大瀬良投手、岩貞投手の先発で始まります。

   

初回は両チーム無得点で終えると迎えた2回。

カープは1アウトから松山選手、エルドレッド選手の連打でチャンスを作ると安部選手がフルカウントからフォアボールを選んで1アウト満塁と絶好の先制のチャンスを作ります。

 

打席には石原選手。

1-2と追い込まれて迎えた5球目の内角へのスライダーを高く打ち上げますが、センター西岡選手がぎりぎり取れずに落ちてラッキーなタイムリーヒットで1点を先制します。

 

大瀬良投手が空振り三振に倒れて2アウトとなりますが、田中選手が2ボールから外のストレートをレフト線にはじき返す2点タイムリーツーベースで追加点を奪います。

なおも2アウト2, 3塁の場面で菊池選手。

1ストライクから真ん中付近にきたチェンジアップを3塁線を破る2点タイムリーツーベース。

この回、一気に5点のビッグイニングを作ります。

 

さらに3回、カープは攻撃の手を緩めません。

 

 

先頭の鈴木誠也選手がレフトへのヒットで出塁すると松山選手が外のスライダーを逆らわずに左中間にはじき返し、鈴木誠也選手が長躯ホームイン、1点を追加します。

なおもノーアウト2塁のチャンスでしたが、ここは後続が続かずに3アウト。

しかしリードを6点に広げます。

 

その裏、2イニング連続三者凡退と快調なスタートを見せていた大瀬良投手でしたがピンチを迎えます。

 

糸原選手にヒットを浴びると2アウトから西岡選手にツーベースを許して2アウト2, 3塁。

しかしここは上本選手をフルカウントから高めのストレートで押し込んでセンターフライに打ち取り、ピンチを脱します。

 

すると打線は4回、代わった岩崎投手相手に1アウトから菊池選手がライトへのポテンヒットで出塁すると、丸選手が1-1から外のストレートを左中間を深々と破るツーベースヒット。

菊池選手が思い切ってホームへ突っこむと送球がややサード側にそれてホームイン、1点を追加します。

 

さらに鈴木誠也選手がライト前ヒットでつなぐと、松山選手の打席で盗塁を決めて1アウト2, 3塁とします。

松山選手は1-1から真ん中付近のスライダーをきっちりセンターへ打ち上げて犠牲フライで1点を追加、8-0とリードを広げます。

 

大瀬良投手は4回から6回まで許したランナーは内野安打一本だけ、得点圏にランナーを背負うことなく快調な投球を見せて試合の流れを譲りません。

 

すると打線は7回、伊藤投手から安部選手のヒットと、ロジャース選手のエラーで1アウト1, 2塁のチャンスを作ると大瀬良投手の送りバントで2アウト2, 3塁。

田中選手の打席で相手のワイルドピッチがあって1点を追加して9-0、さらに突き放します。

 

7回も三者凡退に抑えて今シーズン初の8回のマウンドに上がった大瀬良投手。

糸原選手にこの日初めてのフォアボールを与えると、1アウトから代打伊藤選手にライトへのポテンヒットを許して1アウト1, 2塁。

さらに西岡選手にフォアボールを与えて満塁とピンチを広げると上本選手を0-2と追い込んでからまさかの押し出しデッドボールを与えて1点を返されます。

 

ここでベンチは中崎投手へスイッチ。

しかし、代わり端、ロジャース選手にセンターへの2点タイムリーを浴びてこの回3点目。

 

なおも1アウト1, 2塁とピンチは続きましたが高山選手をライトフライ、中谷選手をピッチャーゴロに打ち取って、何とかスリーアウトを奪います。

 

最終回のマウンドにはジャクソン投手。

先頭の鳥谷選手にヒットを許すと、糸原選手にフォアボールを与えてノーアウト1, 2塁のピンチを招きます。

 

代打の原口選手を高めのストレートでファールフライに打ち取りますが俊介選手の打席でスライダーをひっかけてワイルドピッチで2, 3塁。

外角スライダーでセカンドゴロに打ち取る間に1点を返されます。

 

さらに西岡選手に高めのストレートをセンター前にはじき返されもう1点。

ここでベンチは今村投手をマウンドに送ります。

 

今村投手は上本選手を低めのフォークでショートゴロに打ち取ってゲームセット。 

 

冷や冷やながらも甲子園で久々の勝利を挙げ、後半戦初白星です。

 

 

 

試合感想

2回の大量点は巡り合わせと言うか、相手の不慣れな守備が大いに影響しましたね。

石原選手の先制タイムリーは本職がセンターの選手だったら取られていた可能性も高いのではないかというようなラッキーなポテンヒットでした。

 

映像を見ると分かりますが、西岡選手のスタートが結構遅れています。

内野が本職な選手だけに仕方がないとは思いますが、これが取られていたら次の大瀬良投手でスリーアウトとなって、下手をすると無得点だった可能性まであったわけですから大きな分岐点となりました。

 

もちろん2アウトから畳みかけたタナキクコンビの連続タイムリーツーベースは、あと一本が出なかった昨日の悔しさを晴らしてくれた素晴らしいバッティングでしたが。

 

打撃陣はうっ憤を晴らすかのように12安打で9得点。

先発野手全員安打のオマケもついて、今日は言うことなしですね。

ヒットを放った回は6回を除いて得点にしっかりつなげて、今日は非常に効率的な攻撃を見せてくれましたし、昨日から上手く切り替えてくれたようで一安心です。

 

左腕相手はやや苦手なカープ打線ですが、岩貞投手相手となると話は変わってくるみたいですね、相性というものは不思議です。

 

 

 

投げては大瀬良投手。

7回まではわずかに92球で3安打無四球と今シーズン一番と言って良いピッチングを見せてくれていました。

そして、前半戦は果たせなかった今シーズン自身最長となる念願の8回のマウンドにも立ちましたが、8回を意識していたのか、制球を乱してしまいました。

 

個人的には先頭の糸原選手へのこの日初めてのフォアボールよりも、1アウト1塁から伊藤選手を2球で追い込みながらも3球目の内角ストレートをライトへ打たれたポテンヒットが精神的にきつかったのではないかと思います。

 

その後は連続四死球で押し出しで1点を許したところでお役御免となりました。

降板の仕方は残念でしたが、今シーズン自己最長の8回途中まで投げてくれたことは大いに評価すべきだと思います。

 

また3回のピンチをしっかりと抑え、終盤まで相手に1点もやらずに、甲子園が盛り上がるきっかけを与えずワンサイドゲームの流れを作ってくれたことも評価されるべきだと思います。

8回を投げ切る宿題は持ち越しとなりましたがナイスピッチングでした!

 

ジャクソン投手は好投が続いていましたが、今日のピッチングを見せられると勝ちパターンの7回復帰はまだ厳しそうですね。

当面は一岡投手に任せる形になるでしょうか。

ストレートが高めに浮いて、スライダーは引っかけ、投げる球がない状況になってしまっていました。

 

早い段階で勝ちパターン復帰を期待していただけに今日1番残念でしたね。

真夏に6連戦が続く厳しい日程が組まれているだけに、ジャクソン投手の一日も早い復調に期待しています。

 

しかし今日の試合展開で勝ちパターン2人を含むリリーフ3人を使わざるを得なかったのは正直痛いですね。

今週は木曜日に休養日がある分、まだ救われますが…。 

 

終盤、追い上げられたことでタイガースも、それなりに気分よく明日の試合に臨んできそうですね

 

7/19の試合展望

明日の予告先発はカープが中村祐太投手、タイガースは小野投手です。

 

中村祐太投手は今シーズンここまで6試合に登板、3勝1敗、防御率は3.68です。

前回登板は交流戦優勝をかけたあのソフトバンク戦。

1 2/3回4失点KOとほろ苦い記憶が残っているはずです。

 

その後週5試合の日程や、戸田投手の先発があり、明日は1か月ぶりの1軍マウンドとなります。

あのソフトバンク戦の悔しさから、何を学んでくれたのか、地に足のついたピッチングを期待したいと思います。

 

対する打線の相手は小野投手です。

ここまで7試合に先発し0勝5敗、防御率は4.62。

前回登板となったジャイアンツ戦は6回3失点で敗戦投手となっています。

 

5月後半からローテーションに入ってきたドラフト2位ルーキーが明日の相手です。

ここまで勝ち星はありませんが4QSを達成、6回1失点や7回1失点の登板もあり、勝敗が示すほど悪い内容が続いているわけではありません。

(だからこそ先発で起用され続けているのでしょうが)

 

とはいえ、カープ打線であれば打ち崩せるチャンスは十分でしょう。

初対戦の不安はありますが、久々の登板となる中村祐太投手を援護して、6連戦が続く夏場を前に先発6番手に目途をつけましょう!

 

今日、久々に甲子園で勝ちましたが、終盤に追い上げられたことで悪い印象はそれほど払拭できなかったかもしれません。

明日勝って、カード勝ち越しを決めることで今度こそイメージを塗り替えましょう。

 

チーム一丸で一戦一戦、明日も頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング